CULTURE

隈研吾建築都市設計事務所がフランスで設計したサン・モーリス大聖堂の保護プロジェクト〈La Galilée de Saint-Maurice d'Angers〉

CULTURE2021.11.11

〈La Galilée de Saint-Maurice d’Angers〉は、隈研吾建築都市設計事務所がフランス、アンジェにあるサン・モーリス大聖堂の歴史ある扉を保護するため設計した、ギャラリーの計画です。

(以下、隈研吾建築都市設計事務所によるテキストを抄訳)

La Galilée de Saint-Maurice d'Angers / 隈研吾建築都市設計事務所

© Kengo Kuma & Associates

サン・モーリス大聖堂では近年、中世(12世紀)から近代(17世紀)にかけての貴重な多色刷りの彫刻が発見されました。
12世紀につくられた扉は、中世の典型的なマルチカラーストーンによって表現されています。そしてこれらは、新しい構造物でなければ、持続的に保護することはできません。

La Galilée de Saint-Maurice d'Angers / 隈研吾建築都市設計事務所

© Kengo Kuma & Associates

私たちの挑戦は、中世の建築遺産を保護しながら、現代的な創造物との調和のとれた対話を生み出すことでした。そこで私たちは、中世の建築家の立場に立ち、コンパスを用いるという規制の枠組みを用いることで、統一感のあるプロポーションを生み出したいと考えました。

これらはすべて、可能な限り最高級の石材加工を用いて実現されており、その結果、石切りでつくられた大聖堂の厚い壁から解放されています。
この技術的なプロセスが、建築の歴史の一部であると同時に、建物に現代的な感覚をもたらしているのです。

La Galilée de Saint-Maurice d'Angers / 隈研吾建築都市設計事務所

© Kengo Kuma & Associates

プロジェクトチーム:河原田千鶴子、Elise Fauquembergue、Carla Beaujard、神谷大道
ヘリテージアーキテクト:Vincent Brunelle、Martin Brunelle
総合エンジニアリング、積算担当:BETEM Atlantique- Jean-François Renaud、Boris Rombolotto
照明デザイナー:8’18” concepteurs et plasticiens lumière- Emmanuelle Sebie, Line Muckensturm

以下は、隈研吾建築都市設計事務所のリリース文です。

La Galilée de Saint-Maurice d’Angers

Réalisation d’un ouvrage de protection du portail occidental de la Cathédrale Saint-Maurice d’Angers, France
2020 – 2024
147m²

We were asked to design a contemporary gallery to protect the western portal of Angers Cathedral, where
precious polychromatic sculptures from medieval (12th century) and modern (17th century) periods were recently discovered.
The uniqueness of this portal, dating from the 12th century, is represented by these multi-coloured stone relics typical of the Middle Ages,
and only a new construction will be able to preserve it sustainably.
Our challenge was to create a harmonious dialogue between a contemporary creation whilst preserving Middle-Age architectural heritage.
We wanted to put ourselves in the shoes of the builders of the Middle Ages and to create a regulatory framework, using compasses, thus generating the proportions which lead to unity.
All this is achieved using the finest stone processes possible which then frees itself from the thick walls of the cathedral built in stereotomy.
It is this technical process that creates a contemporary feeling to the building, while remaining part of the history of architecture.

Project team: Chizuko Kawarada, Elise Fauquembergue, Carla Beaujard, Hiromichi Kamiya
Heritage architect: Vincent Brunelle, Martin Brunelle
General Engineering, Quantity surveyor: BETEM Atlantique- Jean-François Renaud, Boris Rombolotto
Lighting designer: 8’18’’ concepteurs et plasticiens lumière- Emmanuelle Sebie, Line Muckensturm

隈研吾建築都市設計事務所〈La Galilée de Saint-Maurice d’Angers〉(公式HP)

https://kkaa.co.jp/works/architecture/la-galilee-de-saint-maurice-dangers/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

隈 研吾 関連記事

FEATURE2021.07.01

[Movie] Quick report: Nabeshima Shoto Park Toilet by Kengo Kuma

【動画レポート】隈研吾が語る「多様性の時代、森の時代のトイレ」
FEATURE2021.04.22
旭川家具産地の東川町が隈研吾氏との連携プロジェクト「サテライトオフィス群+デザインミュージアム」建設計画などを「椅子の日」に発表
CULTURE2021.06.03
隈研吾デザイン監修「宇都宮駅東口交流拠点施設」2022年11月オープン
CULTURE2021.06.26
隈研吾デザイン監修のCLTパビリオンが国立公園蒜山へ移築、新名称「風の葉」として7/15開業
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 隈研吾建築都市設計事務所が設計したサン・モーリス大聖堂の保護プロジェクト〈La Galilée de Saint-Maurice d’Angers〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ