PROJECT
PROJECT2022.09.06

BITKEY Office / CANUCH

思想をデザインに落とし込み、技術や働き方を実装するオフィス

(English below)

株式会社ビットキーは、東京都中央区京橋に本社を置く、自律分散システムによる独自のキーテクノロジー「bitkey platform」の提供を行っている企業。このオフィスでは、最小の図形である三角形の組み合わせで無限の世界を描く、ビットキーのロゴの考え方を場に落とし込んだ。グラフィック表現にとどまらず、家具においても同様の考え方を実践している。

また、空間ならではの手法として透明なロゴパターンのグラフィックの重なりにより、無限の柄が構成され、重なりの中を人が自由に往来する構成になっている。それらは複数のレイヤの重なりを横断して事業を創り上げていく、ビットキーの考え方を空間構成で表している。オフィスプロジェクトを起点に、ビットキーのテクノロジーでビル全体をDX化するプロジェクトも同時進行でスタートした。

オフィスでは、どこにいても常にビットキーのサービスを認知できる意匠設計を目指した。動線上にはサービスの意図やカラーを体感できるサービスカラーを用いた巨大なカーテンを配置し、ブランドイメージを高めるとともに心地よい空間の切り替えによる空間用途も多彩に切り替えている。特徴的なラウンジ空間では、カルチャーを随所に落とし込んだコミュニケーションラウンジとなっており、メッセージのCONNECTを中心とした思想を共有する場となっている。

本オフィスでは、自社テクノロジー「workhub」を活用した分断の解消と、それらを通じたコラボレーションを生む仕掛けも施されている。ビル共用部のエントランスからテナント占有部はシームレスに繋がり、来訪者はエントランスから、エレベータ、打ち合わせ予定の会議室まで「すべてを顔認証」で通過することができる。
社員も顔認証やモバイルFelicaなどで同様にビル内を移動できるほか、オフィスはフリーアドレス制をとり、1人用29個、4人用6個のワークブースを含め、多様な席をスマホアプリから予約し、利用できる。また、社員のオフィス内での位置情報や各エリアの混雑状況、会議室の利用状況はオフィスフロア内のモニタ、タブレット端末などで可視化している。

このライブオフィスはプロダクト開発のラボも併設し、開発チームが営業・サポート部門と密に連携をとりながら、製品を開発。プロトタイプは早い段階から空間に実装し、常にアップデートされる生きたオフィスとなっている。(木下陽介+野口優輔)

An office that puts ideas into design and implements technology and work styles

Bitkey Inc., headquartered in Tokyo’s Kyobashi district, is the provider of the Bitkey platform, a unique digital key technology based on autonomous distributed systems. The design is informed by the Bitkey logo, which expresses an infinite world through the combination of simple triangular shapes. This concept is echoed both in graphic design and furniture for the project. In addition, by stacking transparent logo-pattern graphics within the office, a structure of infinite patterns is created within which people can move freely. This layering is a spatial expression of Bitkey’s crossover workstyle, in which overlapping work responsibilities encourage innovation. The office project is the starting point for a concurrent project using Bitkey’s technology in the digital transformation of the entire building.

The office design is intended to promote a constant awareness of Bitkey’s services at every point within the space. Large curtains hung along circulation routes reflect the intent and colors of Bitkey’s products, enhancing brand image and enabling a varied use of space with comfortable transitions between zones. The distinctive communication lounge incorporates company culture throughout its design, serving as a place to share Bitkey’s central message of connection. An in-house technology work hub in the office eliminates divisions between teams and encourages collaboration.

Tenant areas of the building are seamlessly connected to the shared entrance. From the entrance, visitors can move to the elevator and conference room for scheduled meetings solely using facial recognition technology. Similarly, employees move through the building using facial recognition and mobile FeliCa, a contactless communication platform for cell phones. The Bitkey office has a free-address system, with various types of seating available for use and bookable via a smartphone app. These include 29 solo work booths and 6 four-person work booths. In addition, information on the location of employees in the office, congestion levels in each area, and conference-room use is presented visually on tablets and monitors inside the office. The office is also equipped with a product development lab, where the development team creates products in close collaboration with the sales and support teams. Early-stage prototypes are installed in the office space, turning it into a “live” showroom for the company’s constantly-evolving technology. (Yosuke Kinoshita + Yusuke Noguchi)

【BITKEY Office】

所在地:東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン9階
用途:事務所(オフィスインテリア)
クライアント:ビットキー
竣工:2021年

設計:CANUCH Inc.
担当:木下陽介+野口優輔
プロジェクトデザイン:江尻祐樹(Bitkey Inc.)
プロジェクトマネジメント:DE-SIGN
家具:インターオフィス、オカムラ
セキュリティ:Bitkey
照明設計:北田恵士(FDS)
植栽計画:ユニバーサル園芸社
施工:乃村工藝社

撮影:ナカサアンドパートナーズ

工事種別:新築
延床面積:2459.62m²
設計期間:2020.10-2021.07
施工期間:2021.05-2021.08

【BITKEY Office】

Location: 3-1-1, TOKYO SQUARE GARDEN 9F, Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Office, Office Inerior
Client: Bitkey
Completion: 2021

Architects: CANUCH Inc.
Design team: Yosuke Kinoshita + Yusuke Noguchi
Project design: Yuki Ejiri / Bitkey Inc.
Project management: DE-SIGN
Furniture: Inter Office, OKAMURA
Security: Bitkey
Lighting design: Keiji Kitada / FDS
Landscape planning: Universal Engeisha
Contractor: NOMURA

Photographs: Nacása & Partners

Construction type: New Building
Total floor area: 2459.62m²
Design term: 2020.10-2021.07
Construction term: 2021.05-2021.08

Other works

BUSINESS2022.05.17

アダルが福岡と東京の拠点をリニューアル

BtoB向けライブオフィスとショールーム「ADAL CREATIVE PLACE」をオープン
PROJECT2021.08.26

LUMINE OFFICE / CANUCH

交流を誘発するニュートラルなオフィス
PROJECT2021.09.16

TBWA\HAKUHODO / CANUCH

個人の距離感を調節して組織の共創を生むオフィス
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ