PROJECT

PROJECT2020.04.08

高尾山スミカ / 成瀬・猪熊建築設計事務所

山の地形を“見世”にする

今回の計画は、高尾山ケーブルカーの山上側の駅に併設された、売店の改修である。改修前の建築は、駅から登山道につながる道に沿って間口を並べた長屋形式のアクセスであったが、それぞれの店舗が小さく分離していたため、土産物売り場が軽食店舗の誘引効果を受けにくい構造となっていた。
前面の道は全長40m、建物に沿って1.8mほど登っており、私たちはこれを活かして、内部の空間と道とを一体的にデザインした。結果的に内部は、3段階の床が徐々に登るような構成のなかに、土産物売り場や軽食エリアが展開する空間となっている。ファサードは、道沿いの長手をすべて引戸とすることで、気候が穏やかな時期には完全開放して気持ちの良い外の環境と建築をつなげて利用することができる。
現実にそぐわなかった長屋形式を解体し、建築を高尾山の地形というプリミティブな次元で捉え直した建築である。(成瀬友梨・猪熊純)

"Exhibiting" the mountain topography

This design was for a shop annexed to a cable car station at the top of Mount Takao, a tourist destination near Tokyo that has been awarded three stars on the Michelin Green Guide Japan. Before our renovation, there were rows of shop entrances lining the road from the station to the mountain trail. Each of these shops were small and detached from one another, and the souvenir shops were not benefiting from the customers flowing in to the café and restaurant.
The street in front of the building is 40m long, on an incline that rises 1.8m. We therefore decided to make use of this feature to design the interior comprehensively with the street. As a result, the interior contains three levels that gradually rise up to house souvenir shops, a restaurant and a café space. The length of the building facing the street is lined with sliding doors that can be fully opened on nice days to connect the building with the outdoors.
In this building, we took what was once a rowhouse-style building that did not fit the demands of the times and re-envisioned it in the primitive terms of the topography of Mount Takao. (Yuri Naruse・Jun Inokuma)

【高尾山スミカ】

所在地:東京都八王子市
用途:物販店舗、飲食店舗
竣工:2018.03

設計:成瀬・猪熊建築設計事務所
担当:成瀬友梨、猪熊純、川畑友紀子、永山樹
建主:高尾登山電鉄
リノベーション計画コンサルティング:リビタ / 綾村恭平、鈴木大輔
耐震診断・構造計算:Beach side Studio / 北嶋健樹、平岡靖、寺田理佐子
設備設計:環境エンジニアリング / 成田賛久、増川智聡
サイン・モニュメント・行灯デザイン:ボート / 飯高健人、グランパ / 小林利行、石井伶、渡辺紘平
造作家具・サイン製作:アルファースタジオ
家具備品:インターオフィス
水鉢デザイン:,..andgreen
行灯布製作:澤井織物工場
施工(建築):京王建設

撮影:西川公朗

構造:鉄骨造(計画部分)
階数:地上2階 一部平屋建(計画部分)
敷地面積:1635.75m²
建築面積:314.90m²(計画部分)
延床面積:357.45m²(計画部分)
工期:2017.05-2018.03

■主な仕上げ・設備
[外部]
屋根:ガルバリウム鋼板(協和、ダイワムカイ)
外壁:天然石葺き(無添加住宅)
モルタル金ゴテ仕上げ+撥水剤塗布(大日技研工業)
サイディング(ニチハ)
開口部:製作木製建具、アルミサッシ(YKK AP)
外構:アスファルトコンクリート舗装半たわみ舗装石畳調仕上げ
[内部]
床:コンクリート金ゴテ仕上げ+防塵舗装(アシュフォードジャパン)
壁:モルタル薄塗り仕上げ+防塵舗装(アシュフォードジャパン)
天井:PBの上 AEP塗装
現し木下地+木材保護塗料(和信化学工業)

【Mount Takao Sumika】

Location: Hachioji city, Tokyo
Principal use: Store, Restaurant
Client: TakaoTozan Railway
Completion: 2018.03

Architect: NARUSE・INOKUMA ARCHITECTS
Design team: Yuri Naruse, Jun Inokuma, Yukiko Kawabata, Itsuki Nagayama
Consulting: ReBITA/ Kyohei Ayamura, Daisuke Suzuki
Structure: Beach side Studio/ Tateki Kitajima, Yasushi Hiraoka, Risako Terada
Facility: Kankyo Engineering/ Narita Tsugihisa, Tomoaki Masukawa
Sign, lantern design:BOAT/ Kento Iitaka, Granpa/ Toshiyuki Kobayashi, Rei Ishii, Kohei Watanabe
Furniture manufacture: Alfa Studio
Furniture: InterOffice
Planting design: …andgreen
Lantern cloth manufacture: Sawai Orimono
Construction: Keio Construction Co.,Ltd.

Photographs: Masao Nishikawa

Main structure: Steel (Planning area)
Building scale: 2 floors above ground, partly single-story (planned area)
Site area: 1635.75m²
Building area: 314.90m² (Planning area)
Total floor area: 357.45m² (Planning area)
MConstruction period: 2017.05-2018.03