PROJECT

PROJECT2020.08.14

Apple Central World / Foster + Partners

円錐柱で支持した360°ガラス張りの円筒形ストア

(English below)

バンコクのApple Central Worldが、最初の訪問者を迎えた。バンコクの象徴的な市街地に位置するこの新店舗は、ラーマ1世通りとラーチャダムリ通りの交差点にある賑やかなセントラル・ワールド・スクエアの中心部に、静かな彫刻のような存在感を放つ。この店舗は、この街の新たな社会的な焦点を形成し、この街の有名な新年の祝賀やその他多くの年間行事のための魅力的な背景となっている。
このプロジェクトは、AppleのチームとFoster + Partnersが、現地法人であるF&P (Thailand) Ltd.とArchitects 49 Ltd.を通じて緊密な協力関係を築いた結果、実現した。
セントラル・ワールド・スクエアの南端に位置するこの店舗は、広々とした公共広場と道路を挟んだ向かい側にある有名な「エラワンの祠」に面している。上層階の新しい橋を介してBTS(註:バンコク・スカイトレイン。バンコクの高架鉄道)の歩道に接続されているが、敷地を取り囲む複数の車両と歩行者のルートから見下ろされている。このめまぐるしい都市のスペクタクルに包まれているのは、直径80フィート(24.4メートル)の2階建てのガラスの円筒形建造物であり、その頂点に凹んだ垂直面を持つ美しい円錐形の支持体がある。その形状は、ベジェ曲線を360度回転させることで生成された。
温かみのある木材で覆われた中央の支持体は、1461本のヨーロピアン・ホワイトオーク材で形成されている。オーク材は薄板に割かれ、安定性を保つためにスプルースのコアに接着されている。各スラットのエッジのディテールには細心の注意が払われており、吸音性のある吸音層が中央の構造物から空気を抜き出すことを可能にしている。
2つのレベルにある2つの主要な販売エリアをつなぐのは、中央の構造部から片持ちで持ち出された、ヘリカルタービンブレードを備えた美しく細工された階段である。踏面はステンレス鋼のブロックから削り出されて高度に研磨されており、反射するような彫刻的な品質が備わっている。両階を取り囲む全面ガラス張りの円筒形建造物によって、360度の劇的な眺めが得られ、急激なアーバニズムと新しい景色の静かな緑を同時に見ることができる。
中心から伸びるように、円形の屋根は10フィート(3メートル)を外側に突き出し、ガラスのファサードに陰を提供する。そして内部と外部の境界を曖昧にし、ガラス張りのファサードを脱物質化して、店舗の落ち着いた内装を見せる。内側と外側の表面仕上げの品質を同じにすることで、人々が休息し、緑を楽しむための外部のベンチと環状に植えられた木々に囲まれた、都市のための広々とした新しい公共空間を確立している。(フォスター+パートナーズ)

Cylindrical store with 360° glass facade with conical support

Apple Central World in Bangkok welcomed its first visitors. Located in one of the city’s iconic urban centers, the new store establishes a quiet sculptural presence at the heart of the bustling Central World Square on the intersection of Rama I and Ratchadamri roads. It forms a new social focus for the city and an inviting backdrop for the city’s famous New Year celebrations and numerous other annual festivities.
The project is the result of the close collaboration between the team at Apple and architect Foster + Partners, through its local entity F&P (Thailand) Ltd and Architects 49 Ltd.
Situated at the southern end of the Central World Square, the store addresses a generous public plaza and the famous Erawan shrine located across the road. It is connected to the BTS walkway via a new bridge at the upper level, while being overlooked by multiple vehicular and pedestrian routes surrounding the site. Enveloped by this dizzying urban spectacle, is an 80-foot (24.4 meter) diameter two-story glass drum with a beautifully crafted conical support with a concave vertical surface that stands on its apex. Its form has been generated by the 360-degree revolution of a Bezier curve.
Clad in warm timber, the central support is formed of 1,461 European white oak profiles. The oak timber is split into individual lamellas and bonded onto a spruce core for stability. A carefully crafted edge detail on each slat allows air to be extracted out through the central structure with an absorptive acoustic backing layer.
Connecting the two main sales areas on the two levels is a beautifully crafted staircase with helical turbine blades that cantilever from the central structure. Each tread is milled from solid blocks of stainless steel and is highly polished, giving them a reflective, sculptural quality. The fully glazed drum surrounding both floors provides dramatic 360- degree views, juxtaposing the intense urbanism with the quiet greenery of the new landscape.
Grounded at its center, the circular roof projects out 10 feet (3 meters) to provide shade to the glazed façade. Blurring the boundaries between the inside and the outside, the glazed façade dematerializes to reveal the calm interiors of the store. With the same quality of surface finishes on the inside and the outside, the design establishes a generous new public space for the city, surrounded by a ring of trees interspersed with external benches for people to rest and enjoy the green setting. (Foster + Partners)

【アップル・セントラル・ワールド】

主用途:店舗
所在地:タイ バンコク ラーチャダムリ通り
竣工:2020

設計:フォスター・アンド・パートナーズ

写真:ベア&テリー、アップル

【Apple Central World】

Principal use: Store
Location: Bangkok, Thailand
Completion: 2020

Architect: Foster + Partners

Photographs: Bear and Terry, Apple