COMPETITION & EVENT

最優秀:三輝・STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体 / 令和3年度公社茶山台団地住戸改善事業「茶山台団地で____をみつける」選定結果

大阪府内において、公社賃貸住宅SMALIO(スマリオ)を提供する大阪府住宅供給公社の主催により、2021年5月に募集要項が公表されていた「令和3年度公社茶山台団地住戸改善事業」は、8月3日に審査結果が発表され、STUDIO RAKKORA ARCHITECTS(京都府京都市)と、株式会社三輝(京都府京都市)による共同企業体が提案した設計プランが、最優秀賞に選出されています。

大阪 茶山台団地

堺市 茶山台団地

茶山台団地は、高度経済成長期に開発された泉北ニュータウン(大阪府堺市)の敷地内にあり、総戸数は900戸を超える巨大団地。計画的に整備された公園や緑道など、緑豊かな環境が魅力の1つであるものの、1970年(昭和45)に建設された建物の老朽化と、人口の減少、住まい手の高齢化などが昨今の課題となっています。

そこで大阪府住宅供給公社では、茶山台団地を団地再生のリーディングプロジェクト団地と位置づけ、若年夫婦や子育て世帯などの若年層を誘引することを目的に、地自体の堺市とも連携し、平成27年度(2015年4月年-2016年3月)より、住戸のリノベーションを進めています。
改修プランは、設計・施工・工事監理業務に関して、公募による事業提案競技事業提案競技を粘土で実施。若手建築家らのアイデアや、民間事業者のノウハウを活かした提案を広く求めています。

前年度・令和2年度実施「第6回茶山台団地リノベーションコンペ」最優秀

大阪府住宅供給公社「茶山台団地リノベーション(設計:ナノメートルアーキテクチャー)

令和2年度 リノベーション 3住戸内観(設計:ナノメートルアーキテクチャー)

設計:ナノメートルアーキテクチャー
入居受付開始:2021年6月28日
プラン詳細https://mag.tecture.jp/event/20201210-15578/

今回の改修対象である3住戸のうちの2住戸は、公社が進めている2戸1(ニコイチ)化リノベーションタイプを、残る1住戸では、リノベーションタイプ「リノベ 45」を用いることが、要項で定められています。

さらに、従前では公社が具体的に設定しているテーマを、本年度は「茶山台団地で____をみつける」とし、空欄となっている部分を提案者自身が設定することで、柔軟な発想と企画力が求められていました。

最優秀に選定された、三輝・STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体が掲げたテーマは「茶山台団地で『家族の風景』をみつける」。
扉を設けない動線により、暮らしの中で家族がゆるやかにつながり、住まい手1人ひとりの時間や成長が、家族の風景として感じられるというコンセプトが、審査において高く評価されました。


ニコイチ(1)「家族の重なりをみつける」

子どもの成長、大人の多様な働き方にあわせたプラン
木フレーム家具を挿入 / 8の字の動線

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「ニコイチ」プラン(1) イメージパース

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「ニコイチ」プラン(1) イメージパース

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「ニコイチ」プラン(1) イメージパース

それぞれの空間を木フレーム家具でつなぎ、余白部分に8の字の回遊性を持たせることによって、空間が分断されず重なり合い、さまざまな場所で「家族の風景」を「重ねて」みつけることができる。子どもとの距離感は成長と共に変化していくことを想定し、親子のつかず離れずの距離感を生み出した。大人のためのワークスペースやデスクは、玄関やリビング、寝室に隣接して設け、多様な働き方に対応させている。

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「ニコイチ」プラン(1) 間取り

ニコイチ(2)「家族の奥行きをみつける」

子どもの成長、大人の多様な働き方、近隣との交流に対応したプラン
既存壁に平行に2枚の壁を挿入 / 4つのレーンを行き来する

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「ニコイチ」プラン(2) イメージパース

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「ニコイチ」プラン(2) イメージパース

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「ニコイチ」プラン(2) イメージパース

壁で仕切った4つのレーンをつくり、空間を南北に通り抜ける視線の先に「奥行き」を感じつつ「家族の風景」をみつけることができるプラン。前述のニコイチ(1)プランと同様に、親子の距離感の設定と、大人の多様な働き方に対応するとともに、住⼾が地面に近い2階に位置することから、近隣住人との交流も想定し、フリースペースを設けている。

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「ニコイチ」プラン(2) 間取り

リノベ45「家族の繋がりをみつける」

家族の気配を感じることができる大きなワンルーム
交差する4枚の壁を挿入 / 9つに分割する小さなグリッド

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「リノベ45」プラン イメージパース

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「リノベ45」プラン イメージパース

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「リノベ45」プラン イメージパース

開口部や欄間(らんま)が設けられた、交差する4枚の壁を挿入し、回遊性のある大きなワンルーム状のプラン。常に家族の気配が感じられ、「家族の風景」の「つながり」をみつけることができる。趣味や交流、団欒やくつろぎを想定したスペースが縦横に入り混じることで、⽤途に縛られない、自由な使い方を住まい手に促す。

茶⼭台団地 改修案(三輝・ STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

「リノベ45」プラン 間取り

三輝
https://sanki-kyoto.co.jp/

STUDIO RAKKORA ARCHITECTS
https://studiorakkora.com/


茶⼭台団地 概要

所在地:大阪府堺市南区茶⼭台2丁1番・2番
総⼾数:926 ⼾
構造:鉄筋コンクリート造、5階建
住⼾専有⾯積:44.98m²〜91.68m²

スケジュール
公示:2021年(令和3)5月20日(木)
応募締切:同年7月7日(水)17:00
審査結果公表:同年8月3日(火)
工事着工:2021年8⽉下旬
完成(予定):2021年12⽉下旬
⼊居者募集(予定):2022年1⽉下旬

募集要項(応募受付 終了)
https://www.osaka-kousha.or.jp/x-whatsnew/2021-05-20_chayama/

選定結果詳細
https://www.osaka-kousha.or.jp/x-whatsnew/2021-08-03_chayama/kekka.html

プレスリリース(2021年8月3日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000172.000019188.html

大阪府住宅供給公社
https://www.osaka-kousha.or.jp/

大阪府住宅供給公社・団地改修 関連記事

COMPETITION & EVENT2020.12.10
最優秀:ナノメートルアーキテクチャー / 大阪府住宅供給公社主催「第6回茶山台団地リノベーションコンペ」
COMPETITION & EVENT2021.10.02
大阪府住宅供給公社主催「みのお・B・C 団地建替事業提案競技」

団地改修・再生 関連記事

BUSINESS2020.12.17
パナソニックとUR都市機構が共助型モビリティサービスの実証を埼玉みさと団地で予定
CULTURE2020.11.17
隈研吾+佐藤可士和監修、横浜「洋光台団地」における「団地の未来プロジェクト」で集会所や広場などの整備が完了
FEATURE2021.04.06
【イベントReport】佐藤可士和展連動企画 UR都市機構「団地の未来プロジェクト」トークセッション
CULTURE2021.03.08
納谷建築設計事務所×神奈川県住宅供給公社×東海大学による「伊勢原団地12号棟リノベーションプロジェクト」
PRODUCT2021.01.12
「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」が9つの団地で入居者募集開始
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • 最優秀:三輝・STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体 / 令和3年度公社茶山台団地住戸改善事業「茶山台団地で____をみつける」選定結果