PROJECT
PROJECT2021.07.27

TAKE RESTAURANT & CAFE
/ 田中裕之建築設計事務所

設えで気配を消しノイズを感じさせないレストラン

(English below)

宮崎市宮崎駅前に新しくできた大規模商業施設に入るレストラン、カフェである。
施設内の7階の屋上中庭に面しており、ほかのテナントとは離れたところに位置している。

7階へのアクセス途中には商業施設の雑多な情報に接するが、7階で中庭を通る(雨の日は中庭で傘をさすことになる)ため、意識を徐々にリセットし、快適な飲食体験への移行が可能になることを目指した。

クライアントは畜産飼料の販売を行う鹿児島県鹿屋市の寿商会である。販売先の農家から自分たちの飼料を食べて育った家畜を精肉・チーズ・ジェラートなどの原材料として買い戻すかたちで仕入れ、畜産農家との間での循環をつくり出している。
また、寿商会は飼料から生産、加工、消費までを流れをもった「食のストーリー」として提案しており、このレストラン、カフェは販売した飼料がお客さんのところに行き着く最終地点となる。

設計としては、綺麗な開口部をつくることで周囲との関係性をつくるというようなことをはせず(その先には駅前の大きな広告看板しか見えず、宮崎の自然豊かな景色は期待できない)、空間の気配を消すことで、内外も含めた空間が一体となった雰囲気をつくることを目指した。

料理との対話、アート作品との対話、外部庭との対話をするために、空間の気配を消す。本来であれば商業施設の雑多な情報に囲まれた意識をもちながらの体験であるはずが、そこがどこであるかということを意識させず、その空間に没入させること。注意深く、そして精度を高めてノイズを1つひとつ整理していねいに処理していくと、どこか別の場所にいる感覚になる。(田中裕之)

A restaurant that eliminates signs and makes you feel no noise

This is the project for a restaurant and cafe in a new large-scale commercial building in front of Miyazaki Station in Miyazaki City.
It is located on the 7th floor of the building, facing the rooftop courtyard and away from the other tenants.

On the way to the 7th floor, visitors are exposed to the miscellaneous information of the commercial building, but as they pass through the courtyard on the 7th floor (on rainy days, they have to use an umbrella in the courtyard), we aimed to gradually reset their consciousness and facilitate their transition to a comfortable eating and drinking experience.

The client is KOTOBUKI Co., Ltd in Kanoya City, Kagoshima Prefecture, which sells livestock materials.
They purchase livestock raised on their feed from the farmers they sell to, buying it back as raw materials for meat, cheese, gelato, etc., creating a cycle between them and the livestock farmers.
KOTOBUKI Co., Ltd proposes a “food story” with a flow from fodder to production, processing, and consumption, and this restaurant and cafe is the final point where the fodder sold reaches the customers.

Instead of building a relationship with the surroundings by creating beautiful openings (beyond which one could only see the large billboards in front of the station and not the rich natural scenery of Miyazaki), the design aimed to create an atmosphere where space, including the interior and exterior, is unified by erasing any sign of the space itself.

Space is to be abolished in order to encourage a dialogue with the food, the artwork, and with the external garden, and to provide the visitor with an instinctive experience without making them aware of where they are, while they would normally be very aware of being surrounded by the miscellaneous information of a commercial building.
By sorting through the noises one by one with care and precision and processing them meticulously, you will get the feeling of being somewhere else. (Hiroyuki Tanaka)

【TAKE RESTAURANT & CAFE】

所在地:宮崎県宮崎市
用途:レストラン・食堂
クライアント:寿商会
竣工:2020年

設計:田中裕之建築設計事務所
担当:田中裕之、花塚紘紀、藤城太一
照明計画:モデュレックス
家具:コンプレックスユニバーサルファニチャーサプライ、Pocket Park、MOBLEY WORKS
カーテン:ニート
アート:青木 豊(KOSAKU KANECHIKA)
植物:Araheam
音響設備:sonihouse
施工:アルファ

撮影:八代写真事務所

工事種別:リノベーション
規模:地上7階フロア
延べ床面積:156.00m²(店舗面積)
設計期間:2020.06-2020.07
施工期間:2020.07-2020.10

【TAKE RESTAURANT & CAFE】

Location: Miyazaki-shi, Miyazaki, Japan
Principal use: Restaurant, Cafeteria
Client: KOTOBUKI
Completion: 2020

Architects: HIROYUKI TANAKA ARCHITECTS
Design team: Hiroyuki Tanaka, Hiroki Hanazuka, Taichi Fujishiro
Lighting plan: ModuleX
Furniture: COMPLEX UNIVERSAL FURNITURE, Pocket Park、MOBLEY WORKS
Fabric: NEAT
Art work: Yutaka Aoki / KOSAKU KANECHIKA
Flower: Araheam
Sound system: sonihouse
Contractor: Alpha

Photographs: YASHIRO PHOTO OFFICE

Construction type: Renovation
Building scale: 7th floor
Total floor area: 156.00m² / store area
Design term: 2018.11-2019.03
Construction term: 2019.03-2019.07

  • TOP
  • PROJECT
  • CAFE
  • TAKE RESTAURANT & CAFE / 田中裕之建築設計事務所
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ