PRODUCT

淀川製鋼所がホームオフィス家具に進出

新ブランド「YODOKO+(ヨドコウプラス)」第一弾は、ポータブル書斎「HOME OFFICE(ホームオフィス)」

PRODUCT2022.03.22

淀川製鋼所が「ニューノーマルの暮らしをデザインする」をコンセプトに、エクステリアからインテリアまで展開する新たなデザインブランド「YODOKO+(ヨドコウプラス)」を立ち上げました。
第一弾のプロダクトとして、リモートワークを快適にする、ポータブルな開閉式の書斎「HOME OFFICE(ホームオフィス)」を発表。ブランド公式ウェブサイトにて、2022年3月18日より予約受付を開始しています(プレスリリース)。

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」

「YODOKO+」の刻印は9.5mmの切削

YODOKO+(ヨドコウプラス)概要

鋼板を主力製品とする淀川製鋼所では、1970年に「ヨド物置」を発売して以来、自社の鋼板を素材としたガレージや倉庫など、高品質のエクステリア商品を世に送り出してきました。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大後、ニューノーマルと呼ばれる時代において、テレワークや「おうち時間」の拡大といった、人々の新しい生活様式(ライフスタイル)が浸透する中で、自宅のインテリアやエクステリアをもっと工夫したいというニーズが高まっています。

これらを背景に、淀川製鋼所では、収納に関してさまざまな用途提案を行ってきたノウハウと、「ヨド物置」以来の思想を、居住空間に取り入れた、新たなデザインブランド「YODOKO+」を立ち上げるに至りました。
住まいにおけるワークスペースの不足を解消するとともに、機能とデザインをプラスして、あらゆる場所に快適なマイスペースをつくり出すことを目指しています。

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」プロダクト HOME OFFICE(ホームオフィス)

W900mmの〈HOME OFFICE 900〉

「HOME OFFICE」製品概要

ブランドローンチ第一弾となるプロダクトは、アルミ製の”スーツケース型”の開閉式の書斎です。
ボックスにはキャスターが付いており、好きな場所に移動して、座り慣れた自宅の椅子を開いたそこに持ち込めば、デスクと本棚と仕切りを備えたプライベートスペースが瞬時に生まれます。
閉じた状態の横幅が750mmと900mmの2タイプでのサイズ展開です。

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」プロダクト HOME OFFICE(ホームオフィス)

書斎スペースとして、大容量の収納スペース、大切な書類や備品を保管する錠前や、鞄やハンガーを掛けられるフックもサイドに備えています。棚には、電源コードを通すための丸孔も3カ所用意され、すっきりとした配線が可能です。

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」プロダクト HOME OFFICE(ホームオフィス)

備え付けのダイヤル錠

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」プロダクト HOME OFFICE(ホームオフィス)

フック

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」プロダクト HOME OFFICE(ホームオフィス)

配線用の丸孔

素材は、3層のサンドイッチ構造を持ち、その品質の高さから人工衛星の筐体(きょうたい)にも採用されているアルミハニカムパネル。業界最薄となる厚さ6mmのアルミハニカムパネルは「HOME OFFICE」のために開発されたもので、軽量で高い剛性を実現しました。
アルミハニカムパネル製のニュートラルな質感が、仕事や趣味に集中しやすい環境を演出してくれます。

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」プロダクト HOME OFFICE(ホームオフィス)

業界最薄となる厚さ6mmのアルミハニカムパネルの構造

デザインはATELIER OPAの鈴木敏彦氏

「HOME OFFICE」のデザインは、これまでにアルミ製の家具やプロダクトを数多く手掛けている、ATELIER OPA(アトリエ オーピーエー)のユニットメンバーの1人で、建築家の鈴木敏彦氏が担当しています。

ATELIER OPA 公式ウェブサイト
https://www.atelier-opa.com/

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」プロダクト HOME OFFICE(ホームオフィス)

コーナー部分に曲線を取り入れたデスク形状

鈴木氏は、従来は四角が主流であったアルミハニカムパネル製の家具に、曲線を取り入れ、端を丸く仕上げる特殊加工技術の粋が、デスクや脚元の棚の形状に生かされ、優美なラインを描いています。
厳選した国産のアルミ板が生み出す美しいシルバー色と、滑らかな手触りも特長の1つ。光を穏やかに反射して、明るいデスク環境をつくり出します。

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」プロダクト HOME OFFICE(ホームオフィス)

W750mmの〈HOME OFFICE 750〉

〈HOME OFFICE 900〉
サイズ(閉じた状態):W900×D520×H1558mm
サイズ(90度開いた状態):W1160×D1160×H1558mm
重量:57.2kg
価格(税込):327,800円

〈HOME OFFICE 750〉
サイズ(閉じた状態):W750×D520×H1208mm
サイズ(90度開いた状態):W1010×D1010×H1208mm
重量:42.5kg
価格(税込):294,800円

発売日(2タイプ共通):2022年3月18日より予約を開始、2022年3月末より順次出荷予定

淀川製鋼所「YODOKO+(ヨドコウプラス)」

「YODOKO+(ヨドコウプラス)」公式ウェブサイト
https://yodokoplus.com/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

鈴木敏彦氏関与のプロジェクト

CULTURE2021.04.07

黒川紀章の「カプセル」が長野に現存

黒川自身の別荘「カプセルハウスK」が宿泊施設として動態保存へ

ホームオフィス家具

COMPETITION & EVENT2020.08.26
ニューノーマル時代の「働く」と「暮らす」を考える連続講座「フミエの部屋」第2夜本日開催 ホスト:柴田文江+ゲスト:二俣公一
PRODUCT2020.12.22
イトーキが2020年の人気チェアトップ10を発表、1位は柴田文江氏が手がけた〈vertebra03〉
PRODUCT2022.01.31

イトーキが新ブランド・ITOKI HOME(イトーキホーム)を立ち上げ

「家でまなぶ」「家ではたらく」家具の充実を図る
PRODUCT2022.03.07

ワーキングチェア "FOUR(フォー)" 今春発売

倉本仁×アクタス×カンディハウス×コクヨの四者の知見を融合

アルミハニカムパネル

PRODUCT2021.12.20

by interiors(バイ インテリアズ)新作家具

アルミハニカムパネルを生かしたフォルムを大城健作氏がデザイン
  • TOP
  • PRODUCT
  • FURNITURE
  • 淀川製鋼所がホームオフィス家具に進出!新ブランド「YODOKO+(ヨドコウプラス)」第一弾プロダクトはポータブル書斎「HOME OFFICE(ホームオフィス)」
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ