PROJECT
PROJECT2022.08.17

Snow Peak LANDSTATION HARAJUKU / Puddle

対照的なマテリアルで都市にローカルの魅力をつなぐライフスタイルショップ

(English below)

〈Snow Peak LAND STATION HARAJUKU〉は、アウトドアライフスタイルを提供するSnow Peakが原宿に出す、新業態店舗のプロジェクト。
日本各地の魅力を発信する拠点となるこの店舗は、物販に加え「お土産」と題し、新潟県燕三条の技術を活かした商品や、全国のその土地にしかない「いいもの」をセレクトし紹介する案内所としての役割も持つ。

お土産を扱うこの店舗は、クライアントから語られた「日本の土から産まれた文化を再発見する」というキーワードから「土から産まれたもの」をコンセプトに空間の設計を進めた。
人と人、人と自然をつないできたスノーピークの活動が、空間にも反映されるよう、床は土や木など自然素材のものを、天井は施設が持つ工業的な素材を使用し、対象的なマテリアルがバランスよくつながる空間を目指した。

カフェのテイクアウトも行うこの店舗では、カフェカウンターを空間の中央に配置することで、カウンターを中心に各エリアを回遊できるゾーニングとした。
この配置により、カウンター内にいるスタッフとどのエリアからでもコミュニケーションが取れるようになった。

エントランスにはお土産のエリアを配置し、そこにある象徴的な壁面は、お土産とそれにまつわるストーリーを伝える。
エントランスを抜けるとアパレルエリアとなり、ハンガーは天井からの吊り下げ式とし、回転するとハンガーの高さを変更できる仕様とした。
壁面棚はステンレスのフレーム構造とし、背面にはスノーピークのテントで使用させている生地をドーム状に張ることで、実際のテントを想起させるようなデザインとした。

店内奥はギアエリアとし、キャンプ場のイメージからウッドデッキを用いたスペースとしている。
デッキには、スノーピークの地元である新潟県の魚沼杉を雪の中で野晒しにしたものを使用し、自然が生み出した経年変化を空間に取り込んでいる。
また、外を見渡せる大きなガラスサッシがあるギアエリアには、スノーピークのテントやチェア、テーブルが配置され、コーヒーをテイクアウトしたお客さま同士がコミュニケーションをとる場所としても機能する。

コーヒーやドリンクを片手に、日本各地のその土地にしかない「いいもの」に触れ、ローカルの魅力を発見できる、そんな豊かな時間を過ごせる場所となった。(加藤匡毅)

A lifestyle shop that connects the local charm to the city with contrasting materials

Snow Peak, an outdoor lifestyle company, 〈Snow Peak LAND STATION HARAJUKU〉 is a new type of store in Harajuku.
The store, which will serve as a base for communicating the charms of various regions of Japan, will not only sell goods but will also serve as an information center for “souvenirs,” introducing products that utilize the technology of Tsubame-Sanjo in Niigata Prefecture, as well as selections of “good things” that can only be found in that region of Japan.

The store, which deals in souvenirs, was designed based on the concept of “things made from the soil,” based on the client’s keyword of “rediscovering the culture born from the soil of Japan.”
The floor was made of natural materials such as earth and wood to reflect the activities of Snow Peak, which has been connecting people with people and people with nature. The ceiling is made of the industrial materials of the facility, aiming to create a well-balanced space with different materials.

The café counter is placed in the center of the space for this store that also serves takeout. The zoning allows customers to move around the various areas around the counter.
This arrangement makes it possible to communicate with the staff at the counter from any area.

The souvenir area is located at the entrance, and the symbolic wall there tells the story of the souvenirs and the stories associated with them.
Beyond the entrance is the apparel area. The hangers in the apparel area are suspended from the ceiling, and the salesperson can change the height of the hangers by rotating them.
The wall shelves have a stainless steel frame structure, and the back of the shelves are domed with the same fabric used in Snow Peak’s tents, reminiscent of an actual tent.

At the back of the store is a gear area with a wooden deck to evoke the image of a campground.
The deck is made of Uonuma cedar from Niigata Prefecture, Snow Peak’s hometown, exposed to the snow elements.
In addition, the gear area with a large glass sash overlooking the outside is furnished with Snow Peak tents, chairs, and tables and serves as a place where customers who have taken out coffee can communicate with each other.

With a cup of coffee or a drink in hand, it became a place where you can spend such a rich time, experiencing the “good things” that can only be found in each region of Japan and discovering the local charm. (Masaki Kato)

【Snow Peak LANDSTATION HARAJUKU】

所在地:東京都渋谷区神宮前1丁目14-30 WITH HARAJUKU
用途:店舗・アパレルショップ
クライアント:スノーピーク
竣工:2020年

設計:Puddle
担当:加藤匡毅、大滝雄二郎、篠崎茶代
施工:バウハウス丸栄
照明計画:ModuleX

計画面積:197.84m²
設計期間:2019.10-2020.01
施工期間:2021.01-2020.03

【Snow Peak LANDSTATION HARAJUKU】

Location: WITH HARAJUKU 1-14-30 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Shop, Apparel shop
Client: Snow Peak
Completion: 2020

Architects: Puddle
Design team: Masaki Kato, Yujiro Otaki, Chayo Shinozaki
Contractor: Bauhaus Maruei
Lighting plan: ModuleX

Total floor area: 197.84m²
Design term: 2019.10-2020.01
Construction term: 2021.01-2020.03

Other works

PROJECT2021.12.09

TINY GARDEN 蓼科 / Puddle

建築と環境をリノベーションし自然と溶け合う宿泊施設
PROJECT2021.10.26

sequence MIYASHITA PARK / Puddle

景色と音でまちとつながる都市型ホテル
PROJECT2021.12.15

A Residence / Puddle

新たな吹き抜けで生活軸をつなぐ住宅のリノベーション
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ