PROJECT

PROJECT2021.01.25

Genesis 水に浮かぶ教会 / Denizen Works

複数のコミュニティと繋がりを持つ、運河を移動する教会

(English below)

聖コルンバ東ロンドン会のビジョンを実現させるために誕生した、移動型の〈水に浮かぶ教会〉である。「ジェネシス」という名の、運河移動に合わせた幅の狭いナロウボートを使用し、画期的な「動く屋根」を搭載している。

ロンドン教区の依頼による招待コンペに勝利したデニゼン・ワークスは、タークス造船所と造船技師トニー・タッカーとの密なコラボレーションをリードしながら、この新たなコミュニティ空間の完成を実現させた。〈水に浮かぶ教会〉は現在、リー・ナビゲーション運河上、ロンドンオリンピック跡地であるクイーン・エリザベス・オリンピック・パーク内に建つ複合施設、ヒアー・イーストの正面に係留中である。

「ジェネシス」と名付けられた本プロジェクトは、今後25年にわたり、東ロンドンの運河ネットワーク周辺で発展していくコミュニティとのつながりを生む、現代のミッションとして活動していく。機動性と適応性を兼ね備えた計画は、スウィートウォーター、イーストウィック、ハックニー・ウィックをはじめとする、多様性あふれる地域が存在する東ロンドンの再開発地区にとって、さまざまな効果を長期にわたって与えるであろう。
インテリアの設計は、教会としての機能はもちろん、地元の親子グループ、宗教の垣根を超えた催事、サパークラブ、ライブ音楽イベント、企業研修やワークショップ、カウンセリングなど、幅広い地域の活動やサービスに対応可能な、順応性のある空間となっている。

動く屋根のコンセプトは、教会のパイプオルガンの蛇腹(じゃばら)から発想を得た。折りたたみ可能な半透明の帆布は手作業によりかたちづくられた。さらに、LEDライトが縁取るように施され、日中はじゃばらを通し柔らかな自然採光を取り入れる一方、夜はそれ自体がぼんぼりのように光を放つ。搭載された水圧式アームにより、屋根が完全に上がりきると、天井高は、最も高い点で3.6mとなる。これはドラマティックな内部空間を演出すると同時に、運河に佇むその独特のシルエットは、道行く人の目を引くものとなる。

この開放的な集会スペースは、着席時には40人、船の静止時には最大60人の乗客を収容できるよう設計された。洗練されシームレスな内装は、明るい合板仕上げの壁と緑のリノリウム床に、ヴァルクロマット装飾パネルで形成された造り付けベンチと、海洋船舶用の照明で構成され、親しみやすく心地よい雰囲気を演出する。

カスタムデザインの合板のスツールと折りたたみ式テーブルは、ローカルの家具デザイン会社・プライコによるもの。パブリックへのイベントやサービスなど、用途に合わせた使い方ができ、不要な際には船のデッキ下の隠れたスペースに収容できる。祭壇のデザインはデニゼン・ワークスによるもので、角度をつけた正面のデザインは、まるで船の先端を彷彿とさせる。こちらも、フラットに折りたたみ、簡単に収納が可能だ。

帆布を縫い合わせるステッチは、船内インテリアのいたるところに、モチーフとして取り入れられた。たとえば、アルミニウム製の窓のスクリーンは、ステッチの形状を取り入れながら、教会建築で用いられる内陣仕切りから発想を得て施された。さらにキッチンのタイル、カスタムメイドの家具の脚にまで、このモチーフが使われている。外装の動く屋根を取り囲む屋根上部にも、同じようなデザイン言語が、ローカルのサイン計画作家により描かれた。さまざまな活動に柔軟に対応できるようデザインされたジェネシスは、個人での貸切から地域の学校による使用まで幅広く使われることで、自己持続性をもちながら、コミュニティにとって特別な存在になるだろう。(マリー・ケール、アンドリュー・インガム、藤井悠人)

Movie: Camilla Robinson Kerr, Dapper Films

A mobile floating church that will interact with canalside communities

Denizen Works has realised its vision for the St Columba East London community, with Genesis: a new, wide-beam narrowboat crowned with an innovative kinetic roof. Commissioned by the Diocese of London and won through an invited competition, Denizen Works led a close collaboration with Turks Shipyard and naval architect Tony Tucker to deliver the new community space, which is now moored on the River Lee Navigation alongside Here East at Queen Elizabeth Olympic Park.

Named Genesis, the project is conceived as a modern-day mission, developing links with growing communities living around the canal in East London over the next 25 years. Its mobility and flexibility of programme will ensure lasting benefits to the diverse neighbourhoods at key regeneration sites, which include Sweetwater, Eastwick and Hackney Wick. As well as serving as a space for a church, the barge is designed with a bespoke and adaptable interior to accommodate a wide range of community activities and services, including parent and toddler groups, interfaith celebrations, supper clubs, live music, employment training, support workshops and counselling.

The concept for the kinetic roof was inspired by the form of church organ bellows. Hand-crafted from concertinaed, translucent sailcloth, and lined with LED lights, the bellows admit soft diffuse light during the day whilst becoming an illuminated beacon at night. When fully raised, the roof, powered by hydraulic arms, increases the head height of the barge to 3.6m at its highest point, creating a dramatic interior and a distinct silhouette on the canal to attract passers-by.

The expansive assembly space under the kinetic roof is designed to take a capacity of 40 people seated and up to 60 passengers when stationary. An elegant and seamless interior of light plywood walls and green linoleum floor is supplemented with built-in Valchromat benches and marine-style bulkhead lights to create a welcoming and cosy atmosphere.

The furniture, designed by local design company Plyco, includes custom-designed plywood stools and foldable tables for use at public events and services and have been specially designed to stowed away in hidden storage areas under the bow decks. An altar designed by Denizen Works featuring an angled-front face like the prow of a boat has also been fabricated, and is designed to fold down into a flatpack for easy storage.

The sail stitching used on the bellows has been applied as a motif throughout the design and is carried through to a number of interior details, including aluminium screens to the windows, the design of which is inspired by rood screens; the pattern of the tiling in the kitchen; and in the form of the legs of the bespoke furniture. The motif is repeated externally in a frieze painted by a local signwriter that wraps the face of the kinetic roof. Designed with flexibility to accommodate an array of activities, Genesis will also be available for private hire and for use by local schools, to ensure that it is a self-sustaining asset to the communities it serves.(Murray Kerr, Andrew Ingham, Yuto Fujii)

【Genesis 水に浮かぶ教会】

所在地:リー・ナビゲーション運河、ヒアー・イースト、クイーンエリザベスオリンピックパーク、ロンドン、イギリス
用途:教会・礼拝堂
クライアント:ロンドン教区
竣工:2020年

設計:Denizen Works
担当:シャーロット・エーリー、セミ・ハン、アンドリュー・インガム、マリー・ケール、ディミチュリ・サヴィチェ
造船技師:タッカー・デザインズ
帆職人:ジェッケルズ
家具デザイン:プライコ
施工:タークス造船所(造船)、エー・エヌ・アール・ディベロップメンツ(インテリア)

撮影:ギルバート・マッキャラガー

工事種別:新築
規模:運河用ナロウボート
建築面積:78.00m²
延床面積:45.00m²
設計期間:2016.12-2018.10
施工期間:2018.10-2020.09

【Genesis Floating Church】

Location: River Lee Navigation, Here East, Queen Elizabeth Olympic Park, Stratford, London E15 2GW
Principal use: Church, Chapel
Client: Diocese of London
Completion: 2020

Architect: Denizen Works
Design team: Charlotte Airey, Semi Han, Andrew Ingham, Murray Kerr and Dimitri Savitchev
Naval architect: Tucker Designs
Sailmakers: Jeckells
Furniture: Plyco
Contractor: Turks Shipyard (Boatbuilder), ANR Developments (Interior)

Photographs: Gilbert McCarragher

Construction type: New building
Building scale: Narrowboat for canals
Building area: 78.00m²
Total floor area: 45.00m²
Design term: 2016.12-2018.10
Construction term: 2018.10-2020.09