COMPETITION & EVENT

「ザ・フィンランドデザイン展―自然が宿るライフスタイル」

【読者プレゼントあり】Bunkamura ザ・ミュージアムにて、フィンランドデザインの源泉と歴史を辿る

Bunkamura ザ・ミュージアムにて、「ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル」が12月7日より開催されています。

本展は、ヘルシンキ市立美術館(HAM)監修のもと、マリメッコやフィンレイソンのテキスタイル、カイ・フランクのガラス工芸の他、陶磁器や家具など、同時代にデザイン・制作されたプロダクトとともに、同時代の絵画もあわせて展示。約250点の作品と約80点の関係資料で、時代を超えて愛される名品が生み出されたフィンランドデザインの歩みを、約250点の作品と約80点の関係資料で辿ります。

展示品はいずれも、ヘルシンキ市立美術館(HAM)監修のもと、コレクション・カッコネン、タンペレ市立歴史博物館、フィンランド・デザイン・ミュージアム、ヘルシンキ市立博物館など、フィンランド各地で受け継がれてきた貴重なコレクションから
選りすぐり、フィンランドが近代化されていく時代のデザインを多角的に紹介します。

展覧会構成
INTRODUCTION フィンランドへようこそ! 自然の魅力あふれる写真とポスター
第1章 有機的曲線が描くフォルム 自然が織りなす美の傑作
第2章 機能的なフォルム —研ぎ澄まされた実用美の世界、ロングセラーの秘密
第3章 フィンランドデザインの黄金時代を築いた挑戦的フォルム
第4章 テキスタイルに活かされた絵画的なパターンと装飾
第5章 暮らしの中のモダンデザイン 私らしさを探して ―心ときめく暮らしのヒント
第6章 おもちゃ、絵本、プロダクト…子どものためのデザイン

展覧会ナビゲーターには、minä perhonen(ミナ ペルホネン)デザイナーの皆川 明氏が就任。フィンランドデザインへの想いを綴った皆川氏のエッセイを、スマートフォンで聴きながら会場を巡るスペシャル音声コンテンツも用意されています(有料、スマートフォン端末およびイヤホンの貸し出しなし・各自で持参のこと)。

ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル

オイヴァ・トイッカ《「ポムポム」花瓶》、セッポ・サヴェス《アンニカ・リマラ「リンヤヴィーッタ」ドレス、ヴオッコ・ヌルメスニエミ「ガッレリア」テキスタイルデザイン》、アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》

「ザ・フィンランドデザイン展―自然が宿るライフスタイル」

会期:2021年12⽉7⽇(火)〜2022年1⽉30⽇(⽇)
休館日:1月1日(土・祝)のみ
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
所在地: 東京都渋谷区道玄坂2丁目24-1 B1F(東急百貨店本店 横)
開館時間:10:00−18:00 毎週⾦・⼟曜⽇は21:00まで(⼊館は各閉館時刻の30分前まで)
入館料(税込):一般1,700円 大学・高校生1,000円 中学・小学生700円、未就学児は無料
問合せ先:050-5541-8600(ハローダイヤル)
展覧会ナビゲーター:皆川 明(minä perhonen デザイナー)

※状況により、会期・開館時間等が変更となる場合あり(来場前に会場のBunkamura ザ・ミュージアムWebサイトにて最新情報を確認のこと)
※会期中の土・日・祝日および1月24日(月)~30日(日)は、オンラインによる入場日時予約が必要

Bunkamura Webサイト 展覧会特設ページ
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_Finland/

読者プレゼント バナー

読者プレゼント

『TECTURE MAG』への感想など、アンケートにお答えいただいた方の中から、本展の観覧券を5組10名さまにプレゼント! ※受付は終了しています。抽選後に発送予定です。

受付期間:2021年12月16日(木)〜22日(水)
※応募者多数の場合は抽選
※結果発表:チケットの発送をもって了
※発送に関する個々の問合せには対応しませんのでご了承ください
※発送完了後、都道府県を除く住所情報は削除し、データとして保有しません

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EXHIBITION
  • 「ザ・フィンランドデザイン展―自然が宿るライフスタイル」:Bunkamura ザ・ミュージアムにて、フィンランドデザインの源泉と歴史を辿る【読者プレゼントあり】
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ