CULTURE

OMA's <11th Avenue Bridge Park> progresses and introduces the latest image

OMAの〈11番街ブリッジパーク〉が進展、最新画像を紹介

CULTURE2020.07.18

OMAより、TECTURE MAGのPROJECTコーナーで紹介した〈11th Street Bridge Park | 11番街ブリッジパーク〉について、首都計画委員会の承認を受けたという知らせを受けました。
合わせて、最新の画像が届きましたので、紹介します。
(jk)

From the OMA, the 11th Street Bridge, which we introduced in our Projects section, has just received word that it has been approved by the National Capital Planning Commission (NCPC).
In conjunction with this, we have received the latest images of the project.

(OMAのリリースより)
OMAは、ランドスケープ・アーキテクトのOLIN、構造エンジニアのWRA、および11番街ブリッジパーク設計チームのほかのメンバーとともに、11番街ブリッジパークの予備計画を完成させました。この計画は4月初めに国家首都計画委員会(NCPC)によって審査され、承認されました。ブリッジパークはまた、米国美術委員会からも好意的なフィードバックを受けており、この秋には委員会全体へのプレゼンテーションを計画しています。OMAは2014年に造園家のOLINとともに国際デザインコンペで最優秀に選定されて以来、地区交通局、非営利団体Building Bridges Across the Riverのほか、複数の機関や利害関係者と協力して橋のデザインの開発と改善に取り組んできました。
OMAのパートナーであるジェイソン・ロングは次のように述べています。「逆説的には互いに孤立しているが、共通の原因で結ばれている時代にあって、私たち全員が共有し、健康に役立つ公共空間がこれまで以上に重要になってきています。私たちの仕事は、アナコスティア川と一体となった新しい市民空間の創造と、それがワシントンDCのすべての人の場所となるように公園のプログラムを洗練させることに焦点を当ててきました」。
OMAはパートナーのハリー・ボイスのリーダーシップのもと、OLINとのコラボレーションを継続し、ブリッジパーク全体のプログラムスペースだけでなく、素材感やランドスケープデザインにも磨きをかけてきました。OMAとOLINはまた、構造エンジニアのWRAとデロン・ハンプトンと緊密に協力し、橋の構造と設計を進めてきました。アナコスティア流域協会などの主要なステークホルダーは設計チームと協力して、エクセロン環境教育センターを含むブリッジパークの主要なプログラムスペースの設計を改善してきました。
OMAアソシエイトのユセフ・アリ・デニスは、「このプロジェクトは、主要なステークホルダーとコミュニティの努力なしには実現しなかったでしょう。彼らのコメントやフィードバックが、橋の全体的なデザインから具体的なプログラムや機能に至るまで、本当に橋をかたちづくってくれました。この規模と重要性の高いプロジェクトには、このような幅広い協力と協力が必要でした」と述べました。
〈11番街ブリッジパーク〉は2021年に建設が開始される予定で、長い間分断されていた街を1つにするための共同の集会所となる予定です。NCPCの報告書が指摘しているように、「公園はコミュニティの接続性を高め、利用者の体験を向上させ、市民と地域の利用を促進する歓迎され、活気に満ちた空間を創出する」ものです。このプロジェクトは、橋を目的地、つまり川の上の公園とし、緑の空間へアクセスすることにより身体活動を大幅に促進し、社会資本を構築する、アメリカの首都で初めての公共空間となるでしょう。

〈11番街ブリッジパーク〉プロジェクトクレジット
パートナー:ジェイソン・ロング
アソシエイト:ユセフ・アリ・デニス
チーム:ティトゥアン・シャプーイ、アリレザ・ショジャカーニ、王奕雄、ゴンサロ・サマニエゴ

造園家:OLIN
構造・土木エンジニア:WRA、デロン・ハンプトン
MEPFP:セッティ
コミュニティ・アウトリーチ・アドバイザー:ARCHディベロップメント
音響コンサルタント:スレッショルド・アコースティクス
照明デザイナー:MCLA
レンダリング:Luxigon

(From OMA release)
OMA / Jason Long’s 11th Street Bridge Park Receives Approval from The National Capital Planning Commission
April 21, 2020 – Washington, D.C. – OMA, together with landscape architects OLIN, structural engineers WRA and other members of the 11th Street Bridge Park design team, have completed preliminary plans for the 11th Street Bridge Park. The plans were reviewed and approved by the National Capital Planning Commission (NCPC) at the beginning of April. The Bridge Park also received positive feedback from the U.S. Commission of Fine Arts and is planning a presentation to the full Commission this Fall. Since winning the international design competition together with landscape architects OLIN in 2014, OMA has been working with the District Department of Transportation, non-profit Building Bridges Across the River as well as multiple agencies and stakeholders to develop and improve the bridge design.
Jason Long, OMA Partner, said—“At a time when we are paradoxically isolated from one another but united in a common cause, public spaces that we all share and that benefit health have become more important than ever. Our work has focused on creating a new civic space that engages with the Anacostia River and refining the program for the park to ensure it will be a place for everyone in DC.”
OMA has continued its collaboration with OLIN under the leadership of partner Hallie Boyce as they refine the program spaces as well as materiality and landscape design across the Bridge Park. OMA and OLIN have also been working closely with structural engineers WRA and Delon Hampton to advance the bridge structure and design. Key stakeholders such as the Anacostia Watershed Society have worked together with the design team to refine the design of the major programmatic spaces at the Bridge Park, including the Exelon Environmental Education Center.
Yusef Ali Dennis, OMA Associate, said – “This project would not have been possible without the efforts of key stakeholders and the community. Their comments and feedback truly shaped the bridge, from its overall design to its specific programs and features. It’s only fitting that a project of this size and importance has required such broad cooperation and collaboration.”
The 11th Street Bridge Park is slated to begin construction in 2021 and will create a communal gathering place to unite a long-divided city. As the NCPC report points out; “the park will increase community connectivity and create welcoming and vibrant spaces that enhance the user experience and foster civic and local uses.” This project will be the first public space in the nation’s capital that will make a bridge a destination—a park above the river—where access to green spaces can significantly encourage physical activity while building social capital.

<11th Street Bridge Park> Project Credits
Partner: Jason Long
Associate: Yusef Ali Dennis
Team: Titouan Chapouly, Alireza Shojakhani, Yiyao Wang, Gonzalo Samaniego

Landscape Architect: OLIN
Structural & Civil Engineer: WRA, Delon Hampton
MEPFP: Setty
Community Outreach Advisor: ARCH Development
Acoustics Consultant: Threshold Acoustics
Lighting Designer: MCLA
Rendering: Luxigon