PROJECT

PROJECT2020.10.31

駒岡げんきっず保育園 / 黒川智之建築設計事務所

環境とつながるこどもの居場所

横浜市鶴見区の郊外、成熟した住宅地に建つ、定員60名の保育園のプロジェクトである。
計画地一帯には、戸建住宅や集合住宅が高い密度で建ち並んでいる。横浜市から整備重点地区として指定されている保育園の需要が高い地域であるが、前述のような住宅地においては、保育園として十分な広さの土地を新たに確保することは難しい。今回のプロジェクトで用意された敷地も、60人の定員に対して十分な広さとは言えなかった。そこで、緩和要件を適用し、必要とされる園庭面積を最小限に留めることで、計画を成立させた。こうした状況を、敷地の特性として単純に受容するのではなく、建築の在り方によって、豊かなこどもの成育の場を実現させることはできないだろうかと考えた。

敷地は斜面地にある。周囲には雛壇状の街並みが形成されていることから、街並みと呼応するように段状のテラスを園庭と建築とで一体的に構成し、活動領域を立体的に拡張させることで、接地性が高く、子どもたちが走り回れるような場を用意した。
この段状のテラスは、集成材の曲げ梁で形成された湾曲屋根で覆われている。子どもたちは、テラスを上がっていくことで屋根面に近いレベルにまで達し、身体的に近い存在として屋根を感じることができるため、曲線の柔らかさ・燃えしろ設計により、あらわしとなった木の素材感によって、温かみのある表情にすることが適切だと考えた。
また、梁を湾曲させる表現により、屋根を分節する折れ線を強調し、大きな面積を占める屋根を小さな屋根の連なりへと変換することで、周辺の住宅街のスケールへと近づけている。

1階中央に設けたエントランスホールは、園庭や保育室との一体利用により、さまざまな使い方に弾力的に対応することができる。子どもを迎えに来た保護者同士の交流スペースとしてだけでなく、地域住民を交えた年中行事の会場としての活用も期待される。
また、このホールは、吹き抜けを介して、すべての保育室・段状のテラスと隣接するという関係性を持つため、年齢が異なる児童や保護者、地域住民らに対して、多くの接触の機会を提供するとともに、子どもの成長過程におけるさまざまなアクティビティを重層的に捉えられる場となっている。

段状テラスの在り方、屋根の在り方、諸室の立体的な隣接関係、素材の扱い、このような建築を構成するための秩序立ての1つひとつは、地域とのつながりを生むことを指向している。周辺環境との関わりの中で空間を定義づけ、地域に対して建築を開いていくことで、空間の質と、そこで得られる体験に多様性を生みだし、子どもの感性を刺激するような場所になればと考えている。(黒川智之)

Whereabouts of children connected to the surrounding

This is a nursery school project with a capacity of 60 children, located in a suburban residential area in Tsurumi Ward, Yokohama.
The area around the project site is already mature as a residential area, with a high density of detached houses and apartment buildings. So, it isn’t easy to find a new site with sufficient space for a nursery school in such an area.

The site prepared for this project is not large enough to accommodate 60 children, so we applied mitigation requirements to minimize the required space for the school.
I did not merely accept this situation as a characteristic of the site but considered realizing a rich place for children to grow up by how the architecture is designed.

The site is located on a slope. In response to this slope, I designed a stepped terrace as an integral part of the garden and the architecture to expand the children’s activity area in three dimensions, creating a play area with a high degree of ground contact and full of activity.

The terraces are covered by a curved roof made of laminated wood bent beams. By climbing up the terrace, children reach a level close to the roof surface and feel physically close to the top, so we thought it was appropriate to create a warm look with the materiality of the hailing wood by designing a curved curve and burnish.
In addition, the curve of the beams emphasizes the lines that divide the roof and transforms the large roof into a series of small roofs, bringing it closer to the scale of the surrounding residential area.

The entrance hall in the center of the first floor can be flexibly adapted to various uses by integrating it with the school garden and nursery. The entrance hall is expected to be used not only as a space for parents to interact with each other when they come to pick up their children but also as a venue for annual events with the local community.
The hall is adjacent to all the nursery rooms and terraces through the atrium, providing children of different ages, parents, and residents with many opportunities to interact with each other and experience a variety of multilayered activities during the growth process. The way of thinking that the stepped terrace, the ideal way of the roof, the three-dimensional adjacency of the rooms, the handling of materials, and the ordering to compose such an architecture are all aimed at creating a connection with the surrounding area.

The terraced terrace, the roof, the three-dimensional adjacency of the rooms, and the use of materials all contribute to the creation of a connection with the community. By defining the space in relation to the surrounding environment and opening the architecture to the community, I hope to create diversity in the room’s quality and space’s experience and stimulate the sensibilities of children. (Tomoyuki Kurokawa)

【駒岡げんきっず保育園】

所在地:神奈川県横浜市鶴見区駒岡1丁目1番7号
用途:幼稚園・認定子ども園・保育所
竣工:2018

設計:黒川智之建築設計事務所
構造設計:江尻建築構造設計事務所
設計協力:平林政道アトリエ
電気設備設計:EOS Plus
機械設備設計:ジーエヌ設備計画
施工:新都市建設

撮影:太田拓実

構造:木造
規模:地上2階
敷地面積:481.41m²
建築面積:239.79m²
延床面積:379.08m²
設計期間:2017.02-2017.07
施工期間:2017.08-2018.03

【Komaoka Genkids Nursery School】

Location: 1-1-7, Komaoka, Tsurumi-ku, Yokohama, Kanagawa, Japan
Principal use: Kindergartens, Certified Children’s schools and Nurseries
Completion: 2018

Architects: Tomoyuki Kurokawa Architects
Design team: Tomoyuki Kurokawa
Structure engineer: EJIRI STRUCTURAL Engineers
Electrical equipment: EOS Plus
Mechanical equipment: Gn Setsubi-Keikaku
Contractor: Shintoshi Corporation

Photographs: Takumi Ota

Main structure: Wood
Building scale: 2 stories
Site area: 481.41m²
Building area: 239.79m²
Total floor area: 379.08m²
Design term: 2017.02-2017.07
Construction term: 2017.08-2018.03