PROJECT

PROJECT2020.12.05

アメリカ山ガーデンベース / PERSIMMON HILLS architects

梁状の「ガイド」と多機能の「スライド」でアクティビティに対応する学童施設

(English below)

みなとみらい線の終点、元町・中華街駅。その駅に直結するビル(駅舎上部を増築した日本初のビル型公園)内にある学童保育施設の内装計画。
施主である一般財団法人三和徳育会は、もともと同フロア内で保育園〈アメリカ山徳育こども園〉と学童保育施設〈アメリカ山ガーデンアカデミー〉を運営しており、その隣接するテナント区画を新たに借り上げ、児童数が増えている学童保育施設を拡張することがこのプロジェクトのスタートであった。

学童保育の稼働時間は、小学校が終わってから親の仕事が終わるまでの間のみで、広い空間を有しているにもかかわらず、おおよそ平日の20時ごろから翌15時ごろまでの間と、土日祝などの休日は有効活用されていない。
また、現在は周辺マンションの開発が進んでおり、一時的に児童数は増えるが、数年経つと高学年になった子供たちが塾に行き始めたり、卒業したりと、児童数の変動も起きやすく、必要なスペースも変わってくる。
そういった学童保育施設を地域に対して積極的に開き、交流拠点、情報発信拠点として同時に活用していくため、「衣替えのインテリア」を提案した。

「ガイド」となる空間を構成する補助フレームと、さまざまな機能をもった2点吊りの建具「スライド」によって、空間を伸縮し、様相を変化させ、多様なアクティビティに対応することができるようにした。
ガイドに沿って可動するスライドは、ホワイトボード、黒板、展示壁、鏡などの多種多様な仕上げを施し、小口の実加工による嚙み合わせとフランス落としによって固定できる仕様とした。施設を運営しながら必要な枚数を増やしていったり、新しい仕上げのスライドを足していったりもできる。

棚を足掛かりに飛び交うガイドは、スライドのレールを担う鴨居と、照明を担う火打ち梁の組み合わせでできており、搬入、工期、コストを考慮し、間柱などを芯材としてそれを両側から薄い合板でサンドイッチする工法としている。
長い部材が搬入できる経路や窓がないテナント区画において、扱いやすい小さい部材の組み合わせと簡易的な金物やビス留めによる接合によって、7メートルほどのスパンを飛ばし、スライドを吊り下げてもビクともしない強度を実現している。また、H型鋼のフランジのように効いてたわみを防ぎ、四隅の火打ち梁が横揺れと座屈を抑止する。
ガイドの上部の凹みは、火打ち梁側面上部に設けたライティングレールなどへの配線ルートにもなっている。

このようにして、ガイドは薄くて背の高いものとなり、隅切りの火打ち梁と相まって空間の単位と居場所感を生み出すとともに、壁天井の不燃化が必要な内装計画において、木質の柔らかい印象と、構造的な緊張感をもった凛とした佇まいを獲得している。(柿木佑介、廣岡周平)

A schoolchild facility that supports activities with beam-shaped "guides" and multifunctional "slides"

Motomachi-Chukagai Station, the last stop on the Minatomirai Line. This is the interior design of a daycare facility for children in a building directly connected to the station (Japan’s first building-type park with an extension above the station building).
The client, Sanwa Foundation of Tokuikukai, initially operated a nursery school and a daycare facility on the same floor. It was a start.

School-age children’s care is only available from elementary school to the end of the parents’ workday. Despite the large space, it is not effectively used on weekdays from around 8:00 p.m. to 3:00 p.m. the next day, and on weekends and holidays.
Besides, the number of children temporarily increases as the surrounding apartments are being developed. Still, after a few years, the number of children in the upper grades start to go to cram schools or graduate, and the number of children can easily change, and space needed changes.
I proposed a “changing interior” to open these childcare facilities to the local community actively, and at the same time to use them as a base of interaction and information transmission.

Space can be expanded and contracted to accommodate various activities using an auxiliary frame that forms a “guide” for the area and “slides,” which are two-point hanging fixtures with multiple functions.
The slide, which moves along the guide, is made of various finishes such as a whiteboard, blackboard, exhibition wall, and mirror, and can be fixed by meshing and French-flattening with a small piece of actual work. The number of slides can be increased, and new drops can be added as needed as the facility is operated.

The guides, which use the shelves as a foothold, are made up of a combination of Kamoi, which serve as rails for the slides, and flint beams, which serve as lighting, and are sandwiched between thin plywood on both sides, using pillars and other materials as the core material for transportation, construction time, and cost.
In tenant compartments with no access routes or windows for extended members, we achieved a span of about 7m by combining small, easy-to-handle members with simple hardware and screw connections and gained a strength that does not falter even when the slide is suspended. It also works like an H-shaped steel flange to prevent deflection, and flint beams at the four corners deter lateral swaying and buckling.
The recess at the top of the guide also serves as a wiring route to the lighting rails and other equipment provided at the top of the flint beam side.

In this way, the guide is thin and tall, and together with the cornered flint beam, it creates a sense of spatial unit and a sense of place. In an interior design where the walls and ceilings need to be noncombustible, it achieves a dignified appearance with the soft impression of wood and structural tension. (Yusuke Kakinoki, Shuhei Hirooka)

【アメリカ山ガーデンベース】

所在地:神奈川県横浜市中区元町1-11-3アメリカ山公園3階
用途:幼稚園・認定子ども園・保育所
クライアント:一般財団法人 三和徳育会
竣工:2017年

設計:PERSIMMON HILLS architects
担当:柿木佑介、廣岡周平
構造設計:井上健一
施工:ワイズコンストラクトオフィス

撮影:長谷川健太

工事種別:リノベーション
構造:鉄筋コンクリート造
延床面積:350.00m²
設計期間:2016.12-2017.01
施工期間:2017.02-2017.02

【America-yama garden base】

Location: America-Yama Park3F, 1-11-3, Motomachi, Naka-ku, Yokohama-shi, Kanagawa, Japan
Principal use: Kindergartens, Certified Children’s school, Nurseries
Client: General Incorporated Foundation Sanwa Tokuikukai
Completion: 2017

Architects: PERSIMMON HILLS architects
Design team: Yusuke Kakinoki, Shuhei Hirooka
Structure engineer: Kenichi Inoue
Contractor: wise construct office

Photographs: Kenta Hasegawa

Construction type: Renovation
Main structure: Reinforced Concrete construction
Total floor area: 350.00m²
Design term: 2016.12-2017.01
Construction term: 2017.02-2017.02