PROJECT
PROJECT2022.04.26

行ノ町テラスⅡ / 水谷元建築都市設計室

共有部を通して街の気配を届けるオフィス空間

(English below)

下川端に建つ地元オーナーの経営する複合ビルの2階フロアを、4室の賃貸オフィスとしてリノベーションしたプロジェクトである。一般的な賃貸オフィスは中廊下からそれぞれのオフィスにアプローチする構成になっているため、中廊下は日中でも照明を付けなければならず、開口もないため風も通らず不健康なイメージがある。減価償却の終わったビルであるため、共用部にゆとりを与えながらオフィス内部のプライバシーを保護しつつ、全体が空間的に繋がり、街への広がりの感じられるオフィス空間を目指した。
オフィスから離れて思い思いに仕事をしたり休憩したりすることのできる「テラス」と名付けたスペースに通じる共用廊下とオフィスの境界には、アクリル板の障子とポリカーボネートの波板で構成されたスクリーンを吊っている。このスクリーンはオフィス内部のプライバシーを保護しながら、オフィス内部の活動や建物の水平窓から入る街や街路樹の様子や光を共用廊下へ緩やかに届ける装置である。(水谷 元)

Office space that delivers a sense of the city through common areas

This project is to renovate the second floor of a building complex owned by a local owner in Shimokawabata into four rental offices. Since most rental offices have a central corridor to approach each office, the corridor has to be lighted even during the daytime. As a result, it has no openings to allow airflow, giving it an unhealthy image. Since the building was already depreciated, the goal was to create an office space spatially connected to the entire building. That gave a sense of spaciousness to the city while protecting the privacy of the interior of the office by giving more space to the common areas.

At the boundary between the office and the common corridor leading to the “terrace,” a space where people can work or take a break away from the office, a screen made of acrylic shoji screens and polycarbonate corrugated sheets is hung. This screen is a device that protects the privacy of the interior of the office while at the same time allowing the activities inside the office and the view of the city and street trees and light coming in through the horizontal windows of the building to reach the common corridor gently. (Hajime Mizutani)

【行ノ町テラスⅡ】

所在地:福岡県福岡市博多区
用途:その他オフィス・企業施設
クライアント:溝口ビル、溝口商会
竣工:2016年

設計:水谷元建築都市設計室
担当:水谷 元
照明:マワタリデザイン
施工:快適住まい工房

撮影:石井紀久

工事種別:リノベーション
構造:RC造
延床面積:281.53m²
設計期間:2015.08-2015.12
施工期間:2016.02-2016.04

【Gyonomachi Terrace II】

Location: Hakata-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka, Japan
Principal use: Company facility
Client: Mizoguchi building, Mizoguchi Shokai
Completion: 2016

Architects: HAJIME MIZUTANI ARCHITECTS
Design team: Hajime Mizutani
Lighting planner: Mawatari Design
Contractor: Kaiteki-sumai kobo

Photographs: Toshihisa Ishii

Construction type: Renovation
Main structure: Reinforced Concrete construction
Total floor area: 281.53m²
Design term: 2015.08-2015.12
Construction term: 2016.02-2016.04

Other works

PROJECT2022.04.15

島の家 001 / 三宅唯弘建築設計事務所+水谷元建築都市設計室

コミュニティにほどよく開く平屋
PROJECT2022.05.09

第三永神アパート / 水谷元建築都市設計室

生活がにじみ街の風景に馴染むアパート
PROJECT2022.05.19

美しが丘の家 / 水谷元建築都市設計室

中庭を取り込む操作で居間を楽しむ2世帯住宅リノベーション
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ