PRODUCT

庵治石で作った砂時計型スツール「THE TIME <AJI-STONE STOOL>」

水晶と同じ強度の国内最高級石材で"美しいくびれ"を実現

PRODUCT2022.02.06

庵治石(あじいし)を使った砂時計型のプロダクト「THE TIME <AJI-STONE STOOL>」がリリースしました。

香川県の超石工アーティスト集団「たぶん、加工。」と、アンノット(静岡県静岡市)の代表でプロダクトデザイナーの花澤啓太氏とのコラボレーションで誕生したプロダクトで、香川県高松市で1月下旬に開催された展示イベント「SANUKI ReMIX」[*1]にて発表されたものです。

砂時計型スツール THE TIME

庵治石とは、香川県高松市東部の牟礼町・庵治町で産出される希少性の高い石で、水晶と同程度の強度を持っています。
研磨すると、石の表面に”まだら模様”の光沢「斑(ふ)」が現れ、庵治石だけに見られる、唯一無二の神秘的な美しさから「花崗岩のダイヤモンド」の名でも呼ばれているとのこと。主に最高級の墓石材として流通しています。
何よりも、牟礼町に晩年のアトリエを構えたイサム・ノグチ(1904-1988)が愛した石としても知られています。

砂時計型スツール THE TIME

“くびれ”部分、材は錆石(さびいし)

「THE TIME <AJI-STONE STOOL>」の特徴は、そのフォルム。2つの石をつなぎ合わせ、中央の部分に鉄芯を入れたのち、接着。この加工によって強度を担保し、砂時計のような形状とともに、美しい”くびれ”を実現しています。

バリエーションは、庵治石の中でも最高クラスの細目(こまめ)と、中目(ちゅうめ)と錆石(さびいし)の3種類。いずれも同じ「庵治石」でありながら、それぞれの石で異なる表情を見せます。
プロダクト名には、公共施設や屋外で使用するスツールとして、「時間」をコンセプトに、「人それぞれの時間」や「モノやコトが経過する時間」を感じ楽しんでもらいたいという想いが込められています。

商品概要
名称:「THE TIME <AJI-STONE STOOL>」
素材:庵治石(細目・錆石・中目)
サイズ:W300×D300×H550mm
販売価格(税込):
細目 650,000円
錆石 550,000円
中目 460,000円

問合せ先:アンノット、超石工アーティスト集団 「たぶん、加工。」

アンノット
https://unknot.co.jp/

讃岐石材加工協同組合 超石工アーティスト集団 「たぶん、加工。」
https://www.tabunkakou.com/

*1.SANUKI ReMIX:伝統工芸や地場産業を支える讃岐のアーティザン(職人)と、国内外で活躍するアーティストやクリエイターらとを”ReMIX”させることで、新しいプロダクトの開発や、新たな高付加価値を生み出すことなどを目指した、香川発の合同展示会。MATCHING、CREATION、EXHIBITIONの3つのコンテンツで構成される。旧高松城主ゆかりの「玉藻公園披雲閣」(国指定重要文化財)にて開催(会期:2022年1月22日-23日 ※新型コロナウイルス感染症拡大に伴う「まん延防止等重点措置」により、スケジュール変更)
http://s-remix.jp/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

イサム・ノグチ展 レポート

FEATURE2021.08.16
【会場レポート】「イサム・ノグチ 発見の道」東京都美術館にて回顧展 8/29まで

「石」が特徴的なプロジェクト

CULTURE2020.08.05
内覧会Report: 隈研吾最新作〈角川武蔵野ミュージアム〉
PROJECT2020.08.31

青普麗江白沙文化行館 / 堤由匡建築設計工作室

古民家を改装して雄大な景観と地域性を空間に取り入れたリゾートホテル
CULTURE2021.10.02

〈ラ・パティスリー by アマン東京〉がオープン

伊達冠石のカウンターはイサム・ノグチとの石彫制作で知られる和泉屋石材店とのコラボレーション!
COMPETITION & EVENT2021.11.11
佐野文彦「そこには何か見えたか」などや恵比寿 with ​浮遊ギャラリーにて11/28まで
  • TOP
  • PRODUCT
  • FURNITURE
  • 庵治石でデザインした砂時計型スツール「THE TIME <AJI-STONE STOOL>」
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ