PROJECT

PROJECT2021.09.21

TSUKUYOMI / 松島潤平建築設計事務所

インナーバルコニーが多様性を生むマンションリノベーション

(English below)

閑静な住宅地にある、変形したメゾネットアパートメントのリノベーション。
屈折した既存平面からリビングの形状を整える際に生まれた余地の一部を「インナーバルコニー」として設え、住空間のなかにちょっとした見立ての外部空間を挿入した。息抜きのため、趣味性を高めるため、家事の補助のため、主空間からはみ出た衛星のような空間が、日々反復する行動のなかに彩りを与え、暮らしの多様性を生み出す場所となる。

また、リビングとインナーバルコニーが接するコーナー部に円弧状のステンレス壁を設えた。その表面はバイブレーション加工が施されており、ブラーがかかったお互いの空間の湾曲した鏡像を映し合う関係をつくり出している。自分がいない場所の像がぼんやり見えることは、ストレスにはならないだろう。
とはいえ自らと無関係でもない場所の像は、完全に無意識な対象とはならないだろう。

こうしたリビングとインナーバルコニーの関係は、地球と月の関係に例えられる。人間はどの文明においても、地球の状態や周期性を読み取るために、地球そのものではなく、まず月を読んだ。夜空に浮かぶ月の位置や形状、光の強さから、自分のいる場所がいまどんな状態かを写し取る。その一方、月に降り立った宇宙飛行士たちが、さまざまな問題を抱える地球の根本的な美しさを再発見したように、インナーバルコニー側では、リビングの写像から日々反復する生活行動の根本的な尊さにも気付きたい。

月を読むように「ここではない自分たちの場所の写像」とともに暮らすことで、住まい手の生活の見つめ直しと再発見をさりげなく促す居住空間。作品名は、日本神道における記録と暦を司る神 「ツクヨミ」 の名を拝借している。

このプロジェクトでは上記のコンセプトに合わせて、日本有数の木製家具メーカー・カリモク家具とテーブル、チェア、ベンチ、ソファ、奈良に拠点を置く照明ブランド・NEW LIGHT POTTERYとペンダントライトのコラボレーション・デザインを行った。

テーブル、チェア、ベンチはブラックウォルナットを基材としながら、それぞれ異なる部位の一端がわずかに削られており、そこからオークの木肌が露わになっている。オークによる月光のようなアクセントによって、オーセンティックに整えられたかたちにふと目を引く表情を与えている。

伸縮率や反りなど、性質のまったく異なる樹種を自然に合体させたことはカリモクの技術力だからこそ可能な成果である。オークとウォルナット、それぞれがもつ木肌の美しさを同時に比較することで、木という素材の深い奥行きを楽しむことのできるデザインとした。

チェア、ソファ、ベンチのクッションは土色と銀色のファブリックを組み合わせたツートーンとして、オークによる月明かりとともにアクセントのある表情をもたせている。(松島潤平)

Condominium renovation with inner balcony creating diversity

Residential renovation of a variant maisonette apartment in a quiet residential area.

We set up a residual space created when adjusting the shape of the living room from the existing inflected building shape as an “Inner Balcony,” so simulated exterior space was inserted into the residential space. This satellite space that protrudes from the main space serves as a place to additional relax, enhance hobbies, and assist with household chores, adding color to the daily behavior and creating a variety of lifestyles.

Furthermore, we set an arc-shaped stainless steel wall at the corner between the living room and the inner balcony. Its surface has been ground of vibration processing so that creating a relationship that reflects the blurred images of each other’s spaces.

This relationship between the living room and the inner balcony is likened to the relationship between the Earth and the moon. In every civilization, humans first read the moon, not the Earth itself, to understand the condition and periodicity of the planet. We always translate ourself condition casually from the position, the shape, and the intensity of the light of the moon floating in the night sky. On the other hand, in the inner balcony, we want the inhabitant to notice anew the primal preciousness of the daily living behavior from the reflected image of the living room, like as the astronauts who landed on the moon rediscovered the primal beauty of the Earth.

This space modestly encourages rediscovery of the inhabitant’s daily life by living with a “map of our place that is not here” as if reading the moon. The title of the work is borrowed from the name of “TSUKUYOMI,” which is the god of record and calendar in Japanese Shinto.

Additionally, we have designed a table, chair, bench, and sofa by conforming with the concept of “TSUKUYOMI” in collaboration with leading Japanese wooden furniture manufacturer “Karimoku,” and pendant light as well with a lighting brand “NEW LIGHT POTTERY.”

The table, chair, and bench are made of black walnut wood, but one edge of each different part is slightly shaved, and the oak grain is exposed from there. Thus, the oak-grain becomes an accent like moonlight and giving an attractive expression for the shape arranged by orthodoxy.

Naturally combining wood species with completely different properties such as expansion and contraction rate and warpage is a result that is possible because of Karimoku’s technical capabilities. We designed it so that it can enjoy the profundity of the wood material by comparing the beauty of the wood skin of oak and walnut together.

The cushions of the chair, sofa, and bench are two-tone, which is a combination of earth-color and silver fabrics, and it also gives an attractive expression along with the moonlight of the oak grain. (Matsushima-JP)

【TSUKUYOMI】

所在地:東京都世田谷区
用途:共同住宅・集合住宅
クライアント:リビタ
竣工:2020年

設計:松島潤平建築設計事務所
担当:松島潤平、立石遼太郎、福田 俊
造作家具・SUS壁・特殊建具製作:イノウエインダストリィズ
家具製作:カリモク家具
照明デザイン:NEW LIGHT POTTERY
施工:タマリスク

撮影:古末拓也

工事種別:リノベーション
構造:RC造
延床面積:142.06m²
設計期間:2019.08-2019.10
施工期間:2019.11-2020.03

【TSUKUYOMI】

Location: Setagaya-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Housing Complex
Client: ReBITA
Completion: 2020

Architects: JP architects
Design team: Matsushima-JP, Ryotaro Tateishi, Suguru Fukuda
Built-in furniture: INOUE industries
Furniture: Karimoku
Lighting design: NEW LIGHT POTTERY
Contractor: TAMARIX

Photographs: Takuya Furusue

Construction type: Renovation
Main structure: Reinforced Concrete construction
Total floor area: 142.06m²
Design term: 2019.08-2019.10
Construction term: 2019.11-2020.03