COMPETITION & EVENT

須藤玲子の最新インスタレーション作品《扇の舞》の写真と動画を展覧会場公式サイトが公開

イギリスのコンプトン・バーニー / アート・ギャラリー・アンド・パーク(Compton Verney Art Gallery and Park)で開催中の展覧会「ファブリック:タッチ&アイデンティティ(Fabric: Touch and Identity)」に展示されている、須藤玲子の大型インスタレーション〈扇の舞(Japanese Fanfare)〉の写真と動画が、同館の公式ウェブサイト上で公開されています。

須藤玲子氏(提供:NUNO)


須藤玲子は、日本を代表するテキスタイルデザイナーで、東京・六本木のAXISのテキスタイルデザインスタジオNUNO(ヌーノ)のディレクターを務めています。
近年では、2018年に国立新美術館で開催された、アドリアン・ガルデールとライゾマティクスの齋藤精一とのコラボレーション制作によるインスタレーション「こいのぼりなう!」が記憶に新しいところ。

会場のコンプトン・バーニー(COMPTON VERNEY)は、イギリスの田園地帯に18世紀に建てられた邸宅を改装した美術館で、美しい庭園と、ユニークな切り口の展覧会を開催することで知られています。
今回の展覧会「ファブリック:タッチ&アイデンティティ」は、人間にとって第2の皮膚ともいえるファブリックについて、アート、デザイン、ファッション、映画、ダンスなどのファクターを通して、その身体性と社会性に迫る展覧会です(会期:2020年3月14日〜6月14日2021年1月まで延長)。日本からは須藤と野田涼美が出品作家として招聘されています。


Compton Verney YouTube公式チャンネル「Compton Verney Corporate Events Tour」(2020年5月5日より期間限定公開)

イギリスにおけるCOVID-19(新型コロナウィルス感染症)拡大の影響を受け、コンプトン・バーニーは現在休館中です。展覧会も公開を休止していますが、このほど同館がオンラインコンテンツを作成し、作品および会場風景などをサイト上で公開しました。

須藤玲子の〈扇の舞(Japanese Fanfare)〉は、展覧会の最後を飾る作品です。最後の展示室に登場します。
この作品は、2017年にワシントンDCにある〈J. F. ケネディ・センター(The John F. Kennedy Center for the Performing Arts)〉で開催された、ケネディ大統領生誕100周年記念イベントの展示を発展させたもので、前回に続いて今回も、フランスの建築家アドリアン・ガルデール(Adrien Gardere)が空間デザインを担当しています。

Ogi no mai / Japanese Fanfare, 2020, Textiles by Reiko Sudo of Nuno corporation, Scenography by Adrien Gardère of Studio Adrien Gardère, Production by Kazuhiro Ueno of Nuno corporation, photograph by Jaime Woodley

展示室を覆い尽くす223に及ぶ布製の青い扇は、平安時代に日本で発明された扇を抽象化させたもの。扇は古くから「あおぐ」という本来の機能に留まらず、狂言では杯に、落語では蕎麦を啜る箸へと姿を変え、お茶席では自らの膝の前に置き結界を表すなど、さまざまな役割を担ってきました。また何よりその「すえひろがり」の形状から、祝い事に欠かせないかたちでもあります。そんな日本文化の多義性を象徴する扇を、コンプトン・バーニーの展示ではすべてブルートーンで制作しています

徳島の工房に依頼をした本藍染の工程 写真提供 BUAISOU

作品の制作工程とあわせて、今回の展示作品〈扇の舞〉を紹介した動画(ENGLISH ONLY|再生時間 1分42秒)はこちら。
https://www.comptonverney.org.uk/fabric-touch-identity/

なお、NUNOのプレスリリースおよび公式インスタグラムによれば、インスタレーション作品〈扇の舞〉は今後、茨城県近代美術館での展示が計画されているとのことです。(en)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@compton_verney 新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け世界中の美術館は休館となっていますが、 展覧会のオンライン公開がスタートしています。 展覧会の楽しみ方のひとつとして、 オンラインギャラリーがあります。私たちNUNOが参加しているイギリスの展覧会「FABRIC:TOUCH & IDENTITY」はCompton Verney ArtGallery@compton_verney からです。お楽しみください。 なお《扇の舞》は今年の秋、 茨城県近代美術館での展示も計画されています。 While museums around the world are closed due to the coronavirus pandemic, we have started online viewings of Nuno exhibitions, starting from the UK showFabric: Touch & Identity held at the Compton Verney Art Gallery@compton_verney . Also coming up this autumn, Ogi no Mai show at the Museum of Modern Art, Ibaraki.

nuno 布(@nunocorp)がシェアした投稿 –

Compton Verney | Art Gallery and Park「FABRIC: TOUCH & IDENTITY」
https://www.comptonverney.org.uk/fabric-touch-identity/