CULTURE

自然の中に点在する黄色い屋根のコワーキングスペース

セルガスカーノが設計した 既存建造物を自然に返すプロジェクト〈HolLA〉

CULTURE2022.09.09
〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

アメリカ・ハリウッドに建つ〈HolLA〉は、自然に囲まれたワークプレイスを提供するコワーキングスペースです。既存建築の地下構造物を残し、その上に土を敷き詰め、60棟の楕円形のオフィスとさまざまな植物が配置されています。

ロンドン、リスボン、ロサンゼルスにてコワーキングスペースを展開するセカンドホーム(Second Home)のために、スペインのマドリードを拠点に活動する建築事務所セルガスカーノ(Selgascano)が設計しました。

(以下、Selgascanoから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

建設された環境を自然に返すプロジェクト

〈HolLA〉は、イースト・ハリウッドの90,800ft²(約8435m²)の敷地に建っている。敷地に残る2つの既存建物のうち、ロサンゼルスで活躍した建築家ポール・ウィリアムズが1964年に設計した2階建ての建築を維持したまま計画された。

新植民地主義のロサンゼルスらしいクラシカルな外観をもつ既存棟は、メインエントランスとして使用されている。この既存棟は、1階に320席のローミングスペース、2階に200席のワークスペースを持つオフィスがあり、建物の周囲にはカフェ、バー、レストラン、イベント&カンファレンスホール、休憩スペース、オープンテラスなどの共用施設が設けられている。

〈HolLA〉

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

もう1棟は解体され、残された地下駐車場の上に、700人が利用可能な庭園に囲まれた60の楕円形の個人オフィスと会議室を新たに配置した。駐車場のスラブの上に4ft(約1.2m)の土を盛り、それぞれ大きさの異なる4種類の楕円形のオフィスが60棟点在している。

透明な曲面の壁からは、360度に植物を眺めることができ、自然の中で仕事をしているような感覚を味わうことができる。

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

このプロジェクトでは、内部空間はほとんど目立たず、ロサンゼルスの生活スタイルの真髄である外部空間がメインとするため〈HolLA〉では、オフィスの中に庭を持ち込むのではなく、庭にオフィスを持ち出した。

この庭には1万本以上の草木が植わり、さまざまな蝶やアリ、ハチ、リス、そして人間がともに生活している。庭を通り抜ける木とコンクリートの道が、一年中花が咲き乱れる散策路として利用されている。

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉は、人間以外の生物と共存を目指すオフィスワーカーのための試みである。

植物が気温を下げ日陰を提供し、透明なファサードにより人工照明を使わずとも明るい空間となり、配置された3つの開口部によって自然換気が行われる。

敷地内の水はすべて合計37,000ガロンの容量をほこる2つの貯水槽に集められ、灌漑用水として使用される。

〈HolLA〉は建設された環境を自然環境に戻した、歴史的にも数少ない民間開発の1つである。

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

©︎ Iwan Baan

〈HolLA〉

Ground Level Plan

〈HolLA〉

Upper Level Plan

〈HolLA〉

Section

〈HolLA〉

Landscape

〈HolLA〉

Bungalow detail

〈HolLA〉

Bungalow Structure

以下、Selgascanoのリリース(英文)です。

HolLA
Second Home Offices in Hollywood

holLA, a California Cocktail:

The new Second Home in Hollywood, holLA, is a collection of several recipes and ingredients of a California Cocktail. HolLA lays in East Hollywood on a 90,800 square feet site with two existing buildings, of which we have to maintain one with two floors, designed in 1964 by Paul Williams, the first recognized African-American architect working in Los Angeles. This building has a classical Neocolonialism Los Angeles look and is used as a core and main entrance for the whole Campus. In this existing building 320 roaming places are located in the ground floor and additional offices with 200 workspaces are in the firs floor, with common facilities such as café, bar, restaurant, events and conference hall, resting areas and open terraces, all around the building.

The other one is demolished and, on top of the existing underground parking, a 60 new oval-shaped individual offices and meeting rooms are placed surrounded by a garden that will be the Second Home for almost 700 people. Four different oval shapes create the 60 bungalow offices of 4 different sizes, that are scattered around the garden built with 4 feet of soil on top of the parking slab, burying the bungalows down to the table height. The transparent curved walls allow 360o horizontal views of the plants, giving the feeling to be working among nature.

The interior spaces in this project go pretty much unnoticed and the main focus is outdoors, which is quintessential to the living style in Los Angeles. In Second Home Hollywood, instead of bringing the garden inside the office, we have brought the office out to the garden. 60 one level stand-alone offices in the garden of a Paul Williams building. Offices (pots) surrounded by planters (plant pots). Over 10,000 plants and trees, many butterflies, ants, bees, squirrels… and humans inhabit these pots. The wooden and concrete paths break through the garden with plants in both sides, as a stroll through yearlong flowers.

“If you want to make the world a better place, take a look at yourself, and then make a change”. Second Home Hollywood is an experiment for the average office worker: co-exist daily with living things other than humans. This approximation to nature is not the only step towards a more sustainable living: plants reduce the temperature and provide shade; the clear façade eliminates the necessity of artificial lighting and has 3 operable openings for natural cross-ventilation; all the water at the site is collected in two cisterns totaling 37,000 gallons of storage capacity to be used for irrigation.

Second Home Hollywood has replaced 90,800 square feet of hardscape for 70,000 square feet of landscape. What previously was a parking lot is now a garden. It is one of the few private developments in history in which the footprint of the built-environment has been returned to natural-environment.

Los Angeles 2019.

Location: Los Angeles, California
Design years: from to 2015 to 2017
Construction years: from to 2017 to 2019
Architect: Selgascano
Principal(s) in charge: José Selgas, Lucía Cano
Project team: Diego Cano-Lasso, María Levene, Inés Olavarrieta, Paolo Tringali, Sixto Cordero, Víctor Jiménez, Sara Ouass, Pilar Cano-Lasso, Catalina Vázquez, Juan José Muñoz Muñoz, Julian Ocampo, Juan Saez Pedraja
Client: Second Home

Consultants:
Structural engineer: Walter P.Moore
Mechanical engineer: Henderson Engineers INC
Interior designer: selgascano
Landscape architect: Selgascano / Second Home
Civil Engineer: KPFF Consulting Engineers

Others:
General contractor: Swinerton / Second Home USA
Program: Coworking offices
Structural system: Mixed: CLT, concrete, and steel
Major materials: Acrylic, glass, CLT, concrete and steel
Site area: 90854 SF
Building area: 40340 SF
Total floor area: 67520 SF
Cost of construction: 20 mill dollars
CLT: Structurlam (Canada)
Yellow Roofing: Sika (USA)
Doors and Windows: Talleres Cejuela (Spain)
Curved Acrylic: Piedmont Plastics (USA)
Interior Carpentry: Korte (Latvia)
Outdoor Carpentry: Loga Woodwork (USA)
Gardening: Fresno Landscapes (USA)
Specialty concrete: Juan Santiago (Mexico)
Carpet: Xibeo (USA)
Chairs: Modernica (USA), Howe (UK), Sillas Acapulco CDMX (Mexico)
Lamps: Doctor Cato (Spain)

Selgascano 公式サイト

http://www.selgascano.net/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

アメリカ 関連記事

CULTURE2022.03.07

3Dプリント×木造のバイオフィリックな住空間

建設テクノロジー企業ICONの最新3Dプリント住宅プロジェクト〈House Zero〉
CULTURE2021.11.19

BIG Designs 100 3D Printed Homes in the US, How Will the Housing Industry and Residential Landscape Change?

BIGが3Dプリント住宅100軒をアメリカで設計!住宅業界と住宅地の風景はどう変わる?
CULTURE2022.05.20

「龍の鱗」を備えたサステナブルなGoogle新社屋

BIGとヘザウィックスタジオが設計した、建設とワークプレイスの未来をつくる〈Google Bay View〉
CULTURE2022.01.11

歴史ある映画館を再生した荘厳なアップルストア

フォスター アンド パートナーズが設計した〈Apple Tower Theatre〉
CULTURE2022.07.26

歴史ある駅の失われた姿を取り戻すリノベーション

SOMが設計したニューヨークのペン・ステーションの拡張計画〈モイニハン・トレインホール〉
CULTURE2022.01.12

緑が通り抜ける建築と自然の間のような空間

フォスター アンド パートナーズが設計した緑あふれるアップルストア〈Apple at The Grove〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 自然の中に点在する黄色い屋根のコワーキングスペース、セルガスカーノが設計した 既存建造物を自然に返すプロジェクト〈HolLA〉アメリカ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ