CULTURE

空室だらけの高層ビルのカラフルな再利用

深圳の爆発的な成長期に建てられたビルを改修した MVRDVによる〈深圳女性児童センター〉

CULTURE2023.10.10
(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

〈深圳女性児童センター(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉は、中国の深圳における爆発的な成長期に建てられ、今では利用者のニーズを満たせない建物を再利用したプロジェクトです。同時期の他の建物も同じような状況になりつつある中で、先駆的な事例を示しています。

ホテルや図書館、講堂、児童劇場、ホールなど、女性や子どものための幅広い施設を擁するこの建物は、外装だけでなく内装においてもカラフルな要素が既存の設計を刷新しており、それぞれのカラーが利用者をナビゲートしつつ、子どもの遊び場のような雰囲気を醸し出しています。世界的に数多くのプロジェクトを手がけるMVRDVが設計しました。

(以下、MVRDVから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈深圳女性児童センター(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

深圳に訪れる「アダプティブリユースの波」の先駆的事例

MVRDVが設計を手がけた〈深圳女性児童センター〉が竣工し、古い雑居ビルが、ホテルや図書館、講堂、児童劇場、子どものための「ディスカバリー・ホール」、セラピー・ルーム、スタッフ用オフィスなど、女性や子どものための幅広い施設を擁する、活気に満ちたカラフルな超高層ビルに生まれ変わった。

カラフルなファサードをもつこの建物は、深圳の福田地区で鮮烈な存在感を放っている。さらに重要なのは、高さ100mというこのビルが、間もなく「アダプティブリユースの大きな波」が訪れるであろうこの都市で、ビルを再利用するための貴重な先例となったことである。

海外で注目を集める「アダプティブリユース」とは?歴史的な建築を保護するだけでなく活用した7つのプロジェクト

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

都市の爆発的な成長のなかで建てられた、利用者のニーズを満たさない高層ビル

このタワーはもともと、深圳の最初の爆発的成長期である1994年に竣工した。しかし、火災安全上の懸念が払拭仕切れなかったため、台座の商業施設は2002年までオープンせず、タワー自体もいつまでも空室のままであった。

ビル利用者のニーズが変化するにつれ、環境要件が満たされなくなり、2019年にはすでに、このビルがもはや目的に適さないことは明らかであった。

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

不十分な建物だからこそ、再利用することでの先進的な事例を示すプロジェクト

温室効果ガスの排出量をこれ以上増やさずにピークに達する「カーボンピーク」を2030年までに達成し、2060年までに「カーボンニュートラル」を達成するという中国の公約により、この建物は国家発展改革委員会によって24の再生モデル事例の1つに選ばれた。

建物の有する問題を解決するためMVRDVは、解体して建て直すよりもはるかに持続可能なアプローチである、建物の構造を再利用できる包括的な改修を施した。

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

建物を刷新するカラフルな要素

この変革の最も目に見える要素は、新しいファサードである。マルチカラーの外枠をグリッド状に配置することで、ファサードの奥行きを最大1mまで拡大した。これらのフレームは、熱上昇を抑える遮光性を高めると同時に、内側に自然換気を可能にする開閉可能なパネルが組み込まれている。

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

このデザインは、建物の他のさまざまな要素を変容させている。

タワーの頂部を覆うことで、360度のパノラマが眼下に広がる、アクセスしやすい大きなテラスを形成している。また、もともと駐車場として使われていた中庭は、フードコートのある公共空間へと改装された。

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

以前は外の舗道に散らばっていた地下鉄の入り口は、公共交通網との接続を良くしつつ自動車依存からの脱却を強化するため、建物内に移された。

この建物の改修は、既存の構造を活かしたことにより約24,000m³ものコンクリートの節約を達成した。また、構造体にも小さな増設が施されており、元の設計にあった不格好な形状の一部を埋めて、シンプルで効率的な間取りを実現した。

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

MVRDVの創立パートナーであるヤコブ・ファン・ライス(Jacob van Rijs)は次のように語る。

「〈深圳女性児童センター〉は、深圳にとって先駆的なプロジェクトになるだろう。」

「都市の急速な成長に伴い、既存の建物の多くは寿命が長くなるようには設計されておらず、今後は取り壊しが流行するか、アダプティブリユースの大きな波が訪れるかのどちらかである。そのような構造物の中で最も不十分なものであっても再利用できる事例を示すことにより、埋立処分されるコンクリートの量を大幅に削減することができるのである。」

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

黄色、オレンジ、ピンク、緑といったファサードの色は、建物のレイアウトを伝えるのに役立っている。色とりどりな基壇部は、母親とその子どもたちのためのサービスセンターであることをアピールしている。1階では、それぞれ異なる色で強調された複合施設への4つの主要な入り口が建物をナビゲートし、訪問者を歓迎している。

このカラフルでコミュニケーション的なアプローチは、メインロビーにも引き継がれており、9つのブロックからなる構造体には多様な機能が集約されており、子どもたちの遊び場のような空間となっている。この構造体の楽しい色彩は、子どもたちが優先される空間という建物の目的を強調している。

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

© Xia Zhi

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

Concept diagram

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

Elevation

(Shenzhen Women & Children’s Centre)〉MVRDV

Elevation

以下、MVRDVのリリース(英文)です。

A pioneering example of reuse in China: MVRDV completes transformation of the Shenzhen Women and Children’s Centre

Construction on the MVRDV-designed Shenzhen Women & Children’s Centre is complete, transforming an old mixed-use tower into a vibrant and colourful skyscraper hosting a hotel and a wide range of facilities for the welfare of women and children: a library, an auditorium, a children’s theatre and “discovery hall”, as well as therapy rooms and offices for staff. With its colourful façade, the building is a refreshing presence in Shenzhen’s Futian district; more importantly, at 100 metres tall, the building sets an important precedent for repurposing buildings in a city that is soon to see a “great wave of adaptive reuse”.

The tower was originally completed in 1994, forming part of Shenzhen’s first period of explosive growth. The rushed approach to its original design was immediately clear: due to persistent fire safety concerns, the commercial units in the plinth were not opened until 2002, and the tower itself remained empty indefinitely.

With the changing needs of the building’s users, it fell short of environmental requirements, and by 2019 it was clear that the building was no longer fit for purpose. Owing to China’s commitment to achieving carbon peak by 2030 and carbon neutrality by 2060, the building was selected as one of 24 model examples of revitalisation by the National Development and Reform Commission.

To rectify the building’s problems, MVRDV designed a comprehensive transformation that would allow the building’s structure to be reused – a far more sustainable approach than demolishing and rebuilding. The most visible element of this transformation is the new façade: a grid of multi-coloured exterior frames increases the depth of the façade to a full metre. These frames provide extra shading to reduce thermal heat gain, and also incorporate openable panels on the inside that allow for natural ventilation – thus increasing occupants’ comfort and reducing the building’s reliance on air conditioning.

The design also transforms multiple elements of the building. The tower crown provides cover for a large accessible terrace offering a 360-degree panorama of the neighbourhood below. The courtyard, which was originally used for car parking, has been converted into a public space with a food court. The entrance to the city’s metro, which previously cluttered the pavement outside, has been moved inside the building to better connect it to public transit networks and reinforce the transition away from car-dependence.

The transformation of the building was achieved while saving approximately 24,000 cubic metres of concrete from the original structure, a reuse resulting in a carbon saving equivalent to 11,800 flights from Amsterdam to Shenzhen. Small additions to the structure were also made, filling in some of the original design’s awkward geometry to create simple, efficient floorplans.

“The Shenzhen Women and Children’s Centre could be a pioneering project for Shenzhen”, says MVRDV founding partner Jacob van Rijs. “With the city’s fast-paced growth, many existing buildings were not really designed to have a long lifespan. That is a recipe for either an epidemic of demolition or, ideally, a great wave of adaptive reuse. Showing that even the most inadequate of these structures can be reused could save a crazy amount of concrete going to landfill – and eliminate millions of tonnes of carbon emissions that would have been created replacing that concrete.”

The colours of the façade – yellow, orange, pink, and green – help to communicate the building’s layout. The multicoloured plinth clearly advertises its function as a service centre for mothers and their children; on the tower, which hosts the hotel, these colours give way to a more neutral white. On the ground floor, the four primary entrances to the complex are each highlighted by a concentration of a different colour, making the building easy to navigate and welcoming to visitors.

This colourful and communicative approach continues into the main lobby. Here, a structure of nine “rooms” hosts diverse functions that together form a playground-like space for children to enhance their enjoyment during a visit. The joyful colours of this structure reinforce the building’s purpose as a space where children are given priority.

Facts

Project Name: Shenzhen Women & Children’s Centre
Location: Futian District, Shenzhen, China
Year: 2019–2023
Client: Shum Yip Group Limited
Size and Programme: 57,900m² – Women & Children’s Centre, Offices, Hotel, Retail

Credits

Architect: MVRDV
Founding Partner in charge: Jacob van Rijs
Partner: Wenchian Shi
Director MVRDV Asia: Steven Smit, Peter Chang
Design Team: Lorenzo Mattozzi, Marco Gazzola, Giuseppe Mazzaglia, Daehee Suk, Fredy Fortich, Chi Zhang, Bertrand Tan, Siyi Pan, Albert Parfonov, Andrius Ribikauskas, Enrica Perrot, Martina Franco, Jiameng Li, Agnieszka Dabek, Paula Vargas Torres, Elisa Paneni, Peter Chang, Luca Xu, Hong Yang, Echo Zhai, Zhang Ruochen, Leo Zhang, Huang Cai, Peilu Chen, Xiaoliang Yu, Americo Iannazzone, Yihong Chen, Kefei Yan, Edvan Ardianto Interiors & Landscape Design: Lorenzo Mattozzi, Fokke Moerel, Pim Bangert, Giovanni Nardi, Daehee Suk, Jiameng Li, Bertrand Tan, Paula Vargas Torres, Luca Xu
MVRDV NEXT: Boudewijn Thomas, Yayun Liu, Changqing Ye
Project coordination: Jammy Zhu
Visualisations: Antonio Luca Coco, Angelo La Delfa, Pavlos Ventouris, Francesco Vitale, Luana La Martina, Jaroslaw Jeda, Emanuele Fortunati
Copyright: MVRDV Winy Maas, Jacob van Rijs, Nathalie de Vries

Partners:

Co-architect / Landscape architect / MEP: SZAD
Project coordination: Shenzhen Women & Children’s Building Operation and Management Co.,Ltd.
Facade Consultant: KGE (King Glass Engineering)
Structural engineer: Yuanlizhu Engineering Consultants (Shenzhen) Co.,Ltd.
Lighting Consultant: BPI (Brandston Partnership Inc.)
Cost calculation: Jinxia Property Cost Consultation Co.,Ltd.
Interior architect: Jiang & Associates
Photographs: © Xia Zhi

「SHENZHEN WOMEN & CHILDREN’S CENTRE」MVRDV 公式サイト

https://www.mvrdv.com/projects/467/shenzhen-women–childrens-centre

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

MVRDV 関連記事

CULTURE2021.10.18

MVRDV designed a courtyard-type apartment 〈Ilot Queyries〉 with a friendly block and vast green space in France

MVRDVがフランスで設計した、親しみやすい街区と広大な緑地を備えた中庭型の集合住宅〈イロット・クイリーズ(Ilot Queyries)〉が誕生
CULTURE2022.12.01

MVRDVが作成した 海面上昇への方策をまとめたカタログ!?

建築 ランドスケープ インフラ そして新築だけでなく既存の改修までさまざまな可能性を示す〈海面上昇カタログ〉
CULTURE2022.09.08

MVRDVが設計した「崩れた」タワーマンション!?

眺望と親密なコミュニティを創出する高層集合住宅〈グロティウス・タワーズ〉
CULTURE2022.10.18

MVRDVによる カラフルなブロック積みの複合施設

ニューヨークにオープンした地域に不足していたさまざまな施設を含む〈ラジオホテル アンド タワー〉
CULTURE2023.04.03

MVRDVによる AI分野を先導する円形の都市

純粋な形状のマスタープランにより世界に視覚的にもアピールする〈イノベーション・パーク・AI〉
CULTURE2022.09.21

MVRDVによる 渓谷に緑と人の活動が広がる超高層建築

デザインコンセプトを高めるプログラムなどのツールの開発も行われた オフィスや商業施設、住居を含む複合施設〈Valley〉
CULTURE2022.01.07

シャンパンボトルでつくる翡翠のファサード

MVRDVがデザインするサステナブルで宝石のような外観〈ブルガリ上海〉

中国建築 関連記事

FEATURE2022.08.31

インパクトだけじゃない! アイコニックなクセつよ中国建築

氷、樹木、輪、宝箱、岩… さまざまな意味を持つ中国のアイコニックな5つの建築
CULTURE2023.05.09

13の家形の木箱が生み出すカフェ空間

エッジ・アーキテクツが設計した 小屋同士の配置が生み出す道が限られた空間に豊かな距離感を生み出す〈ユサン・カフェ〉
CULTURE2023.08.29

2層の本棚と生活のスケール感を両立する船底屋根

20,000冊を収容する大学教授のための生活と研究のための空間〈船底の家〉
CULTURE2023.09.15

ねじれた床が中庭と屋内をつなぐリノベーション

伝統的な住宅様式を維持しつつ現代の生活に溶け込ませる〈Twisting Courtyard〉
CULTURE2023.08.17

ザハが手がける シンメトリーな曲線を描く橋

中国・成都の川に架かる 交通インフラでありランドマークでもある全長295mの橋〈絳渓河橋〉
CULTURE2023.05.22

トランペット状のアーチが拡散する内部の灯り

中国の農村を活性化するため SYNアーキテクツが設計したリノベーションプロジェクト〈田崗村のリビングルーム〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 深圳の爆発的な成長期に建てられたビルを改修した MVRDVによる〈深圳女性児童センター〉中国
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ