PROJECT
PROJECT2021.03.19

K-Hairsalon / PAN-PROJECTS & mok architects

素材とグラデーションで街からつながるコンパクトなヘアサロン

(English below)

〈K-Hairsalon〉は、三重県伊勢市に位置する美容室の内装計画である。クライアントの「街に開かれた美容室にしたい」という想いから、我々は外部から切り離されがちなインテリア空間を、街から内部空間まで一連の体験がシームレスに接続されることを目指した。

美容室が入居する既存建物は、異なるトーンのピンク色で仕上げられた特徴的な外観をもっており、この色を内部空間へと引き込むことで、内外へと続く色を巡る体験を本計画では生み出すようデザインされている。
45㎡という比較的狭小な空間に、美容室の必要機能を効果的に配しつつ、各エリアに適度な自立性を保持させるため、我々は異なる素材やそれに伴った色合いをもつ、多様な建具を配置している。色調は外壁の薄ピンク色から始まり、内部空間の奥へと進むにつれ色が濃くなるようグラデーショナルに設計され、この狭小な空間に奥行きを与えている。

エントランスに位置する受付エリアは、薄ピンク色のタイルと濃いテラコッタ色の棚でつくられたレセプションデスク、そしてピンク色のアルミ合板と戸棚の組み合わせで構成されている。これら一連の建具は、エントランス周辺の動線を自然に誘導すると同時に、奥に位置するシャンプーエリアのプライバシーを、視線をコントロールすることで守る機能を併せもっている。レセプションエリアは受付のみとしてではなく、待合エリアとしてカフェのように一息つく場所としての役割をもっており、訪れた人々を迎え入れる、街との開いた接点として機能している。
最深部に位置するシャンプーエリアは、濃いトーンのマテリアルに囲まれることで落ち着いた雰囲気を演出すると同時に、垂れ壁によってシャンプーエリアとスタッフの作業スペースを区切ることでリラックスした空間を生み出している。

異なる色や素材を、各エリアの機能に合わせて組み合わせていくことで、各空間の機能的な要求に対応すると同時に、外部から内部へとシームレスに連結する空間性を生み出し、狭小なスペースを広い外部のコンテクストと結びつけることで、空間に奥行きをもつ豊かで多様なインテリア空間を達成した。(八木祐理子、高田一正+森田美紀、小林 優)

A compact hair salon connected to the city by materials and gradations

K-hairsalon is an interior design project for a private-owned hair salon in Ise, Japan. The client wishes the salon to be accessible for everyone where all citizens can comfortably visit as if they visit their familiar café.
The project consists of various tones of colour interacting unique exterior of existing building that intends to connect the interior space with exterior thus to the surrounding urban context.

The existing building where the salon locates in the ground level has an iconic appearance which all the façade elements are painted in various tones of pink. Rather designing interior space apart from its outstanding character of the existing, the team determined to bring its iconic colour scheme as a design concept in order to create sequential experience of colour that bridges outside and inside together.

The design started with defining the function of colours as the key spatial element of the project, and the team determined to utilize it to identify the function of different areas in the salon. By developing gradational sequence from bright pink tone of exterior to the dark red wall finish at the deepest area in the salon, the design creates layered depth within a small interior space.

The reception area is defined by mixed furniture constituted with bright colour tiles with lacquered plywood shelve combined by light pink aluminium partition that integrates the bright pink exterior to inside. Cutting area situates in the middle is identified with continuous dark pink drawers creating intimate atmosphere. Shampoo area at the inmost space is made private with deep red wall where customers can relax while having their service.

〈K-hairsalon〉achieved the rich interior experience within a relatively small space by creating spatial layers of colour that sequentially connects outside to inside; the hair salon that opens up to the city welcoming in all the visitors. (Yuriko Yagi, Kazumasa Takada + Miki Morita, Suguru Kobayashi)

【K-Hairsalon】

所在地:三重県伊勢市御薗町長屋2147-3
用途:美容施設
クライアント:サロンエポック
竣工:2018年

設計:PAN-PROJECTS & mok architects
担当:八木祐理子、高田一正(PAN-PROJECTS)+ 森田美紀、小林 優(mok architects)
施工:岩佐工務店

撮影:大竹央祐

延床面積:45.00m²
設計期間:2017.09-2018.03
施工期間:2018.04-2018.05

【K-Hairsalon】

Location: 2147-3, Nagaya, Misono-cho, Ise-shi, Mie, Japan
Principal use: Salon
Client: Salon Epoque
Completion: 2018

Architects: PAN-PROJECTS & mok architects
Design team: Yuriko Yagi, Kazumasa Takada / PAN-PROJECTS + Miki Morita + Suguru Kobayashi / mok architects
Contractor: Iwasa Koumuten

Photographs: Yosuke Otake

Total floor area: 45.00m²
Design term: 2017.09-2018.03
Construction term: 2018.04-2018.05

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ