COMPETITION & EVENT

鳥羽市立海の博物館 企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」

三重県の鳥羽市立海の博物館の特別展示室にて、企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」の開催されます[*]

本展示は、2020年開催予定がコロナ拡大防止のため延期に。2021年9月4日より開催されるところ、8月27日に三重県にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大に伴う緊急事態宣言が発出されたため、会場が臨時休館に入っている。解除後に開幕、営業再開は10月1日を予定。その間、予定していた関連イベントはオンラインで開催される見込み。

鳥羽市立海の博物館 企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」

企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」は、三重県鳥羽市の離島と、和歌山県和歌山市和歌浦湾域、愛媛県伊方市の3つの地域の街並みについて、建築学の側面から紹介するものです。

これら3つの地域は、西南日本を九州東部から関東にかけて横断する、世界第一級の断層である中央構造線上に位置しており、青みを帯びた緑色片岩が多く露出していることから、石を積み上げるなどして石垣や民家をつくり、さまざまな空間を形成、この地ならではの景観を創り出しています。

鳥羽市立海の博物館 企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」

会場風景(画像提供:大手前大学建築&芸術学部/撮影:釜谷薫平)

本展示では、図面、写真、スケッチ、縮尺1/1000の地形の模型などにより、3つの地域ごとに”青い石”がどのように使われているのかをリサーチした結果をもとに、空間の類似性と差異性を見出しつつ、各地域それぞれの空間・景観の魅力を紹介します。

紹介する地域:
三重県鳥羽市(神島、菅島、答志島、坂手島)
和歌山県和歌山市(雑賀崎)
和歌山県海南市(塩津、戸坂)
愛媛県伊方町(名取、串、与侈)

本展の主催は、文脈のカタチ研究会(下田元毅、宮崎篤徳、ほか3氏)。会場構成とデザインは、下田氏(および氏が教鞭を執る大手前大学建築&芸術学部)が手がけました。

鳥羽市立海の博物館 企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」

会場風景(画像提供:大手前大学建築&芸術学部/撮影:釜谷薫平)

会場構成について
汎用性と一回性を展覧会の空間に同居させる意図で、素材として「みかん箱(コンテナ)」を選択しました。1,020個を使って会場を構成しています(協力:前川農園 / 鳥羽市内のみかん農家)。

漁村の路地を歩くとき、路地の役割が、通行するという道の本来の役割だけでない場面によく遭遇します。民家が密集して立地するような漁村の路地空間では、井戸端会議が催され、夕涼みや、本を読む場所、洗濯物を干すなど、人々のコミュニティやプライベートな空間としての機能しています。
本展の会場は、これら漁村の路地空間をイメージしてデザインしました。

鳥羽市立海の博物館 企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」

会場風景(画像提供:大手前大学建築&芸術学部/撮影:釜谷薫平)


メインフロアーまでの展示空間(廊下幅)は、今回の展示対象としている漁村の路地の寸法となっています。
本展で取り上げる漁村は、半農半漁(みかん農家と漁業を行う兼業)の生業形態や、土地利用が多いことからも、みかん箱を会場の壁として用いました。みかん箱に、漁村の生業に関わるマテリアルとしての「網」を掛け、そこに展示パネルを洗濯バサミで留めています。漁村の路地で見かける、洗濯物がある風景を再現しました。(下田元毅)

設営中の動画
https://www.youtube.com/watch?v=DS2xxZeXMgo

路地空間の動画
https://www.youtube.com/watch?v=p6tFGPvNeEs

鳥羽市立海の博物館 企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」

会場風景(画像提供:大手前大学建築&芸術学部/撮影:釜谷薫平)

鳥羽市立海の博物館 企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」

会場風景(画像提供:大手前大学建築&芸術学部/撮影:釜谷薫平)

鳥羽市立海の博物館 企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」

会場風景(画像提供:大手前大学建築&芸術学部/撮影:釜谷薫平)

会期中は、下田氏ら文脈のカタチ研究会のメンバーが登壇する講演会や、貝島桃代氏ら建築家を招いてのトークイベントの開催も各種予定されています。

なお、会場の鳥羽市立海の博物館は、内藤廣建築設計事務所の設計で《海の博物館》としてオープン。1993年に日本建築学会賞(作品)と第18回吉田五十八賞ほか各賞を受賞しています(現在は鳥羽市運営に伴い、改称)。

鳥羽市立海の博物館 企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」

会場風景(画像提供:大手前大学建築&芸術学部/撮影:釜谷薫平)

展示名:「青の造形 -中央構造線上の空間-」

会期:2021年9月4日(土)~11月23日(火)
※8月下旬より臨時休館中、営業再開は10月1日(金)予定
開館時間:9:00-17:00時
会場:三重県鳥羽市海の博物館 特別展示室(三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68)
問合せ先TEL:0599-32-6006
入場料:大人(18歳以上)800円、大学生以下の学生(学生証の提示要)および子ども400円
主催:文脈のカタチ研究会
共催:鳥羽市立海の博物館
協力:鳥羽市教育委員会、三重大学 海女研究センター
海の博物館 公式ウェブサイト
http://www.umihaku.com/index.html

関連イベント(※登壇者は順不同、敬称略)

座談会「ボクらの漁村ミライ図 #若手の若手 #10年後 #漁村」
日時:2021年9月18日(土)13:30-15:00 ※開催延期、11月20日開催予定
開催方式:オンライン
登壇者(司会、コメンテーターを含む):藤本雅広(GGDL)、江端木環(大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程)、山本翔也(大阪大学大学院 工学研究科 博士前期課程)、永島奨之(アルメック VPI)、岡田まどか(三菱地所設計)、吉村真衣(三重大学助教)、下田元毅(大手前大学講師)

ギャラリートーク「青の漁村空間」
日時:2021年9月19日(日)14:00-16:00
開催方式:オンライン(Zoom)
https://us02web.zoom.us/j/88947455231
解説ほか:宮崎篤徳(漁村研究者)、篠沢健太(工学院大学教授)、下田元毅

企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」QRコード

講演会「建築家の翻訳力‐建築と漁村空間‐」
日時:2021年10月30日(土)13:00-16:30
開催方式:オンライン(Zoom)および鳥羽市立海の博物館 映像ホール(予定)
登壇者ほか:中村欣一郎(鳥羽市長)、貝島桃代(アトリエ・ワン / 筑波大学准教授)、前田茂樹(GGDL / 神戸芸術工科大学客員教授)、湯谷紘介(湯谷建築設計)、下田元毅

企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」QRコード

講演会「鳥羽の離島:空間の価値」
日時:2021年11月14日(土)13:00-15:30
開催方式:オンライン(Zoom)および鳥羽市立海の博物館 映像ホール(予定)
登壇者:縣 拓也(海の博物館学芸員)、大井隆弘(三重大学助教)、宮崎篤徳、下田元毅

企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」QRコード

事例紹介「漁村の魅力 -見つけ方 / 活かし方 / 残し方-」
2021年11月21日(土)13:00-17:00
開催方式:オンライン(Zoom)および鳥羽市立海の博物館 映像ホール(予定)
登壇者:野田 満(東京都立大学助教)、友渕貴之(宮城大学助教)、青木佳子(東京大学研究員)、佐藤布武(名城大学助教)、野田 満(東京都立大学助教)、大井隆弘、中村欣一郎、宮崎篤徳、下田元毅

企画展示「青の造形 –中央構造上の空間–」QRコード

映像ホール定員:50名(要申込・先着順)
参加申し込み方法:①電話(鳥羽市立海の博物館TEL:0599-32-6006)、展覧会チラシ裏側のQRコードより、③展覧会チラシ(下の画像)裏面の申し込み用紙をFAX(受付:鳥羽市立海の博物館FAX:0599-32-5581)