PROJECT

PROJECT2020.05.06

ヨットバウ / ノーム・アーキテクツ

船内構造を利用した温かみのあるヨットのインテリア

70フィートのヨット “Bella “のインテリアを手がけた。マイケル・シュミット・ヨットバウ社によってドイツのグライフスヴァルトで製造される「Y / Yachts モデル Y7」の最初のモデルである。
ノーム・アーキテクツのインテリア建築へのアプローチ、ミニマルな美学と素材感をもって、ヨットの条件と「Y / YachtsモデルY7」の制限を優雅に翻訳して適用。手触りのよい表面、自然素材とマットな仕上げで、暖かな高級感をもたらした。壁、パネル、照明、ディテール、家具のクラフトマンシップが調和する。
船内の構造は、船の自然な曲線に沿ったシンプルなフレームワークを実現するために、不要なものを省きながら一直線に配置。船内の大きな面を使い、温かみのある心地よい感触を実現している。木の突き板と張り子石、黒スチール製の建築用金具、滑らかな織物と粗い織物のコントラストなど、選択した素材は、テクスチャーを通して互いの効果を増幅させる。色は、落ち着きがありムーディーな雰囲気にするために、同系色で統一した。
照明は棚やキャビネットに組み込んだ繊細なランプで、落ち着きがあり居心地のよい空間をさらに強調している。
ディテールの美しさは、造付けによる木製の造作の形状と高品質のクラフトマンシップに見出される。ヨット内のドアは邪魔な要素ではなく、鮮明なディテールをもつシームレスなドアフレームでデザインした。
セキュリティで求められる要素は、控えめな豪華さと家庭的な雰囲気をもたせるために、固定されていない家具のように見える造付けとしている。(ノーム・アーキテクツ)

Warm yacht interior using the inboard structure

Norm Architects have created the interior architecture for the 70 foot yacht “Bella”, the first of the Y/Yachts model Y7 manufactured in Greifswald by Michael Schmidt Yachtbau.

Norm Architects’ approach to interior architecture, minimal aesthetics and materiality has been gracefully translated and applied to the yacht settings and restrictions of the Y/Yachts model Y7, bringing out a warm and exclusive feel through tactile surfaces, natural materials and matt finishes. The craftmanship of the walls, panels, lightning, detailing and furnishing beautifully harmonize together.

The internal construction of the ship has been aligned, correcting the unnecessary to achieve a simpler framework, following the natural curves of the ship. Working with the large surfaces onboard to accomplish a warm and pleasant feel. With applied wood veneer and papier stone, architectural hardware in blackened steel, contrasts in the smooth and coarse-woven textiles, the chosen materials amplify each other through their textures. Colours are tone-on-tone for a subdued, moody setting.

The lighting further emphasises the calm and cosy settings, with inbuilt, subtle lamps built in to shelves and cabinets.

Beautifying details are found in the forms and high-quality craftsmanship of the built-in, wooden elements. Doors inside the yacht are designed with seamless door frames as crisp details rather than disruptive elements.

The security requirements are met in style through elegant, built-in furniture that appear unfixed, to provoke a homelier feel, ultimately accomplishing an understated luxury. (Norm Architects)

【ヨットバウ】

設計:ノーム・アーキテクツ
担当:ピーターエランド、リネアエックブレール
所在地:ドイツ・グライフスヴァルト
施工: マイケル・シュミット・ヨットバウ
竣工:2019.03

写真:ヨナス・ビエール=ポールセン

「Bella」について
“Bella”は「Y/Yachtsモデル Y7」のナンバーワンモデルで、アメリカ人デザイナー、ビル・トリップと共同で開発された。全長15~86メートルのヨットが、数多く進水してきた。ほかの「Y/Yachts」と同様に、”Bella”はグライフスヴァルトのMichael Schmidt Yachtbau社で製造された。
Y7の開発の目的は、レガッタコースでも快適な帆走性能と競争力のある帆走性能を両立させることであった。これは、バックステイを使用しないことと同様に、建造と拡張の間、一貫してヨットの重量を減らすことによって達成された。同時に、カーボンファイバーのマストは幾分短くなり、ヨットはより安定して大幅にスピードを上げることができる。
Y7のすべてのハリヤード、シート、ストレッチャーはステアリングコラムに隠されている。操舵手はいつでも1人で操作することができるが、これは70フィートのヨットでは当たり前のことではない。重量は約28.5トン、風上でのセイル面積は約300平方メートルで、微風でも十分な推進力をもち、それに見合ったセーリングの楽しさを提供する。
ファーリングシステムとアンカーは美しく統合されており、長さ3.45メートルのディンギーはリアガレージに収納できる。カーボンファイバーの木に組み込まれた、特許出願中のリフトで進水する。
マリーナでの操船は、Y7では子供の遊びのようである。2つのエンジン、バウスラスタ、ジョイスティックコントロールにより、全長約22メートルのヨットを横向きに操ることも可能になった。2基のNanni製ディーゼルエンジンはそれぞれ59kWで、Y7を非常に経済的に駆動する。

width 5,75 m
Draught (with lift keel) 2.50 – 3.90 m
Displacement 28,9 t
Ballast 9,6 t
Mainsail 174 qm
Jib 123 sqm
Code Zero 350 sqm
Gennaker 550 sqm
Motor 2 x Nanni (59 kW)
Fuel 900 l
Fresh water 900 l
Exterior Design Tripp Design Naval Architecture
Interior Design Norm Architects
Shipyard Michael Schmidt Yachtbau GmbH

テクニカル データ:
全長 21.68m
喫水線長さ 20.35m
幅 5.75m
喫水高さ 2.50-3.90 m
排水量 28.9t
バラスト水 9.6t
メインセイル面積 174㎡
ジブセイル面積 123㎡
コードゼロ 350㎡
ジェネカー 550㎡
モーター ナンニ製(59kW)×2
燃料 900リットル
淡水 900リットル
エクステリアデザイン:トリップ・デザイン・ナバル・アーキテクチャー
インテリアデザイン:ノーム・アーキテクツ
造船所:マイケル・シュミット・ヨットバウ GmbH

【Yachtbau】

Design: Norm Architects
Design Team: Peter Eland, Linnea Ek Blæhr
Location: Greifswald, Germany
Contracter: Michael Schmidt Yachtbau
Completed: 2019.03

Photographs: Jonas Bjerre-Poulsen

About Bella:
“Bella” is the construction number one of the Y/Yachts model Y7 and was developed in cooperation with the US-American designer Bill Tripp, who has already brought numerous yachts between 15 and 86 metres in length onto the water. Like all Y/Yachts formats, “Bella” was manufactured in Greifswald by Michael Schmidt Yachtbau.
The aim in developing the Y7 was to combine comfortable sailing behaviour with competitive sailing performance, also on the regatta course. This was achieved by consistently reducing the weight of the yacht during construction and extension as well as by doing without a backstay – the profile of the mainsail (with Fathead) thus gets a better profile and more space. At the same time the carbon fibre mast can be somewhat shorter and the yacht can become more stable and significantly faster.
All halyards, sheets and stretchers on the Y7 run hidden to the steering columns. The helmsman can operate them alone at any time – not a matter of course for a 70-foot yacht. With a weight of around 28.5 tons and a sail area of almost 300 square meters at the wind, the Y7 has sufficient propulsion even in light winds and offers corresponding sailing fun.
The furling system and anchor are elegantly integrated; the up to 3.45 metre long dinghy disappears into the rear garage. It is launched with a patent pending lift integrated into the carbon fibre tree.
Manoeuvring in the marina becomes child’s play with the Y7. Two engines, a bow thruster and the joystick control even make it possible for the yacht, which is almost 22 metres long, to be driven transversely. The two Nanni diesel engines with 59 kW each drive the Y7 very economically under engine.

Technical data:
Length overall 21.68 m
Length waterline 20,35 m
width 5,75 m
Draught (with lift keel) 2.50 – 3.90 m
Displacement 28,9 t
Ballast 9,6 t
Mainsail 174 sqm
Jib 123 sqm
Code Zero 350 sqm
Gennaker 550 sqm
Motor 2 x Nanni (59 kW)
Fuel 900 l
Fresh water 900 l
Exterior Design Tripp Design Naval Architecture
Interior Design Norm Architects
Shipyard Michael Schmidt Yachtbau GmbH