CULTURE

北京の新たなランドマーク〈アイスリボン〉

【北京五輪】浮遊する帯と回転する氷から着想したスケートリンク

CULTURE2022.02.01
アイスリボン / ポピュラス

©︎NSSO

世界初の2度目のオリンピック開催となる、北京2022冬季オリンピック・パラリンピックに向け、世界各地でスポーツ建築を手がける建築事務所ポピュラス(Populous)が国際デザインコンペティションを勝ち抜き設計した〈国立スピードスケート競技場(通称:アイスリボン)〉が公開されました。

(以下、Populousから提供されたテキストの抄訳)

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

スポーツ建築に特化する建築事務所ポピュラス

壮大な新ランドマークとしてデザインされた〈アイスリボン〉は、スピードスケートの優雅さ、正確さ、ダイナミックさを称える中国文化遺産のシンボルとして誕生しました。

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

ポピュラスは、オーストラリアのブリスベンにあるアジア太平洋地域の本部を中心に、5つの国と3つのオフィスにまたがる多くの関係者と協働し、60社もの企業を相手に国際デザインコンペティションを勝ち抜きました。
これはデザインの評価だけでなく、設計として夏と冬合わせて14回目となるオリンピックへの参加、という「ポピュラスの比類ないオリンピック経験」が評価されたものです。

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

ポピュラスのシニアプリンシパル兼〈アイスリボン〉の共同プロジェクトディレクターであるアンドリュー・ジェームズ(Andrew James)は次のように語ります。
トリノ2006冬季オリンピックのオーバル・リンゴット(スピードスケート会場)や、ソチ2014冬季オリンピックのフィッシュトスタジアムといった経験をもとに、北京、ブリスベン、インド、ロンドン、アメリカにわたるグローバルなチームでの取り組みとなりました。」

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

ランドマークとしての建築

前回の北京2008夏期オリンピックでも使用された会場である「鳥の巣」と「ウォーターキューブ」の並ぶ中心軸に沿うように配置された〈アイスリボン〉は、世界最高レベルのスポーツ施設であるだけでなく、北京に国際的なランドマークとなり、地域の景観と都市構造を向上させています。

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

北京の文化に根差す「リボン」のイメージ

デザインのイメージは、ポピュラス中国のプリンシパルであり〈アイスリボン〉の共同プロジェクトディレクターであるチャン・ティリック(Tiric Chang)が、北京で育った自身の思い出をもとに描きました。

「〈アイスリボン〉のコンセプトデザインのインスピレーションは、高速回転する氷を使った北京の伝統的な氷上での遊びから得ています。また、このリボンは私の家族が時間をかけて取り組んできた、唐代の仏教美術の重要なコレクションである敦煌石窟の研究と保存という芸術作品の、浮遊するシルクのリボンからイメージしています。
これらのイメージから、ファサードには22本の回転する光の帯をデザインしました。このリボンのデザインにより、
氷の表面と形状を表現するだけでなく、スピードスケーターの高速な動きを表現しています。」

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

期間後も使い続けられる「レガシーデザイン」

〈アイスリボン〉は外観だけでなく、国際オリンピック委員会(IOC)や国際スケート連盟(ISU)の要求する実用的な機能についても徹底的に考え抜かれた設計になっています。
また、スピードスケートのブレードの動きや音が、会場にいるすべての人に見え、聞こえるような、緊張感と興奮を与えるデザインであることも重要なポイントです。

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

〈アイスリボン〉は大会期間中、スピードスケート競技とオリンピック競技のためのトレーニングの場となります。
大会終了後は、冬季フェスティバル、アイススケート、アイスホッケー、プライベートショーやイベントなど、地域の真のハブとして長期的に利用できる施設となる「レガシーデザイン」を施しました。

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

このレガシーデザインは、「2025年までに3億人を氷雪スポーツに参加させる」という中国中央政府の氷雪スポーツ発展計画や、大会開催にともなう真のコストベネフィットを確保するための国際オリンピック委員会(IOC)の「アジェンダ2020」にも対応しています。

 

北京の文化に根付く氷とリボンのイメージから着想した、ウィンタースポーツ都市としての北京のランドマークとなる〈アイスリボン〉。期間中はもちろん、その後も使われている姿を楽しみにしたいですね!

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

アイスリボン / ポピュラス

©︎Populous

以下、Populousのリリース(英文)です。

THE ‘ICE RIBBON’ SET TO LIGHT UP THE OLYMPIC SKYLINE IN BEIJING

On the 4th February the world will be watching Beijing celebrate the start of the 2022 Winter Olympics as the world’s first dual Olympic city.

The only new permanent venue for the 2022 Winter Olympics and Paralympic Games, the National Speed Skating Oval or the ‘Ice Ribbon’, will be unveiled under Olympic lights for the first time since its completion in 2021.

The 12,000 seat venue will host the speed skating events and will award 14 gold medals.

Designed as a spectacular new landmark by global sports architecture firm Populous, after winning an international design competition, the ‘Ice Ribbon’ was created as a symbol of Chinese cultural heritage that celebrates the elegance, precision, pace and dynamic of speed skating.

From its Asia Pacific headquarters in Brisbane, Populous managed a multitude of stakeholders across five countries and three offices to win the rigorous design competition over 60 other firms. The win recognised Populous’ unparalleled Olympic experience and their involvement in their 14th Olympic Games, both summer and winter.

Populous Senior Principal and co-Project Director on NSSO Andrew James said to be selected as the chief designer of an Olympic sports venue was a huge honour.

“The winning design for the ‘Ice Ribbon’ was created in an intense time frame and was forged through several concepts and many iterations to develop a spinning concept into its final form.

“It became a global effort with our team in Beijing, Brisbane, India, London and America drawing on our experience from Oval Lingotto in Turin, Italy and our design of Fisht Stadium in Russia, home of the 2014 Winter Olympic Games,” James said.

The client, Beijing National Speed Skating Oval Operation Co. said the ‘Ice Ribbon’ demonstrates the excellence of Populous’ design and justified their international reputation in sports architecture.

“It was an extraordinary project, the key building for the 2022 Winter Olympics…and continues to receive accolades from all walks of life.

Sitting together as iconic buildings along the central axis of the Beijing Olympics’ ‘Bird’s Nest’ and the ‘Water Cube’ venues they said, “The National Speed Skating Oval is not only a world- class sports facility designed to be among the best in the world, but it also brings an international landmark for Beijing and enhances the landscape and urban fabric of the area.”

When reflecting on the characteristics of Olympic speed skating, Tiric Chang, Principal of Populous in China and the co-Project Director of the NSSO drew on childhood memories of growing up in Beijing to create a beautiful interpretation of Chinese culture and heritage.

“Much of the inspiration for the conceptual design of the ‘Ice Ribbon’ came from a traditional ice game played in old Beijing which involved a high-speed spinning ‘ice top’.

“The ribbons of the design make reference to the floating silk ribbons of the artwork my family had dedicated their time to – which was the study and preservation of the Dunhuang Grottoes, a significant collection of Buddhist art from the Tang dynasty.

“It guided the design team to boldly extend the concept of a high-speed rotating ice top to creating 22 rotating light bands for the façade, which not only represent the ice surface and the shape of the oval, but also perfectly demonstrated the high-speed movement of speed skaters,” Chang explains.

In addition to the striking appearance of NSSO, the design process has also been thoroughly considered in terms of its practical functions to meet the requirements of the International Olympic Committee (IOC) and the International Skating Union (ISU).

Importantly, the design also adds to the intense and exciting atmosphere where every movement and sound of the speed skating blades can be seen and heard by everyone in the oval.

In the lead up to, and during the Games, NSSO will be the home of training for speed skating events and Olympic competition.

Following the Games, the design’s legacy allows the transformation of the facility to serve its long-term purpose as a real hub for the community, to hold Winter festivals, public ice skating, ice hockey or private ice-based shows and events.

This legacy design will support the Chinese Central Government’s Ice and Snow Sports Development Plan which aims to involve 300 million people in ice and snow sports by 2025 and the IOC’s ‘Agenda 2020’ to ensure there is real cost-benefit associated with hosting the Games.

「The ‘Ice Ribbon’ Set to Light Up the Olympic Skyline in Beijing」Populous公式サイト

https://populous.com/the-ice-ribbon-set-to-light-up-the-olympic-skyline-in-beijing

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

【北京五輪】ピクトグラムのデザイン

FEATURE2022.02.19

【北京五輪】スポーツピクトグラムのデザイン

中国の伝統的な篆刻(てんこく)を現代風にアレンジ

スタジアム・アリーナ トピックス

PROJECT2020.07.02

Feyenoord Stadium / OMA

都市の公共空間としての役割を回復するフットボールスタジアム
COMPETITION & EVENT2020.07.25

【審査結果】台湾〈台中アリーナ〉コンペ

隈研吾建築都市設計事務所+九典聯合建築師事務所JVが勝利
CULTURE2021.08.06

AS・昭和設計共同体が松本平新陸上競技場を設計

"陸上競技のための陸上競技場" の実現を目指す
CULTURE2021.07.21

国立競技場ができるまでを定点撮影で辿る

写真集『国立競技場 Construction』刊行
CULTURE2021.10.03

国際基準の自転車競技(ベロドローム)がオープン

設計施工は清水建設、パブリックアートを松山智一氏が制作
BUSINESS2022.01.04

世界初、ファイターズの新球場はサウナ付き!

ととのえ親方監修、エスコンフィールドでファイターズ戦を見ながら”ととのう”
CULTURE2022.02.03

南船橋「(仮称)ららアリーナ 東京ベイ」が着工

1万人規模の多目的アリーナが2024年春開業予定、外装コンセプトデザインはファイターズ新球場も手がけるHKS

中国 プロジェクト トピックス

CULTURE2020.12.24
蔦屋書店が上海に中国進出2号店〈上海上生新所 蔦屋書店〉を12/24オープン
CULTURE2021.04.21

Niccolo Suzhou opens 1 april 2021 as the beacon of the future in China’s ‘Venice of the East’

蘇州工業園区に竣工した高さ450mの超高層にホテル〈ニッコロ蘇州〉が4/1開業
CULTURE2021.02.05

POLAが中国で展開するコンセプトショップ

新デザインを小大建築設計事務所が担当
CULTURE2021.04.24

ハイアットが〈コミューン バイ ザ・グレートウォール〉を開業

万里の長城の麓の隠れ家ホテル
CULTURE2022.01.06

中国の水辺に浮かぶ氷のような建築

ウィンタースポーツ特化地区の建築的シンボル〈ICE CUBES〉
CULTURE2022.01.07

シャンパンボトルでつくる翡翠のファサード

MVRDVがデザインするサステナブルで宝石のような外観〈ブルガリ上海〉
CULTURE2022.01.17

コミュニケーションを加速する「∞」のデザイン

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した中国の企業のサステナブルな本社ビル〈インフィニタスプラザ〉
CULTURE2022.01.08

上海の地下鉄駅構内にチームラボ作品が登場!

全長112メートルのパブリックアート〈Gold Waves〉が12/30より常設
CULTURE2022.01.19

高層ビルの間に現れる森に覆われた複合施設

ヘザウィックスタジオが中国・上海に設計した1000本の木が包み込む〈1000 Trees〉

PROJECT2020.06.05

アランヤ・アートセンター / ネリ&フー デザイン&リサーチ・オフィス

水をテーマとした、重厚で開かれたアートセンター
PROJECT2020.08.31

青普麗江白沙文化行館 / 堤由匡建築設計工作室

古民家を改装して雄大な景観と地域性を空間に取り入れたリゾートホテル
PROJECT2020.09.13

Beijing Daxing International Airport / Zaha Hadid Architects

中庭を中心に流線的なフォルムで構成した空港
PROJECT2021.03.11

網易厳選 中国首家白金店 / 不滅科技 上海

若者の生活を感じられる中国テック企業のライフスタイルブランドストア
PROJECT2021.10.15

RICOH Office in Shanghai / UCHIDA SHANGHAI

歴史ある高層ビルの新旧交わるオフィス空間
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 北京の新たなランドマーク〈アイスリボン〉、ポピュラス、中国、北京
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ