COMPETITION & EVENT

日本財団「福祉のデザイン学生コンペ 2021」

日本財団主催による、高校生以上の学生を対象としたデザインコンペティション。
同財団が主導するプロジェクト、建築デザインの力で福祉を変える「日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」の一環として開催される。
テーマは「脱福祉施設」。審査委員を、出題者でもある建築家の山道拓人(ツバメアーキテクツ)、同じく建築家の大西麻貴(o+h)、日本財団の吉倉和宏常務理事の3氏が務める。

日本財団「福祉のデザイン学生コンペ 2021」審査委員

審査委員の顔ぶれ:左から、大西麻貴、山道拓人、吉倉和宏

開催の背景
日本財団は、長年にわたり福祉分野への支援を行ってきました。その経験から、福祉施設がより地域に開けたコミュニティの拠点として機能してほしい、ひいてはお互いを理解し、支えあう社会になってほしいと思い、2021年6月14日より新たな福祉施設のデザインを提案、建築を支援するプロジェクト「日本財団 みらいの福祉施設建築プロジェクト 2021」を実施することになりました。「日本財団福祉のデザイン学生コンペ」は、「日本財団 みらいの福祉施設建築プロジェクト 2021」の特別企画として行うものです。

日本財団「みらいの福祉施設建築プロジェクト」概要
https://mag.tecture.jp/event/20210702-33646/

開催目的
本コンペは、学生を対象とした、「福祉」をテーマとしたデザインコンペです。将来、建築や福祉にかかわる学生への啓蒙と育成を目的としています。テーマは建築家の山道拓人氏(ツバメアーキテクツ)が出題し、住宅と福祉施設が個別に発展してきた背景から、これからの福祉施設のあり方を考えていただきます。

「日本財団 福祉のデザイン学生コンペ 2021」開催概要

テーマ:「脱福祉施設」

出題者・審査委員 山道拓人氏からのメッセージ:
戦後、日本においては、住宅と福祉施設は別々の道を辿って進化を遂げた。住宅供給のために、「核家族」というフォーマットが導入され、それに対応した間取りを基本形とし、住宅政策・住宅産業が大いに展開し日本は成長を遂げた。一方、そこから外れてしまう人々を支える福祉政策が時代ごとに整備された。それによって福祉施設というビルディングタイプが発展した。今の日本においては、自分がいつどのような状況になっても基本的には福祉制度や施設が用意されているという安心感はある。一方で、いつの間にか、両方とも人間が暮らす住まいであるにも関わらず、「住宅」/「福祉施設」という切り分けが生まれてしまった。また、福祉施設はビルディングタイプごとに、同じような状況・境遇の人々が集められてしまう(老人ホームには老人と職員のみが集まるなど)。人々の暮らし方・集まり方としては自然だと言えるだろうか。

超高齢化社会に突入すると、前提が変わる。若者/高齢者というバランスも推移すれば、もはや核家族というフォーマット自体が社会の基本系ではなくなってくる。また、障害を乗り越えるデバイスやコミュニケーションのプラットフォームがどんどん登場している昨今、健常者 / 障害者の境界も溶け出している。

この時代に、もう一度福祉を考えたい。これまでの福祉施設のバージョンアップを図るために、脱福祉施設という課題にしようと思う。これは否定としての非福祉ということではなく、これからの福祉を実現する、ということだ。建物ではなく、公園のような場でもいいし、状況でもいい。あるいは何か社会システムでも良い。

「住宅」/「福祉施設」の二分法を乗り越える「脱福祉施設」を提案してください。

*参考資料:「住宅と福祉の分断を超えて」~超高齢社会における住まいを考える~
千葉元生+山道拓人+西川日満里(ツバメアーキテクツ)
『新建築住宅特集』2019年12月号P46~P51

応募資格:応募登録期間(2021年7月1日~8月31日)時点で、日本国内の大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校(各種学校)、高等学校、等に在籍する学生であること(グループで応募する場合も全員該当すること)

提案様式・応募方法:A2用紙1枚(内容・表現は自由、1人3作品まで応募可)
※応募の詳細については特設サイトを参照

贈賞:賞金総額 90万円
最優秀賞 1点 50万円
優秀賞 1点 25万円
入選 3点 各5万円

審査委員(あいうえお順、敬称略)
大西麻貴(建築家、大西麻貴+百田有希 / o+h 共同主宰)
山道拓人(建築家、ツバメアーキテクツ代表取締役)
吉倉和宏(日本財団常務理事)

審査方法:1次選考(審査委員による書類審査)、2次選考(公開審査)

スケジュール
応募登録・作品締切:2021年7月1日(木)~2021年8月31日(火)
1次審査結果発表:2021年9月下旬(予定)
2次審査・公開審査会:2021年10月中旬(予定)
結果発表:2021年10月中旬に行われる予定の公開審査会後に財団Webサイトにて発表

主催:日本財団

日本財団「福祉のデザイン学生コンペ 2021」公式Webサイト
https://fukushi-kenchiku.jp/student/

日本財団 関連記事

COMPETITION & EVENT2021.07.02
日本財団「みらいの福祉施設建築プロジェクト」
FEATURE2021.07.01

[Movie] Quick report: Nabeshima Shoto Park Toilet by Kengo Kuma

【動画レポート】隈研吾が語る「多様性の時代、森の時代のトイレ」
FEATURE2020.09.16

Quick report & Movie: Jingu-Dori Park Toilet by Tadao Ando

安藤忠雄が語る「世界に誇れる安全で清潔な”あまやどり”トイレ」
FEATURE2021.06.26
内覧会Report: NIGO®️デザインによる原宿の公衆トイレ〈THE HOUSE〉
CULTURE2020.09.06
内覧会Report: 渋谷区×日本財団「THE TOKYO TOILET」プロジェクト 坂倉竹之助デザインによる西原1丁目公園の公共トイレ〈ANDON〉
CULTURE2020.08.07
内覧会Report: 坂茂、片山正通らが公共トイレをデザインする「THE TOKYO TOILET」プロジェクト