PROJECT
PROJECT2023.01.17

新大江の住宅 / NKS2アーキテクツ

立体的に寄り添う3世帯のコレクティブハウス

(English below)

住宅地に建つ3姉妹とその家族のための3世帯コレクティブハウスである。
2世帯は夫婦と子どもの標準的核家族、1世帯は単身という組み合わせは、各世帯のためのプライベートな個室群と開放的で融通の利く共用室をどのように組み合わせるかということが課題となった。
比較的広い敷地を生かして庭の緑を南側の公園へと連続させるため、建物は北側に寄せてコンパクトに建てることにした。建物全体は薄肉ラーメンの架構で包み込み、その中にまず筒状の3人の個室をそれぞれ確保した。個室によって切り取られた残りの部分が共用室となり、そこに天井高や外部とのつながりが異なるいくつかの場所を設定している。3つの個室は共用空間へ直接の出入口をもつが、1階の2つの個室は独立した玄関ももっている。
宙に浮く単身用の3階個室は、将来は子ども部屋などとしても活用されることだろう。現代的な大家族の暮らしが、ここでどのように展開してゆくのかまだ想像もつかないが、広い南側の庭へとつながる共用室のあちこちで同時多発的にアクティビティが生まれ、木質型の素材で包み込まれた立体的な空間が家族のアイデンティティを育んでくれることを願っている。(末廣香織、末廣宣子)

Collective house of 3 families who snuggle up three-dimensionally

A collective house for three sisters and their individual families. The design issue was how to combine the three protected private rooms and widely open common spaces. To keep clear to the south garden, the three-story volume is situated on the north side of the site. Within the simple rectangular shape building of the thin concrete frame, there are three private rooms of the tube-like structure. They define the rest as the common space, in which there are several different conditions according to the floor level, ceiling height, and the relationship to the outside. While each private room has its own door to the common space, two of them on the ground level have their own entrance also for their private use. The hanging room designed for a single person might be used for the kid’s room in the future. The ever-shifting lifestyle of the contemporary extended family is unpredictable. However, the three-dimensional common spaces will house the simultaneous activities. It will foster the identity of the family. (Kaoru Suehiro, Noriko Suehiro)

【新大江の住宅】

所在地:熊本県熊本市
用途:共同住宅・集合住宅
クライアント:個人
竣工:2004年

設計:NKS2アーキテクツ
担当:末廣香織、末廣宣子、西井 励
構造設計:桃李舎
設備・電気設計:シード設計社
照明設計:LIGHT PLAN
衛生・空調・電気:新星電気
外構設計:デザインネットワーク
厨房機器:木季工房
施工:増永組

撮影:Kouji Okamoto

工事種別:新築
構造:RC造
規模:地上3階
敷地面積:618.10m²
建築面積:157.55m²
延床面積:340.92m²
設計期間:2002.10-2003.10
施工期間:2004.03-2004.09

【3 bundled tubes】

Location: Kumamoto-shi, Kumamoto, Japan
Principal use: Housing complex
Client: Individual
Completion: 2004

Architects: NKS2 Architects
Design team: Kaoru Suehiro, Noriko Suehiro, Tsutomu Nishii
Structure engineer: Tourisha
Equipment, electrical design: Seed Sekkeisha
Lighting design: LIGHT PLAN
Sanitation, Air Conditioning, Electricity: Shinsei
Exterior design: DESIGN NETWORK ASSOCIATES
Furniture: Kiki Koubou
Contractor: Masunagagumi

Photographs: Kouji Okamoto

Construction type: New Building
Main structure: Reinforced Concrete construction
Building scale: 3 stories
Site area: 618.10m²
Building area: 157.55m²
Total floor area: 340.92m²
Design term: 2002.10-2003.10
Construction term: 2004.03-2004.09

Other works

PROJECT2023.01.17

銘建工業本社事務所 / NKS2アーキテクツ

菱組が一体空間を構成する木質構造材企業のオフィス
CULTURE2022.12.04

福岡・博多にイマーシブシアターを有するエンタメと食の複合施設〈010 BUILDING〉が開業

建築・デザインはクラウズ・アオ、NKS2アーキテクツ、中原拓海建築設計事務所が参画
CULTURE2022.07.16

〈NOT A HOTEL FUKUOKA〉2023年夏 福岡に竣工予定

NOT A HOTEL初の都市型コンドミニアム。⼩⼭薫堂監修、axonometric+NKS2 architectsが設計、インテリアを小坂竜 / A.N.D.が担当
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ