CULTURE

福岡・博多にイマーシブシアターを有するエンタメと食の複合施設〈010 BUILDING〉が開業

建築・デザインはクラウズ・アオ、NKS2アーキテクツ、中原拓海建築設計事務所が参画

CULTURE2022.12.04

福岡・博多の那珂川沿いに、食とエンターテイメントを融合させて新たな体験を提供する文化複合施設〈010 BUILDING〉(ゼロイチゼロ ビルディング)が12月1日に開業しました。
昨今、世界的にエンターテイメントの主流となりつつある、イマーシブシアター(Immersive Theater)を内包、こだわりの飲食店も入居し、福岡のリバーフロントから新たなエンターテイメントとカルチャーを発信していく計画です。

010 BUILDING(ゼロイチゼロ ビルディング)外観イメージ

竣工前に公開された外観パース ©︎ Clouds Architecture Office

施設の運営を担うのは、福岡・博多に本社を構え、映像制作、アートキュレーション、イベント企画・運営、空間演出・デザインなどを事業とするZero-Ten(代表:榎本二郎)。同社は、2021年9月に開業した〈天神ビジネスセンター〉において、館内の常設アート作品の選定・設置を担当しています。

010 BUILDING(ゼロイチゼロ ビルディング)外観イメージ

竣工前に公開された外観パース ©︎ Clouds Architecture Office
エントランスのスカーレットレッドが大人の夜を演出

建物のデザインアーキテクトは、米国・ニューヨークに拠点を構えるクラウズ・アオ(CLOUDS AO: Clouds Architecture Office)が担当(同事務所のファウンダーの1人、曽野正之氏は、『TECTURE MAG』のニュースで何度か取り上げている、セレンディクスの3Dプリンターハウス〈Sphere(スフィア)〉のプロトタイプの建築デザインを担当している)
博多のリバーフロントにお目見えした〈010 BUILDING〉では、螺旋状の外装が特徴的。この地に突如発生したトルネードをイメージしたデザインで、エネルギッシュで、見る物に強い印象的を与えます。

010 BUILDING(ゼロイチゼロ ビルディング)外観

Photo: TEAM TECTURE MAG

建物の設計監理と、注目のイマーシブシアターの内装デザインは、福岡に拠点を構える2つの設計事務所、NKS2アーキテクツと中原拓海建築設計事務所が共同で手がけました。
建築・デザインの領域で参画した設計事務所のプロフィールと本プロジェクトの担当エリアは以下の通りです。

クラウズ・アオ(CLOUDS AO: Clouds Architecture Office)

クラウズ・アオ(CLOUDS AO)

クラウズ・アオ(左から、曽野祐子氏、オスタップ・ルダケヴィッチ氏、曽野正之氏)

〈010 BUILDING〉デザインアーキテクト
設計・デザイン・リサーチ分野の知見を統合する創造性に焦点をあてた活動を目的に、曽野正之、曽野祐子、オスタップ・ルダケヴィッチの3氏が2010年にニューヨークにて設立。理念と知覚体験をベースとした設計手法と徹底したプロセス重視のアプローチにより、住宅、公共施設、パブリックアートから宇宙建築に至る幅広い設計を手掛ける。
アメリカ建築家協会、ニューヨーク市、アメリカ航空宇宙局(NASA)からの贈賞実績がある。
https://cloudsao.com/


NKS2アーキテクツ

NKS2 Architects

NKS2アーキテクツ(左から、末廣香織氏、末廣宣子氏、佐藤寛之氏)

〈010 BUILDING〉エグゼクティブアーキテクト、2-3Fのシアターをデザイン。
福岡を拠点とする一級建築士事務所。1995年に末廣香織(すえひろ かおり)と末廣宣子(すえひろ のぶこ)によりNKSアーキテクツ設立。2020年に佐藤寛之(さとう ひろゆき)がパートナーとして参画し、NKS2アーキテクツに改組。
“しなやかな構造”をテーマに、特徴ある個人住宅をはじめオフィス、クリニック、庁舎、学校、保育園、客船ターミナルなど、公共から民間までさまざまな建築・プロジェクトを手掛ける。〈銘建工業本社事務所〉で日本建築学会作品選奨を受賞。
https://nksarc.com/


建築家 / 中原拓海

中原拓海 近影

〈010 BUILDING〉エグゼクティブアーキテクト、2-3Fのシアターをデザイン。
1987年福岡県生まれ。2013年九州大学大学院終了後、隈研吾建築都市設計事務所に入社。名古屋の〈御園座〉(2017)、UR都市機構による〈洋光台団地〉の中央広場大規模改修(2018)、京都の新風館改修(Ace Hotel 京都を含む、2020年)などのプロジェクトを担当。2020年に独立し、中原拓海建築設計事務所を地元・福岡に設立、主宰。同年に九州大学大学院BeCATの設計助手に就任。2022年8月に福岡市天神に開通した因幡町通り地下通路(yHa architects)の内装設計を担当。
https://tnakahara-archi.com/

010 BUILDING(ゼロイチゼロ ビルディング)外観

Photo: TEAM TECTURE MAG

010 BUILDING(ゼロイチゼロ ビルディング)内観

Photo: TEAM TECTURE MAG

〈010 BUILDING〉フロア構成

1F レストラン「GohGan」
福岡・佐賀版ミシュランガイドで星付きレストランに選ばれた[ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ナチュール・ゴウ]のオーナーシェフで、「アジアベストレストラン50」にも度々選出されているシェフ・福山 剛氏と、「アジアベストレストラン50」で4度の1位を獲得している、バンコクのインド料理店[ガガン アナンド]のオーナーシェフであるガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏がタッグを組み、初めてオープンする実店舗。オープンキッチンを有したイノベーティブなレストラン(室内54席+テラス席19席)

シェフ&バーテンダー

人物・左側から、ガガン・アナンド氏、福山 剛氏、金子道人氏

2F「BAR 010(バー ゼロイチゼロ)」
バーテンダー世界大会「WORLD CLASS 2015」でBARTENDER OF THE YEARに選ばれている、バーテンダーの金子道人氏がプロデュースする、本格カクテルを楽しめるバー。店舗の運営は、地元中洲で人気の「バー シャルジェ(La Barre Charager)のオーナーバーテンダー池田繁樹氏が担当。深夜はDJ BARとなる。
店内のカウンターテーブルや頭上に見られるリボンの意匠は、”福岡トルネード”をイメージした建物の外観よりインスパイアされたもの。かつ、ビルに入居する複数の店舗をつなぐ役割でありたいという意味が込めている。

〈010 BUILDING〉(ゼロイチゼロ ビルディング)

2F「BAR 010(バー ゼロイチゼロ)」内観イメージ

〈010 BUILDING〉Bar

金子道人氏の代表作カクテル「Colorless カラーレス」

2F「THEATER 010」
3F「THEATER 010 VIP」

英国ロンドン、米国ニューヨークで最もエクスクルーシブなナイトクラブ[THE BOX]を手掛けるクリエイティブ集団・OTBA(Outside The Box Amusements)がプロデュースするショーが日本に初上陸。体験型エンターテインメントを提供するイマーシブシアターでのショーの監修を担当する(アジアでは初)。2層吹き抜けの空間で、観客はショーを見ながら、1Fレストランから提供される料理と酒類を楽しめる。

イマーシブシアター「THEATER 010」

イマーシブシアター「THEATER 010」イメージ

3F「Goh」
福山剛氏が西中洲で20年営んだ店舗[La Maison de la Nature Goh]を閉め、2023年1月11日に〈010 BUILDING〉に移転オープン。メニューも一新される。ひとつの大きなテーブルで、みんなが料理を楽しむターブル ドットスタイルを採用。コース料理とドリンクのペアリングのほか、シェフのプレゼンテーションによって訪れた人に特別な空間と時間を提供するレストランとなる。

〈010 BUILDING〉(ゼロイチゼロ ビルディング)メニュー

施設コンセプト​

〈010 BUILDING〉は、国や文化の枠を超えたコラボレーションを通じて、福岡をより文化的な都市にアップデートすることを目指して誕生しました。アートやエンターテイメントがもっと日常的なものになるように、これまでにない体験を提供するため、世界で活躍する才能豊かなシェフとバーテンダーが、福岡の地から新しいカルチャーを発信します。
施設内の飲食店とシアターの利用は完全予約制。公式ウェブサイトにて受け付けています。

010 BUILDING(ゼロイチゼロ ビルディング)外観

Photo: TEAM TECTURE MAG

010 BUILDING(ゼロイチゼロ ビルディング)ロゴ

〈010 BUILDING〉施設概要

読み:ゼロイチゼロ ビルディング
所在地:福岡県福岡市博多区住吉1丁目4-17(Google Map
規模:地上3階
敷地面積:約974.18m²
延床面積:約1,238.18m²
構造・規模:鉄骨造
デザインアーキテクト:Clouds AO(クラウズ・アオ)
エグゼクティブアーキテクト・設計監理・シアターデザイン:NKS2 architects+中原拓海建築設計事務所

010 BUILDING 公式ウェブサイト
http://www.010bld.com

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

博多・天神 TOPICS

FEATURE2022.01.07

【重松象平特集】天神ビジネスセンター大解剖

OMA NYを率いる建築家が地元・福岡で手がけた大型プロジェクト
PRODUCT2022.06.22

上質な空間を短期間で創出するアイカ工業のメラミン不燃化粧板

天神地下街コンコース改修で大面積・コスト減・工期短縮を実現した「セラール セレント」採用ストーリー
CULTURE2022.06.02

天神ビッグバン・福ビル街区建替プロジェクト概要

NAP建築設計事務所が内装を手掛けるホテルが最上階に2025年春開業予定
CULTURE2020.07.08
書店時代の土地の記憶と想いをアーカイブするホテル〈BUNSHODO HOTEL〉が福岡・博多駅前にオープン
PROJECT2020.07.26

JINSキャナルシティ博多店 / スタジオモブ

小さなメガネをおさめるためのグリッドを空間全体に展開させた店舗
CULTURE2020.08.22
芦沢啓治内装設計による〈ナインアワーズ博多駅〉9月14日に開業、ナインアワーズ初のスマートチェックインシステムを導入
CULTURE2021.09.26
ガンダム、福岡に立つ! 2022年春開業予定の〈ららぽーと福岡〉に実物大立像「RX-93ff νガンダム」を建設
BUSINESS2022.04.05

松下産業〈STONES博多〉オープン

磯崎建築の記憶を留める"石のショールーム"を飯島直樹氏がデザイン
BUSINESS2022.04.15

〈maruni fukuoka by weeks〉が博多にオープン

マルニ木工初のパートナーシップ店、ウィークスがセレクトする照明やラグなどとあわせて住空間を提案
BUSINESS2022.05.17

アダルが福岡と東京の拠点をリニューアル

BtoB向けライブオフィスとショールーム「ADAL CREATIVE PLACE」をオープン
BUSINESS2022.08.03

サンワカンパニー福岡ショールームが移転、オープン

山路哲生建築設計事務所が展示空間の設計を担当
BUSINESS2022.11.08

インターオフィスの福岡支店・ショールームがオープン

二俣公一氏が設計、"ショーケース"展示はデンマークブランドのMuuto(ムート)をピックアップ

福岡県 TOPICS

CULTURE2022.03.26

国営 海の中道海浜公園が"泊まれる公園"に

〈INN THE PARK 福岡〉や各種アクティビティがオープン!
CULTURE2022.11.23

藤本壮介氏が太宰府天満宮の仮殿を設計

屋根に“森”を出現させるデザイン、2023年5月完成から3年限定で使用

クラウズ・アオ(CLOUDS AO)TOPICS

PRODUCT2021.02.02

3Dプリンタで30坪300万円の住宅をつくる!

セレンディクスパートナーズがプロジェクト概要を発表
PRODUCT2022.02.03

10m²300万円の3Dプリンタ住宅 10棟を販売

クラウズ・アオの曽野正之氏がデザイン、日米中蘭4カ国の企業が共同設計に参加
PRODUCT2022.03.14

計24h以内で施工可能な3Dプリンタ住宅

グランピング、別荘、災害復興住宅向けにセレンディクスが限定販売

NKS2アーキテクツ TOPICS

CULTURE2022.07.16

〈NOT A HOTEL FUKUOKA〉2023年夏 福岡に竣工予定

NOT A HOTEL初の都市型コンドミニアム。⼩⼭薫堂監修、axonometric+NKS2 architectsが設計、インテリアを小坂竜 / A.N.D.が担当
PROJECT2023.01.17

新大江の住宅 / NKS2アーキテクツ

立体的に寄り添う3世帯のコレクティブハウス
PROJECT2023.01.17

銘建工業本社事務所 / NKS2アーキテクツ

菱組が一体空間を構成する木質構造材企業のオフィス

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 福岡・博多にイマーシブシアターを有する新しいエンタメと食の複合施設〈010 BUILDING〉が開業、建築はクラウズ・アオ、NKS2アーキテクツ、中原拓海建築設計事務所が参画
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ