CULTURE

藤本壮介氏が太宰府天満宮の仮殿を設計

屋根に“森”を出現させるデザイン、2023年5月完成から3年限定で使用

CULTURE2022.11.23

福岡の太宰府天満宮の本殿が、124年ぶりに大改修されるのに際し、改修期間に建てられる「仮殿」のデザインと設計を、藤本壮介建築設計事務所が担当することが11月22日に発表されました。仮殿は来年2月に着工し、約3カ月半で完成する予定です。

平安時代の朝廷で活躍し、左遷先の太宰府で没した菅原道真(845-903)を祀り、創建は西暦900年初頭(延喜年間)に遡る太宰府天満宮。現在の本殿は、約430年前に筑前国主を務めた小早川隆景(15633-1597)が1591年(大正19)に再建したもので、桃山時代の豪壮華麗な様式を伝え、国の重要文化財に指定されています。

太宰府天満宮 本殿

太宰府天満宮 本殿外観

2023年5月中旬から本格的に始まる本殿の大改修では、檜皮の葺替え、漆塗りなどを中心に、防災工事も含めた工事が行われる予定で、これほどの規模での改修は、再建以来初とのこと。
このため、藤本氏の設計により仮殿が建設され、約3年のあいだ使用されます(仮殿遷座祭が執り行われた後、仮殿にて神事や参拝受付を行う)。斎場は現在の本殿と変わらない広さになるとのこと。

太宰府天満宮 本殿改修

太宰府天満宮 本殿における前回(1990年)の檜皮葺替えの様子

太宰府天満宮 本殿改修

太宰府天満宮 本殿における前回(1990年)の檜皮葺替えの様子

本殿改修工事スケジュール

2022年(令和4)11月22日:仮殿 完成図 披露
2023年(令和5)2月初旬:仮殿着工
2023年(令和5)5月中旬:仮殿完成、御本殿改修工事着工
2026年(令和8):御本殿改修工事完了予定

建築家の藤本壮介氏によるデザインは、周囲の杜との調和を重視して、仮殿の屋根に木を植えるというもの。また、現在の本殿とは異なり、靴を脱がずに建物の中に入る仕様となります。スロープも設けられ、 年配者や子ども連れの参拝者にも配慮したユニバーサルな設計です。

太宰府天満宮 仮殿イメージ

太宰府天満宮 仮殿 内観イメージパース ©︎藤本壮介建築設計事務所

藤本壮介氏コメント

「太宰府天満宮周辺に広がる、豊かな自然が御本殿前に飛翔し、仮殿としての佇いをつくり上げることをコンセプトとしています。これは、太宰府に古くから残る、道真公を慕う梅の木が一夜のうちに太宰府まで飛んできた、飛梅伝説から着想を得たものです。

仮殿では、梅の木の他にも、天満宮周辺の植物が回廊内に軽やかに舞い、道真公の為の住まいの屋根を創りあげます。屋根の上の植物は、天満宮周辺の環境と共に、季節や天候によってさまざまな移ろいを見せることでしょう。

斎場内は、現代的なプロポーションと伝統的な空間が水平線上に広がり、御扉を中心とした祭壇が、森の影の中から印象深く映えることを意識しています。
内部に近づくと、ルーバー状の天井が曲面状に現れますが、これは御本殿の伝統的な垂木を踏襲しており、厳粛な空間を想起させることを期待しています。さらに内部に踏み入ると、斎場の天窓から美しい空と共に森が目に飛び込み、再び天満宮の豊かな自然を体全体で感じることができます。」

太宰府天満宮 仮殿イメージ

太宰府天満宮 仮殿イメージパース ©︎藤本壮介建築設計事務所

2019年(平成31)4月1日に第40代太宰府天満宮宮司に就任した西高辻󠄀信宏氏は、本殿改修を発表したプレスリリースにて「約3年間を要する大改修において、むしろ約3年間しかお参りをいただけない、令和の時代だからこその、魅力的で特別な仮殿を造りたいと、さまざまなプロジェクトで挑戦を続ける藤本壮介氏にデザイン・設計を依頼した」とコメントを寄せています。

太宰府天満宮
所在地:福岡県太宰府市宰府4丁目7-1(Google Map

公式ウェブサイト
https://www.dazaifutenmangu.or.jp/

SNS
https://twitter.com/dazaifutenmangu/
https://www.instagram.com/dazaifutenmangu.official/
https://www.facebook.com/dazaifutenmangu.official/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

藤本壮介建築設計事務所 TOPICS

FEATURE2022.09.27

藤本壮介インタビュー:響き合い進化するプロジェクト

現地視察から3カ月で〈NOT A HOTEL ISHIGAKI〉の基本デザインが決まるまで
CULTURE2022.07.13

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)ニュース

藤本壮介がデザインした大屋根(リング)の最新パースと万博会場内配置図を公開
CULTURE2021.10.27

10 Reasons to Visit the 〈House of Hungarian Music〉 designed by Sou Fujimoto in Hungary

藤本壮介がハンガリーに設計した〈House of Hungarian Music〉を訪れるべき10の理由
FEATURE2021.06.05

[Special Report] "SHIROIYA HOTEL"

藤本壮介、レアンドロ・エルリッヒらによる奇跡のコラボレーションで再生された〈白井屋ホテル〉現地レポート

宗教施設敷地内のプロジェクト TOPICS

PROJECT2020.04.27

Hakusangu Ashio-sha

白山宮 足王社 / AUAU建築研究所
PROJECT2020.10.22

乃木神社授与所 / イド

自然素材で統一感を出し、所作を明快に伝える授与所
CULTURE2020.11.21

原宿〈東郷記念館〉全面改修プロジェクト

フジワラボ+再生建築研究所 設計JVが設計、2022年春開業予定
CULTURE2021.04.15
隈研吾設計による「国宝記念館」建設支援を求めるクラウドファンディングを熊本の青井阿蘇神社が開始
CULTURE2021.05.09
比叡山延暦寺が大改修中の国宝・根本中堂のVRウォークスルーとAR体験アプリを無料公開
PROJECT2021.08.11

Buddhanimit Temple / Skarn Chaiyawat + 進藤理奈 + Wittee Wisuthumporn

新旧を共存させた 修行僧のための寮と共用施設
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 藤本壮介氏が太宰府天満宮の仮殿を設計、屋根に“森”を出現させるデザインで2023年5月完成予定
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ