CULTURE

隈研吾監修〈バンヤンツリー・東山 京都〉2024年春開業予定

インテリアデザインをdwp、客室デザインを橋本夕紀夫デザインスタジオが担当

CULTURE2022.04.01

世界各地にラグジュアリーリゾートとホテルを展開するバンヤンツリー・グループが、京都市に出店する〈バンヤンツリー・東山 京都〉の概要が発表されました。
総合不動産デベロッパーのサムティ(大阪市淀川区)との共同出資により、本件プロジェクトを進める、ウェルス・マネジメントグループ(東京都港区)が3月31日に発信したプレスリリースによると、2022年3月末に着工し、2024年春の開業を予定しているとのこと。
バンヤンツリーのインターナショナルブランドの国内開業はこれが初となります。

立地は、京都市内を一望できる東山の高台。近隣には清水寺や高台寺など、京都でも有数の寺社仏閣があり、観光の利便性も高いエリアとして知られています。

〈バンヤンツリー・東山 京都〉周辺MAP

〈バンヤンツリー・東山 京都〉周辺MAP

〈バンヤンツリー・東山 京都〉は天然温泉の源泉を有し、祇園・東山地区におけるインターナショナルブランドホテルとしては初めて、温泉付きの客室を完備し、バンヤンツリー・スパも用意されるなど、ラグジュアリーなアーバンリゾートとして計画されています。
さらには、京都市内のホテルでは唯一という能舞台も建設される予定です。

〈バンヤンツリー・東山 京都〉能舞台イメージ

〈バンヤンツリー・東山 京都〉に建設される能舞台(イメージ)

〈バンヤンツリー・東山 京都〉のデザイン監修を担当するのは、建築家の隈 研吾氏が率いる隈研吾建築都市設計事務所。加えて、アジア、オーストラリア、中東に拠点を構え、世界各地でラグジュアリーホテルをはじめさまざまなプロジェクトを手掛けている、DWP Internationalがインテリアデザインを担当します。
グローバルな設計活動を展開する両社により、バンヤンツリーブランドの唯一無二の世界観だけでなく、京都の歴史や文化などが、館内各所で空間デザインとして表現される計画です。

〈バンヤンツリー・東山 京都〉イメージ

〈バンヤンツリー・東山 京都〉内観イメージ

〈バンヤンツリー・東山 京都〉計画概要

所在地:京都府京都市東山区清閑寺霊山町7番
建築規模:地下1階、地上4階
延床面積:約7,120m²
敷地面積:約5,850m²
客室数:52室
デザインアーキテクト:隈研吾建築都市設計事務所
設計:東洋設計事務所、入江三宅設計事務所
インテリアデザイン:dwp / https://dwp.com/
客室デザイン:橋本夕紀夫デザインスタジオ
施工:清水建設
着工:2022年3月末
開業(予定):2024年春
問合せ先:ウェルス・マネジメント

バンヤンツリー・グループ / Banyan Tree Groupについて
スチュワードシップとウェルビーイングを主軸としつつ、今とこれからの世界を旅する人々に格別な体験を提供する、マルチブランド・ホスピタリティ・グループとして世界を牽引している、独立グループ。ホテル、リゾート、スパ、ギャラリー、ゴルフやレジデンスなど、10のグローバルブランドを展開している。
数々の受賞歴を誇る「Banyan Tree」をはじめ、「Angsana」「Cassia」「Dhawa」「Laguna」に続き、新たなブランドとして、「Homm」 「Garrya」「Folio」、バンヤンツリーブランドから派生した「Banyan Tree Escape」と「Banyan Tree Veya」を予定している。

Banyan Tree ロゴ

グループは、1994年にサステナビリティ(持続可能性)を主たるコンセプトとして設立され、すべてのステークホルダーとホテルが所在する土地、商品とブランドに長期的な価値を創造することをミッションに掲げる。2008年に設立されたバンヤンツリー・マネジメント・アカデミー(BTMA)は、23カ国で8,200名の人員を擁し、人材開発やマネジメント・エクセレンスを推進し、グループの目標達成をサポートする。

創業以来、グループでは、2,920にもおよぶ産業賞と栄誉を獲得。近年では、TRAVEL+LEISURE誌の「世界のホテルブランド・トップ 25」に選出されている。
また、バンヤンツリー・グローバル・ファウンデーション(BTGF)を通じて行われる、環境保護と地域開発への取り組みは、国連の「持続可能な開発目標」に沿った活動であり、高く評価されている。
ローカライズ(地域化)された成長戦略を実行することで、グループの世界的な事業展開は拡大を続けており、2021年12月時点で、15カ国に55軒のホテルを運営しているほか、45軒のホテルとリゾートが設計段階、または建設中。
2017年には、アクティブ・エイジングとウェルネスに向けたプロジェクトを推進するため、Vanke社(中国)との合弁会社も設立している。

バンヤンツリー・ホテルズ&リゾーツ
https://www.banyantree.com/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

隈研吾建築都市設計事務所 プロジェクト TOPICS

CULTURE2020.06.11

〈エースホテル京都〉6月11日開業

建築デザイン監修は隈研吾建築都市設計事務所
CULTURE2020.11.06
隈研吾が内装デザインによる、マリオットの最高級ブランドホテル〈東京エディション虎ノ門〉10/20開業
CULTURE2021.01.22
隈研吾氏がラグジュアリー・レジデンスを設計監修。「プロスタイル札幌 宮の森」2022年夏竣工予定
CULTURE2021.11.11
隈研吾建築都市設計事務所がフランスで設計したサン・モーリス大聖堂の保護プロジェクト〈La Galilée de Saint-Maurice d'Angers〉
CULTURE2022.02.05

隈研吾設計〈FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS〉

スノーピーク初の温浴施設併設の体験型複合リゾートが三条市の本社エリアに4/15開業
CULTURE2022.05.10

隈研吾氏が東海市横須賀町の新施設を設計

地域と調和した外観デザイン、映像を活用した交流施設に

京都市内に近年開業・建設中の注目ホテル

CULTURE2020.07.15
NAP建築設計事務所が改修を担当、村野藤吾設計のウェスティン都ホテル京都 数寄屋風別館〈佳水園〉がリニューアルオープン
BUSINESS2020.08.21

京都〈GOOD NATURE HOTEL KYOTO〉がWELL認証を取得

元来オフィス向けの評価基準をホテル用に策定し、世界で初めての取得
CULTURE2021.03.17
「FAUCHON Meets Kyoto. Feel Paris.」をコンセプトとした〈フォションホテル京都〉が開業
CULTURE2021.03.30
シャングリ・ラ ホテルが京都二条城北側に2024年12月開業予定
CULTURE2021.09.16
ヒルトンのラグジュアリーブランド〈ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts〉が京都洛北に9/16開業
CULTURE2021.11.29
〈ホテルオークラ京都 岡崎別邸〉が1/20に開業
CULTURE2022.03.04

強羅花壇が京都に進出

旧九条山浄水場跡地にラグジュアリーな宿泊施設を2026年春開業予定
CULTURE2022.03.30

京都・鍵屋町に〈丸福樓〉4/1開業!

安藤忠雄設計監修、任天堂旧本社社屋が改修・増築されホテルに。ライブラリーの設計監理をSUPPOSE DESIGN OFFICEが担当
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 隈研吾監修〈バンヤンツリー・東山 京都〉2024年春開業予定。インテリアデザインをdwp、客室デザインを橋本夕紀夫デザインスタジオが担当
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ