PROJECT
PROJECT2022.05.11

Snail Games Japan Office / THE TRIANGLE.JP

ポリゴン柱が巡る ゲーム空間のようなオフィス

(English below)

ゲームコンテンツ会社Snail Games Japanのオフィスデザイン。
世界がファミコンに熱狂したあのころとは違い、今ではゲームの中の世界ではどんな表現も可能になり、高精密な3次元ゲームが当たり前になっている。しかし、どんな時代でもゲームの原点は1ピクセル、あるいは1ポリゴンの集積である。
その最小単位である1ピクセルが現実世界に飛び出し、コンクリートブロックが宙に浮いているスーパーマリオブラザーズの世界のように重力に逆らい空間を仕切っている。
300mm角の六面体ポリゴンがベンチやテーブルになり、あるいは扉にもなっていく。会議室などのそれぞれのエリアの区切り方も、ポリゴンで「くぐる」ことや目線の位置だけを「遮る」、通さないために腰の位置で「阻む」など、コンセプトエレメントが装飾ではなく機能として全体の空間をまとめている。(呉 勝人)

An office like a game space with polygon pillars

This project is office Design for Snail Games Japan (A game content company).
As you enter through the evocative orange passageway, you begin to feel a sense of expectancy. Once inside the office space, columns universally follow the shape of hexahedrons, making you feel as if you are wandering into a low-poly game world. The negative space created by these columns gives you a sense of depth in the office. Parts of structures transform into benches, tables, and doors, and these columns separate space creating paths and rooms. This core concept composes the entire design not just as ornamental but as a functional key element suitable for a game content company. (Masato Kure)

【Snail Games Japan Office】

所在地:東京都港区赤坂8-7-15アンフィニ赤坂2階
用途:事務所
クライアント:蝸牛数字日本
竣工:2018年

設計:トライアングル.JP
担当:呉 勝人
照明:大光電機
施工:エムトラスト

撮影:長谷川健太

工事種別:新築
延床面積:197.20m²
設計期間:2018.04-2018.07
施工期間:2018.07-2018.09

【Snail Games Japan Office】

Location: Infini Akasaka 2F, 8-7-15, Akasaka, Minato-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Office
Client: snail Games Japan
Completion: 2018

Architects: THE TRIANGLE.JP
Design team: Masato Kure
Lighting: DAIKO ELECTRIC
Contractor: M TRUST

Photographs: Kenta Hasegawa

Construction type: New building
Total floor area: 197.20m²
Design term: 2018.04-2018.07
Construction term: 2018.07-2018.09

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ