PROJECT

PROJECT2020.04.08

Dance of Light

Dance of Light / 成瀬・猪熊建築設計事務所+a round Architects

日常のなかに用意した光のメディテーション

これは、ソウル市が2016年から推進する公共美術プロジェクトの一環で開催された、国際コンペにより実現した作品である。隣接地は長い期間海外の軍隊の基地として使われ、2017年に市民の公園となることが発表された。実際に駅に行くと既存のアトリウムは地下4層にわたる長くて退屈な移動空間で、ほとんどの人は忙しなく歩いているか、携帯電話を見ながらエスカレーターに運ばれているという状況だった。これは、なんとなくいつも忙しい、何かしら細かい情報にさらされている世の中を象徴するような風景だと感じた。
そこで、私たちはこの駅の空間に、こうした状況から離れて、これから始まる地域の未来を讃え、平和を願うような、あるいは自分を空っぽにできる、明るく優しいメディテーションの場をつくろうと考えた。
私たちが具体的につくり出したのは、吹き抜けのなかに宙吊りにした、真っ白な透けのあるエキスパンドメタルの巨大なドームである。天窓からの直射光がドームの一部を照らして滲み、時間とともにゆっくりと動き続けたり、ドーム全体が柔らかく明るくなったり、夜には周囲の人工照明によって、ドームがほとんど見えなくなる。周囲の回廊からは、ドームはとてつもなく大きなランタンのようにも見える。
今回私たちが設計したのは、とてつもなく大きな光の気積と、とてつもなくゆっくりとした光の移ろいの時間だ。これらはどちらも人のスケールを超越している。
地下鉄の駅を通過するという瞬間的な機会ではあるが、日々時間に追われた忙しない状況から一瞬離れて、人のスケールを超えた環境を感じることによって、大きな視点から世界と自分を見つめる場になってほしいと思っている。(成瀬友梨・猪熊 純)

A Meditation of Light in Everyday Life

This work was realized through an international competition held as part of a public arts project implemented by the city of Seoul from 2016. The area next to our site was used for a long period of time as a foreign army base. In 2017, it was announced that it would be transformed into a park for the people.
When we actually visited this station, the existing atrium was a long and boring space of just transportation down 4 floors underground. Even though there was a skylight, most people were either just busily walking through the space or were being transported by the escalator with their eyes glued to their cell phones.
To us, this space seemed to almost symbolize our world today – always kind of busy, always exposed to some sort of detailed information We therefore wanted to create a bright, gentle space for meditation in this station that would honor this region’s forthcoming future and hope for peace, and visitors could just empty their minds.
To be more precise, what we created was a huge, white dome made of expanded metal hung within the station’s atrium. Direct light from the skylight lights up a portion of the dome and bleeds out. It creeps slowly throughout the space along with the passage of time. At times, it gives the entire dome a soft glow. At night, the background of artificial lighting makes the dome almost invisible. From the surrounding corridors, the dome appears as an immensely large lantern.
What we designed in this project was an incredibly large volume of light and an incredibly slow trajectory of moving light. Both transcend the human scale.
While this offers only a momentary opportunity while passing through a station,
we hope that by removing yourself for a moment from the everyday busyness of life
and sensing this environment that transcends the human scale,
this station can become a place where you can look back from a larger perspective on yourself and the world. (Yuri Naruse・Jun Inokuma)

【Dance of Light】

設計:成瀬・猪熊建築設計事務所+a round Architects
用途:地下鉄駅
所在地:韓国ソウル市
竣工年:2019
担当:成瀬友梨、猪熊 純、鳥居希衣、パク・チャンヒョン、チャ・ユンジ
クライアント:ソウル特別市
コンダクター:ティーポット / チョ・ジュヨン
構造設計:木下洋介構造計画 / 木下洋介、ウン構造技術士事務所 / ドン・グンウク
施工:イルアデザイン金属、チェ・ソクファン

計画面積:2722.02m²
構造:鉄骨造
階数:地下1階・地下4階
設計期間:2018.09-2018.10
工事期間:2018.11-2019.03

■主な仕上げ・設備
[内部]
メッシュパネル:エキスパンドメタル(白色塗装)2.3T(sungwon industry SS242 ソンウォン産業)
照明:Jin Sung Electronic ジンソン電子

【Dance of Light】

Architect: NARUSE・INOKUMA ARCHITECTS, a round Architects
Principal use: Subway station
Location: Seoul, Korea
Completion: 2019.03
Design Team: Yuri Naruse, Jun Inokuma, Kie Torii, Changhyun Park, Yoonji Cha
Client: Seoul Metropolitan Government
Conductor: tpot / Cho Ju-Yeon
Structural engineer: Kinoshita Structural Engineers / Yosuke Kinoshita, EUN Structural Engineers / Keun-Wook Dong
Contractor: IL-A Metal Design・Seok-hwan Choi

Planning area: 2722.02m²
Main structure: Steel
Design period: 2018.09-2018.10
Construction period: 2018.11-2019.03