CULTURE

雪山の中に現れる真っ白いテントのような会議場

MADアーキテクツが設計した 有機的な屋根が雪山にやさしく溶け込む〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター〉

CULTURE2022.12.02
〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ ArchExist

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ ArchExist

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉は中国のスキーで有名な雪山に建つ、真っ白なテントのような会議場です。

うねる屋根の輪郭は遠くの雪山の稜線を、白いアルミパネルの有機的なテクスチャは新雪がつくり出す模様をイメージしており、雪山の景色にやさしく溶け込んでいます。

未来的で有機的なさまざまな建築を手がける中国の設計事務所MADアーキテクツ(MAD Architects)が設計しました。

(以下、MAD Architectsから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

雪山に舞い降りた真っ白なテント

マー・ヤンソン(Ma Yansong)率いるMADアーキテクツが設計した〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター〉は、中国最大のスノートレーニングセンターとアジア最長のアルペンスキーゲレンデを持つスキータウンとして知られる中国・黒龍江省(こくりゅうこうしょう)亜布力市(やぶりし)に位置している。

敷地面積22,000m²、延床面積16,000m²のこの建物は、図書館や展示ホールと20以上の多目的室で構成されている。この施設では、毎年開催される中国起業家フォーラム(CEF)や中国起業家ミュージアムや、起業家や企業向けの教育プログラムや大規模な会議、展示会、企業研修プログラムも同時に開催することが可能である。

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ CreatAR Images

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ Blackstaion

MADアーキテクツは、周囲の景観や地形に溶け込むようこのコングレスセンターを設計した。遠くから見ると、巨大な白いテントが山の頂上から舞い降り、雪の中にそっと消えていくように見える。うねる屋根の輪郭は遠くの雪山の稜線を、白いアルミパネルの有機的なテクスチャは新雪がつくり出す模様をイメージしている。

メインエントランスは1階の東側に、サイドエントランスと出口は2階の西側に配置した。内部は丘の傾斜に沿った高低差を活かした配置としながらも、建物の一部を地中に隠すことで回遊性も確保している。

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ CreatAR Images

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ CreatAR Images

人々が雪の中、坂道を歩いていると、この建物が両手を広げたような姿勢で出迎える。曲線の屋根は最大20mの片持ちで、通行人が悪天候から身を守るためのシェルターとしても活用できる。

床から天井までのびるガラスカーテンウォールが建物の東西両面を縁取り、南北のファサードはランドスケープに溶け込んでいる。また、すべての設備機器を見せないよう地下のサンクンガーデンに設置したルーバーは、ファサードの曲線と内壁がスムーズに連続するよう設計されている。

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ Agovision

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ CreatAR Images

中央の天窓から差し込み、木で覆われたロビーに降り注ぐ陽の光は、センターの中心で圧倒的な存在感を放っている。軽量で半透明なプラスチックポリマーであるETFEの膜をカーテンウォールに組み込むことで、内部全体に光を拡散させ、内部で行われる活動をダイナミックに照らし出す。

ロビーは、0.4mmの穴のあいた木製パネルを使用した音響設計により、一時的なパフォーマンス空間としても機能する。

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ Agovision

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ Agovision

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ ArchExist

1,000人近くを収容できるメインカンファレンスホールは完全に無柱空間となっており、350席の講堂ではLEDスクリーンを開くことで、周囲の山々を背景とすることができる。

床から天井までつづくガラスはドラマチックで透明な空間を生み出すとともに、純白の雪景色と温かみのある木のインテリアという内外の景色を1つの構図に融合している。昼間は、雪に覆われた大地に建つランドアートのような建築となり、夜はテントのそばで燃える焚き火のような温かな照明が建築を照らす。

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ CreatAR Images

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ Agovision

雪深い山の上には、宇宙を思わせるディープブルーのとても美しい星空が広がっている。

デザインのインスピレーションとなった「焚き火」と「テント」は、未知の世界を探検し、暗闇の中で真実と知識を求める人間の精神を表現している。〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター〉は、その精神を受け継ぐ場所であり、後継者たちの道しるべとなるものである。

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ Blackstaion

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ ArchExist

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ ArchExist

〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター(Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center)〉

©︎ Blackstaion

以下、MAD Architectsのリリース(英文)です。

A Tent beneath Snow Mountains – MAD-Designed Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center Completed

April 19, 2022

Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center, designed by MAD Architects – an international firm led by architect Ma Yansong – is completed and currently in use. The project is located in the city of Yabuli, Heilongjiang Province, a well-known ski town, which has the largest snow training center in China, and the longest alpine ski slope in Asia.

On a site of 22,000 square meters with a total interior area of 16,000 square meters, the building consists of a library, exhibition halls, and more than 20 well-equipped multi-functional rooms. This new permanent site is designated to host the annual event of China Entrepreneurs Forum (CEF) as well as the Chinese Entrepreneurs Museum. The center also hosts educational programs for entrepreneurs and corporations, which can accommodate big conferences, exhibitions, corporate training programs and think tanks simultaneously.

MAD Architects designed the congress center to blend into the surrounding scenery and topography. From a distance, it looks like a giant white tent, floating down from the top of the mountain then gently dissipating into the snow. The undulating ridgelines of the roof structure is inspired by the shape of distant snow-capped mountains while the organic and biological texture of the white aluminum panels recall the contours of fresh snow.

The interior layout and circulation works with the building’s height differences that follow the downward slope of the hill, leavingart of the building hidden underground. The main entrance is on the ground floor by the east side but the side entrance and exit are located on the second floor by the west side. While walking uphill in the snow, people see this structure as a humble gesture with open arms. The farthest ends of the curved roof cantilever up to 20 meters to provide shelter for passersby from inclement weather.

The floor-to-ceiling glass curtain walls frame both the east and west sides of the building, while the north and south facades blend into the sunken courtyard landscape. All MEP terminals are designed to be not visible while the louvered openings are set in the sunken garden underground, allowing for a smooth visual continuity between the curve on the façade and the interior walls.

Sunlight from the central skylight floods the wood-clad lobby, which maintains a commanding presence within the central axis of the center. Additional light features are embedded throughout the structure to illuminate the dynamic activity taking place inside while ETFE, a lightweight and translucent plastic polymer, is integrated into the curtain wall structure to diffuse light throughout the interior. The lobby can function as a temporary performance space thanks to an acoustic design using wood panels with .4mm micro-perforations.

The main conference hall is an entirely column-free space that can accommodate nearly 1,000 people. The LED screen of the 350-seat auditorium can be opened to transform the surrounding mountains into a backdrop.

In addition to creating a dramatic and transparent space, the floor-to-ceiling glass merges the interior and exterior views of the pure snow scenery and the warm wooden interior into a singular composition. During the day, the architecture is a form of land art on the snow-covered earth; at night, the warm lighting illuminates the structure like a burning bonfire by a tent.

Above the snowy mountains of Yabuli, there is the most beautiful starry sky; a luminous deep blue that extends infinitely into the universe. The bonfire and the tent served as design inspiration as these two elements reflect the human spirit of exploring the greater unknown, seeking truth and knowledge in the dark. The Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center is the physical site for the heritage of that spirit which guides the way for the successors.

Yabuli Entrepreneurs’ Congress Center
Yabuli, China
2017-2020

Site Area: 22,000 sqm
Building Area: 16,198 sqm
Building Height: 23.3 m

Principal Partners in Charge: Ma Yansong, Dang Qun, Yosuke Hayano
Associate Partners in Charge: Liu Huiying, Tiffany Dahlen
Design Team: Li Guangchong, Sun Shouquan, Deng Wei, Song Chi, Zhang Xiaomei, Huai Wei, Zhao Meng, Wang Shuobin, Zhang Yanru, Yuki Ishigami, Xiao Ying, Tian Jin

Client: China Entrepreneur Forum
Executive Architects: China Architecture Design & Research Group
Façade Consultant: RFR Shanghai, Kighton Façade Consultant
Landscape Architects: BJF International Design
Interior Design Consultant: Shanghai Xian Dai Architectural Decoration & Landscape Design Research Institute Co., Ltd.
Lighting Consultant: Brandston Partnership Inc.
Signage Consultant: Dongdao Creative Branding Group
Acoustics Consultant: Beijing Tsinghua Tongheng Urban Planning & Design Institute
LEED Consultant: AECOM Beijing

「Yabuli Entrepreneurs’ Congress Centre」MAD Architects 公式サイト

http://www.i-mad.com/work/china-entrepreneur-forum-conference-centre-2/?cid=4

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

MADアーキテクツ 関連記事

CULTURE2022.10.17

MADアーキテクツによる 景観に溶け込むスタジアム

世界最大の土で覆われた複合施設「衢州スポーツパーク」の目玉となる〈衢州スタジアム〉
CULTURE2022.12.07

洞窟のような建築で非日常を体験する読書空間

MADアーキテクツが設計した 図書館やカフェを有する有機的な建築〈Cloudscape of Haikou〉
COMPETITION & EVENT2022.08.09

《光のトンネル》はいかにして生まれたか?

MADアーキテクツ YouTubeチャンネルにて特別映像を8/10(木)20時より配信!

中国 関連記事

FEATURE2022.08.31

インパクトだけじゃない! アイコニックなクセつよ中国建築

氷、樹木、輪、宝箱、岩… さまざまな意味を持つ中国のアイコニックな5つの建築
CULTURE2022.10.28

ザハ・ハディド・アーキテクツによる地層のようなスポーツセンター

日射量の分析からルーバーの構成を決定し構造体を最適化することで材料を最小限に抑えた〈杭州国際スポーツセンター〉
CULTURE2022.10.07

地元の石をまとい里山の風景に溶け込む博物館

UADが設計した 段々畑や田舎道といった周囲の環境に調和する〈青渓文化歴史博物館〉
CULTURE2022.08.18

新興金融街に建つ「オアシス」のような超高層建築

MVRDVが中国・南京の新たな地区に設計した住居と商業の複合施設〈オアシスタワー〉
CULTURE2022.08.26

浮遊する薪で光のうつろうレストラン

MIX Architectureが農村活性化プロジェクトとして中国の村に設計した〈山水 薪の庭〉
CULTURE2022.09.07

海とつながる水たまりの下の図書空間

3andwich Designが設計した円と線で構成された幾何学形状の図書館〈ウォータードロップ・ライブラリ〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 雪山の中に現れる真っ白いテントのような会議場、有機的な屋根が雪山にやさしく溶け込むMADアーキテクツが設計した〈ヤブリ・アントレプレナーズ・コングレスセンター〉中国
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ