PROJECT

PROJECT2020.12.07

CURATIVE KITCHEN OMOTESANDO / マッズプランニング

緑豊富な空間でハーブを提供し、治癒をコンセプトとするカフェ

(English below)

〈CURATIVE KITCHEN(キュラティヴ キッチン)〉は、医療・福祉関連サービスの事業を展開するクライアントから新業態の依頼を受け、東京・神宮前にオープンしたカフェである。ハーブを使用したフードやドリンクを主に提供し、CURATIVE(治癒)をコンセプトとしているのが特徴だ。
女性をターゲットとした本計画は、リラックスした環境となるよう、内外ともに木のぬくもりやガーデンをイメージする植栽をたっぷりと使用し、清潔感やナチュラル感を感じられる空間を完成させた。(松永幹夫)

A cafe that offers herbs in a green space with the concept of healing

CURATIVE KITCHEN is a café that opened in Jingumae, Tokyo, at the client’s request in the medical and social services business to create a new business model. The café serves food and drinks using herbs and is characterized by its CURATIVE (healing) concept.
To create a relaxing environment for women, the cafe’s interior and exterior are lined with warm and garden-like plantings to create a clean and natural feel. (Mikio Matsunaga)

【CURATIVE KITCHEN OMOTESANDO】

所在地:東京都渋谷区神宮前4-5-13アピス表参道スクエア1F
用途:カフェ
クライアント:アピスサードプレイス
竣工:2019年

設計:マッズプランニング
担当:松永幹夫、四條晃弘
植栽計画:DAISHIZEN
照明計画:オーデリック
グラフィック:クリーム
厨房設計:ホシザキ東京
施工:トラストワン

撮影:川下城誉

構造:鉄筋コンクリート造
工事種別:新築
敷地面積:143.74m²
建築面積:86.15m²
延床面積:305.16m²
設計期間:2018.06-2019.06
施工期間:2018.06-2019.06

【CURATIVE KITCHEN OMOTESANDO】

Location: Apis Omotesando Square 1F,4-5-13, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Cafe
Client: Apis third place
Completion: 2019

Architects: MA・S PLANNING
Structure engineer: MA・S PLANNING
Garden design: DAISHIZEN
Lighting design: ODELIC
Graphic: CREAMU
Kitchen: Hoshizaki Tokyo
Contractor: Trust one

Photographs: Kunitaka Kawashimo (CREAMU)

Main structure: Reinforced Concrete construction
Construction type: New building
Site area: 143.74m²
Building area: 86.15m²
Total floor area: 305.16m²
Design term: 2018.06-2019.06
Construction term: 2018.06-2019.06