PROJECT

PROJECT2021.08.27

ウェスティン都ホテル京都 本館東館客室改修 / 観光企画設計社

面積を拡充しエレガントモダンを演出したホテル客室

(English below)

1890年、東山の麓で〈ウェスティン都ホテル京都〉の歴史は始まった。伝統に改革を加え、時代に呼応しながら歩み続けた歴史あるホテルである。創業100周年時には記念事業として全館リニューアルを実施した。その際に建設した新館は、建築家・村野藤吾の最後の設計でもある。2002年から〈ウェスティン都ホテル京都〉と改称し、世界に通用する国際ホテルとしてクオリティを高めてきた。そして2020年、創業130年の節目を迎えるにあたり、京都を代表するラグジュアリーホテルへの大規模リニューアルを実施した。

デザインコンセプト「The Queen of Elegance(ザ・クイーン オブ エレガンス)」を基に、東館、本館ともに木の風合いを取り入れるなど京都・東山の自然をイメージしたつくりとし、意匠の曲線美で優美さ、柔らかさを表現している。
東館客室は、京都の夏の風物詩である川床をイメージしたカーペットや梅の花を模したスツールなど、京都らしさを感じられるデザインとして落ち着いた空間になっている。
本館客室は、南禅寺の新緑と水路閣の水道橋のテラコッタ色をテーマカラーに、明治から昭和初期の南禅寺界隈の別邸を意識したエレガントモダン(大正ロマン)な空間を演出した。

499室あった客室を266室へと減少させ、1部屋の平均面積を約35m²から約50m²へと拡充することにより、デラックスルーム中心のラグジュアリーな空間を実現している。
また、リニューアルした全室のバスルームは、独立した洗い場を設けゆとりあるスペースを確保した。
このリニューアルで、世界でも名高く競合の激しい観光地、京都においてラグジュアリーホテルとしての地位を確立し、名実ともにQueenの座に君臨するようなエレガントなホテルとなる。 (観光企画設計社)

Hotel guest rooms with expanded area and elegant modernity

〈The Westin Miyako Hotel Kyoto〉began its history in 1890 at the foot of Higashiyama. 〈The Westin Miyako Hotel Kyoto〉 is a hotel with a long past that has kept pace with adding reforms to tradition.
At the time of its 100th anniversary, the entire hotel was renovated as a commemorative project. The new building built at that time was the last one designed by architect Togo Murano.
In 2002, the name was changed to 〈The Westin Kyoto〉, and the hotel has been improving its quality as a world-class international hotel. In 2020, to mark the 130th anniversary of its founding, the hotel underwent a major renovation to become one of Kyoto’s leading luxury hotels.

Based on the design concept of “The Queen of Elegance,” both the East building and the Main building are designed to evoke the nature of Higashiyama, Kyoto by incorporating wood textures and expressing grace and softness through the beauty of the curves of the design.
The guest rooms in the east wing are designed to create a calm space with a Kyoto-like atmosphere, including a carpet that resembles a river bed, a summer tradition in Kyoto, and a stool that resembles a plum blossom.
The guest rooms in the main building are themed in the colors of the fresh greenery of Nanzenji Temple and the terracotta color of the aqueduct of Suiro-Kaku, creating an elegant modern (Taisho-roman) space that is reminiscent of the residences in the Nanzenji Temple area from the Meiji era to the early Showa era.

The number of rooms has been reduced from 499 to 266. In addition, the average area of each room has been expanded from about 35m² to about 50m² to create a luxurious space with a focus on deluxe rooms.
In addition, the bathrooms in all the newly renovated rooms are equipped with a separate washing area to provide more space.
This renovation will establish the hotel’s position as a luxury hotel in Kyoto, a world-famous and highly competitive tourist destination, and make it an elegant hotel that will reign as the Queen in both name and reality. (KANKO KIKAKU SEKKEISHA)

【ウェスティン都ホテル京都本館東館客室改修】

所在地:京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)
用途:ホテル
クライアント:近鉄不動産、近鉄・都ホテルズ
竣工:2020年

設計:観光企画設計社
_ 担当(建築):田中 功、諏訪太郎
_ 担当(インテリア):小田原由佳、北村桂子、永嶋さつき、松岡成美、五十川栞
構造設計:全日本コンサルタント
施工:
大林組(本館:客室内装[水廻り]および共用部内装、東館:内装)
近創(本館:客室内装[水廻り以外]およびFFE、東館:FFE)

撮影:フォワードストローク

工事種別:リノベーション
構造:SRC造(本館・東館)
規模:地上11階、地下2階、塔屋3階
敷地面積:約54800m²
建築面積:約16800m²
延床面積:約74000m²
設計期間:2017.10-2018.09
施工期間:2018.06-2020.03

【THE WESTIN MIYAKO KYOTO Main and east building guest room renovation】

Location: 1, Awataguchikacho-cho, Higashiyama-ku, Kyoto-shi, Kyoto, Japan
Principal use: Hotel
Client: Kintetsu Real Estate, Kintetsu Miyako Hotels International
Completion: 2020

Architects: KANKO KIKAKU SEKKEISHA
Design team (Architecture): Isao Tanaka, Taro Suwa
Design team (Interior): Yuka Odawara, Keiko Kitamura, Satsuki Nagashima, Narumi Matsuoka, Shiori Isokawa
Structure engineer: ALL NIPPON ENGINEERING CONSULTANTS
Contractor: Obayashi Corporation (Main building: guest room interiors [sanitary] and common area interiors, East building: interiors)
Kinso Corporation (Main building: Room interiors [except sanitary] and FFE, East building: FFE)

Photographs: Forward Stroke

Construction type: Renovation
Main structure: Steel reinforced concrete construction (Main building, East building)
Building scale: 11 Stories, 2 floors below ground, 3 floors of tower building
Site area: Approximately 54800m²
Building area: Approximately 16800m²
Total floor area: Approximately 74000m²
Design term: 2017.10-2018.09
Construction term: 2018.06-2020.03

Other works

PROJECT2021.09.09

ウェスティン都ホテル京都 SPA "華頂" / 観光企画設計社

曲線と色彩で自然の美や歴史を表現したラグジュアリースパ
PROJECT2021.01.20

ホテルインディゴ箱根強羅 / 観光企画設計社

寄木細工をモチーフとし、土着感を抽出したリゾートホテル
PROJECT2021.01.26

セルリアンタワー東急ホテル エグゼクティブフロア / 観光企画設計社

日本の伝統的な要素を現代的に解釈して刷新したホテル空間

ウェスティン都ホテル京都 関連記事

CULTURE2020.07.15
NAP建築設計事務所が改修を担当、村野藤吾設計のウェスティン都ホテル京都 数寄屋風別館〈佳水園〉がリニューアルオープン
  • TOP
  • PROJECT
  • HOTEL
  • ウェスティン都ホテル京都 本館東館客室改修 / 観光企画設計社