CULTURE

MVRDVによる 渓谷に緑と人の活動が広がる超高層建築

デザインコンセプトを高めるプログラムなどのツールの開発も行われた オフィスや商業施設、住居を含む複合施設〈Valley〉

CULTURE2022.09.21
〈Valley〉

© Ossip van Duivenbode

〈Valley〉

© Ossip van Duivenbode

オランダ・アムステルダムに建つ超高層建築〈Valley〉は、内側の渓谷のような景観により緑と人間の活動が混ざり合う、オフィス、商業施設、住居を含む複合施設です。

石によるファサードの自然なパターン張りを実現するプログラムや、すべての住戸に十分な採光と眺望を確保するためのツールなど、複雑な形状を実現しつつディテールアップするさまざまなカスタムツールも開発し、設計されています。

オランダのロッテルダムを拠点に世界各地でさまざまなプロジェクトを手がける建築家集団MVRDVが設計しました。

(以下、MVRDVから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈Valley〉

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

〈Valley〉は高さがそれぞれ67m、81m、100mの3つのタワーと壮大なキャンチレバーが特徴的な、オランダ・アムステルダムのザイダス地区に建つ集合住宅である。エンポリス・スカイスクレイパー・アワード2021にて世界最高の超高層建築に選出されており、さまざまな点で他の建築と一線を画している。

まず、オフィス、ショップ、配膳サービス、文化施設、住居を1つの建物にまとめていること、次に他のザイダスの閉鎖的な建物とは異なり、4階と5階にてタワーの間を縫うように走る緑の渓谷は、2つの外部階段から誰でもアクセスできることが挙げられる。

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

周囲のビジネス街に馴染みつつ内側に渓谷のような景観をつくり出すファサード

ディベロッパーであるEDGE社の依頼により設計されたこの〈Valley〉は、ザイダスの人を寄せ付けないオフィス環境に、緑と人の気配を取り戻すための試みでもある。

ビルの外側はビジネス街の文脈に沿った鏡面ガラスの外殻となっており、その内側はガラスブロックが崩れ落ち、ごつごつした岩肌に自然石や緑が映えるような、まったく異なる自然的な表情を持っている。

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

3つのタワーからなる〈Valley〉のさまざまな場所からは、息をのむようなまちの景色を眺めることができる。

特に、最も高いタワーの最上階にはスカイバーがあり、1階のインテリアブランドであるモルテーニ(Molteni&C)のフラッグシップストアからアクセスすることができる。

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

この建物は、地下3階までを駐車場、7階までをオフィス、8階以上は住戸とし、居住者、労働者、訪問者の混在を想定したレイアウトとなっている。

街路から中央の渓谷に至るジグザグに伸びる歩道や、1階の屋根付き道路を形成するアトリウム「グロット」、近々オープン予定の若い科学者の育成の場である「サピエンス・ラボ」など、建物の多くの部分は一般に開放されている。

グロットは2つの大きな天窓で外部とつながっており、その天窓は上階の渓谷における水たまりを兼ねている。天然石を用いた床、壁、天井は、渓谷やタワーのファサードと同じ石を使っており、建物のすべてのパブリックエリアが同じ地層の一部であることを示している。

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

デザインコンセプトを高めるカスタムツールの開発

〈Valley〉の設計と建設には、デザイナー、エンジニア、建設業者、コンサルタント、クライアントという何百人もの人間が継続的に取り組む必要のある、フルオーダーメイドの建築である。非常に複雑な形状のため、デザインコンセプトをさらに高めるような細かいディテールへの特別な工夫が必要となった。

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

MVRDVのテクノロジー・エキスパートは、すべての住戸に十分な採光と眺望を確保するためのツールから、建物のファサードを飾る大小4万枚以上の石のタイルの一見ランダムに見えるパターン張りを可能にするプログラムに至る、建物を完璧に仕上げるための一連のカスタム・デジタルツールを作成した。

198戸の住戸は、ハイリガーズ・アーキテクツ(Heyligers Architects)が手がけたインテリアデザインにより、それぞれがユニークな間取りとなっている。また、タワーの大胆なキャンチレバーは、革新的なエンジニアリングによって実現されている。

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

造園家ピエト・ウードルフ(Piet Oudolf)は、風、日照、温度、メンテナンス性などを考慮し、建物の各場所に適した植物を選択するための指標を開発した。

これに従い天然石のプランターに270本以上の樹木、約13,500本の小さな植物といった220種の植物が、低層階には主に樹木、高層階には主に小さな植物が植えられている。今後緑が成長し続けることで、建物は設計チームのビジョンである緑豊かな外観に成熟していくことだろう。

さらに、鳥やコウモリの巣箱、ミツバチや昆虫の住処も設置され、生物多様性に配慮した景観を実現している。自動灌漑システムやテラスの木々や植物は、〈Valley〉に住み、働く人々の幸福度にプラスの影響を与えることだろう。

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

〈Valley〉はサステナビリティ、テクノロジー、ヘルスの各分野における知見を結集した建築である。

建物のエネルギー性能は、現地の規制を30%上回り、商業スペースはサステナブルな建築環境のための認証であるBREEAM-NLのExcellent認証を取得、住宅エリアはオランダの測定ツールGPR Building Scale(エネルギー、環境、健康、使用の質、将来価値の5つのテーマで建物を採点)で10点中8点を獲得している。

オフィス空間にはビルディングオートメーションシステムや、利用状況のモニタリングと連動した各種センサーなど、最新のスマートテクノロジーが組み込まれている。

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

© Ossip van Duivenbode

Diagram 1 © MVRDV

Diagram 2 © MVRDV

Diagram 3 © MVRDV

Diagram 4 © MVRDV

Step story 1 © MVRDV

Step story 2 © MVRDV

Step story 3 © MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

© MVRDV

以下、MVRDVのリリース(英文)です。

The dramatic, geology-inspired, plant-covered Valley stands out in Amsterdam’s Zuidas neighbourhood with its three towers of 67, 81, and 100 metres and its spectacular cantilevered apartments. Named the best new skyscraper in the world in the 2021 Emporis Skyscraper Awards, the building distinguishes itself in several ways: firstly, it combines offices, shops, catering, cultural facilities, and apartments in one building; secondly, unlike the closed-off buildings elsewhere in the Zuidas, the green valley that winds between the towers on the fourth and fifth floors is accessible to everyone via two external stone staircases.

Designed for developer Edge, Valley is an attempt to bring a green and human dimension back to the inhospitable office environment of Amsterdam Zuidas. It is a building with multiple faces; on the outer edges of the building is a shell of smooth mirrored glass, which fits the context of the business district. Inside this shell, the building has a completely different, more inviting natural appearance, as if the glass block has crumbled away to reveal craggy rock faces inside replete with natural stone and greenery.

Various locations throughout the three-tower complex offer breathtaking views of the city – the apartments, of course, but especially the sky bar at the top of the tallest tower, which visitors can access via the Molteni flagship store on the ground floor. The building’s layout is tailored to a mixture of residents, workers, and visitors: on top of the three-storey underground car park, offices occupy the lower seven floors, with apartments located on the eighth floor and up. Much of the building is open to the public: from the publicly accessible footpath that zig-zags up to the central valley from the street level, to the Grotto, an atrium that forms a covered street on the first floor where the Sapiens Lab – a breeding ground for young scientists – will soon open. The grotto is connected to the outside by two large skylights that double as shallow water pools in the valley level above, and its natural stone flooring, walls, and ceilings – the same stone used on the surfaces of the valley and towers – makes clear that all the public areas of the building are part of the same apparently geological formation.

The design and construction of Valley is utterly bespoke, requiring the sustained commitment of hundreds of designers, engineers, builders, consultants, and of course the client. The enormously complex shape required a special commitment to fine detailing that further enhances the design concept. MVRDV’s technology experts created a series of custom digital tools to perfect the building, from a tool that ensured every apartment had adequate light and views, to a programme that made possible the apparently random pattern of over 40,000 stone tiles of varying sizes that adorn the building’s façades. Each of the 198 apartments has a unique floorplan, made possible by the interior designs by Heyligers Architects. And the outlandish cantilevers of the towers are possible thanks to innovative engineering, including eleven steel “specials” bolted to the concrete building that take the overall appearance to the next level.

Landscape architect Piet Oudolf developed a matrix to select the right plants for each location in the building, taking into account factors such as wind, sunlight, temperature, and maintenance. Trees, for example, are largely found on the lower floors, while the uppermost levels mainly support small plants. In total, more than 271 young trees and shrubs and approximately 13,500 smaller plants occupy the natural stone planters, representing 220 different plant species. In the coming years, the building will mature into the lush appearance of the design team’s vision as the greenery continues to grow. The biodiversity of this landscape is further supported by bird- and bat boxes as well as various bee and insect hotels. Maintained using an automatic irrigation system and by “façade gardeners”, the trees and plants on the terraces will positively affect the well-being of people living and working in Valley.

Valley combines insights in the field of sustainability, technology, and health. The building’s energy performance is 30% better than local regulations require, it has received BREEAM-NL Excellent certification for the commercial spaces, and the residential area scored an 8 out of 10 on the GPR Building Scale, a Dutch measurement tool that scores buildings across five themes of energy, environment, health, quality of use, and future value. The latest smart technologies are integrated in the office spaces, including IP-based Building Automation Systems and various sensors linked to monitoring actual usage.

The construction of Valley took four years, with the first residents and entrepreneurs moving into the building at the end of 2021, opening fully in September 2022. In this time, the building’s striking design attracted media attention and debate in the Dutch press. “Once again, MVRDV shows that dream images can be made buildable,” explains Kirsten Hannema for de Volkskrant. “Using 3D software, in which the architects entered requirements with regard to daylight, view, cooling load and noise exposure, they ‘rationalised’ the design. The irregularly shaped facades eventually have about ten different angles, with the natural stone cladding fitted together like a puzzle.”

“An oasis in the stone desert on the Zuidas,” writes Bernard Hulsman in the NRC Handelsblad. “It is not only because of the vertical forest and the cantilevered building parts, eleven of which are so large that they seem to float away, that Valley differs from all the towers that have been built over the past quarter of a century between the Amsterdam ring road A10 and the Buitenveldert district. With catering establishments and shops on the ground floor, offices on the bottom seven floors and, above that, 198 expensive rental homes in many shapes and sizes, Valley is the first building in the Zuidas where working, living, and entertainment are mixed.”

Facts

Project Name: Valley
Location: Amsterdam, The Netherlands
Year: 2015-2022
Client: EDGE
Size & Programme: 75,000m² mixed-use (residential, offices, cultural, retail, and parking)
Sustainability certification: BREEAM-NL Excellent (commercial spaces)

Credits
Architect: MVRDV
Principal in charge: Winy Maas
Partner: Jeroen Zuidgeest Director: Gideon Maasland
Competition: Anton Wubben, Luca Moscelli, Sanne van Manen, Elien Deceuninck, Marco Gazzola, Jack Penford Baker, Brygida Zawadzka, Francis Liesting, Annette Lam, Hannah Knudsen
Design Team: Gijs Rikken and Gideon Maasland with Guido Boeters, Wietse Elswijk, Saimon Gomez Idiakez, Rik Lambers, Javier Lopez-Menchero, Sanne van Manen, Stephanie McNamara, Thijs van Oostrum, Frank Smit, Boudewijn Thomas, Maria Vasiloglou, Laurens Veth, Cas Esbach, Mark van Wasbeek, Olesya Vodenicharska
Diagrams and Drawings: © MVRDV
Copyright: MVRDV Winy Maas, Jacob van Rijs, Nathalie de Vries

Partners
Building Owner: RJB Group of Companies
Contractor: G&S Bouw B.V., Boele & Van Eesteren B.V. Landscape Design: Piet Oudolf, DeltaVorm Groep
Interior design: Heyligers Architects
Engineering: Inbo
Cost Calculator: BBN adviseurs
Structural Engineer: Van Rossum Raadgevende Ingenieurs Installations: Deerns, DWA
Building Physics and Fire Safety: DGMR
Parametric Design Volume: ARUP
Real Estate Consultant: CBRE, Heeren Makelaars
Images: Vero Visuals
Graphic Design: PlusOne
Model: made by mistake
Photography: Ossip van Duivenbode

「Valley」MVRDV 公式サイト

https://www.mvrdv.nl/projects/233/valley

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

MVRDV 関連記事

CULTURE2021.10.18

MVRDV designed a courtyard-type apartment 〈Ilot Queyries〉 with a friendly block and vast green space in France

MVRDVがフランスで設計した、親しみやすい街区と広大な緑地を備えた中庭型の集合住宅〈イロット・クイリーズ(Ilot Queyries)〉が誕生
CULTURE2022.09.08

MVRDVが設計した「崩れた」タワーマンション!?

眺望と親密なコミュニティを創出する高層集合住宅〈グロティウス・タワーズ〉
CULTURE2022.01.07

シャンパンボトルでつくる翡翠のファサード

MVRDVがデザインするサステナブルで宝石のような外観〈ブルガリ上海〉
CULTURE2022.06.16

ロッテルダムの屋上をつなぐオレンジ色の通路と広場

都市の屋上活用の有用性を示す、MVRDVが設計した〈ロッテルダム・ルーフトップ・ウォーク〉
CULTURE2022.01.21

世界的なコレクションを「見せる」収蔵庫

MVRDVがオランダに設計した、中世から現代にいたるアートを収蔵する〈デポ・ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン〉
CULTURE2022.08.18

新興金融街に建つ「オアシス」のような超高層建築

MVRDVが中国・南京の新たな地区に設計した住居と商業の複合施設〈オアシスタワー〉

オランダ 関連記事

CULTURE2021.12.21

オランダパビリオン / V8アーキテクツ

【ドバイ万博】水やエネルギー、食料が循環する独自の気候システムをもつパビリオン
CULTURE2020.08.25

オランダ・ユトレヒトにチームラボが進出

オープン予定のデジタルアート施設〈Nowhere〉に作品を常設
CULTURE2022.04.07

コンクリートを60%削減する3Dプリント橋

オランダのVertico社が作成した〈Topology Optimised Bridge〉
CULTURE2022.04.22

世界初となるステンレスの3Dプリント橋

センサとデータ運用でデジタルツインを構築する〈MX3D Bridge〉
CULTURE2022.06.15

可動式ファサードにより環境に溶け込むビジターセンター

歴史ある環境に適応する、70Fアーキテクチャが設計した〈ビジターセンター・ダイフェンフォールデ〉
CULTURE2022.08.29

空間もファサードも変化するモジュール式の集合住宅

HOHアーキテクツが設計した生活と仕事が混在する〈オープンアトリエ11〉
CULTURE2022.09.05

葦で葺かれたサステナブルなタマゴ!?

RO&ADアーキテクツが設計したパラメトリックな水辺の鳥の観測所〈TIJ〉
CULTURE2022.07.20

都市と水の風景をつなぐ水上の集合住宅

水とともに発展した都市アムステルダムにBIGが設計した〈SLUISHUIS〉

超高層建築 関連記事

CULTURE2022.07.19

アイコニックかつサステナブルな300mの超高層ビル

フォスター アンド パートナーズが設計した構造体であり日射を遮るフィンが包み込む〈クウェート国立銀行本社〉
CULTURE2022.09.01

ヘザウィックスタジオ初のアジアの住宅プロジェクト

シンガポールの自然を纏う104.5mの超高層集合住宅〈EDEN〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • MVRDVによる渓谷に緑と人の活動が広がる超高層建築、デザインコンセプトを高めるプログラムなどのツールの開発も行われたオフィスや商業施設、住居を含む複合施設〈Valley〉オランダ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ