CULTURE

MADアーキテクツによる 景観に溶け込むスタジアム

世界最大の土で覆われた複合施設「衢州スポーツパーク」の目玉となる〈衢州スタジアム〉

CULTURE2022.10.17
〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Aogvision © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

マー・ヤンソン(Ma Yansong)率いるMADアーキテクツ(MAD Architects)が中国・浙江省(せっこうしょう)衢州市(くしゅうし)に設計した、「衢州スポーツパーク」の目玉となる〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉が竣工しました。

約70万m²に及ぶ「衢州スポーツパーク」は、完成すると世界で最大の土で覆われた複合施設となるプロジェクトであり、〈衢州スタジアム〉は公園のランドスケープと一体化することで景観の一部となるよう設計されています。

(以下、MAD Architectsから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

衢州スポーツパーク レンダリングイメージ creat by MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

衢州スポーツパーク レンダリングイメージ creat by MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

衢州スポーツパーク レンダリングイメージ creat by MAD Architects

衢州は上海の南西400kmに位置する歴史ある都市であり、東西を囲む密林や遠くの山々がつくり出すしなやかな稜線という、SF作家が想像した惑星のような風景を有している。

〈衢州スタジアム〉は、3万人を収容可能な大規模なスタジアムでありながら、周囲の景観から突出した存在ではなく、むしろ景観の一部となるよう設計されている。

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

ダイナミックな公園空間とつながるスタジアム

MADアーキテクツは衢州スポーツパークについて、スポーツやレジャーを楽しむだけでなく、人と自然が精神的につながることができる、都心に隣接するダイナミックな公園空間として位置付けている。

そして〈衢州スタジアム〉は、自然の中に身を置き、人々が集い、スポーツ精神を共有することを歓迎するランドアートのようなものだと考えている。

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Aogvision © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

このコンセプトのもと設計された〈衢州スタジアム〉は、周囲の地形の起伏を受け継いだファサードを持っており、どこまでがランドスケープで、どこからが建物なのかも定かではない空間となっている。スタジアムが閉まっている間も、来場者はランドスケープの一部としてこの建築に登ることができる。

遠くから見るとまるで風景の上に浮かび上がる後光のような〈衢州スタジアム〉は、衢州の新たな宝物となるものである。

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Aogvision © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Arch Exist © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

スタジアムの8つの入り口はどれも複雑なカーブの屋根に覆われており、まるで波のように頭上に波紋を描いている。これらの屋根は、最大95mのスパンを持つ9つのドロップポイントによって支えられており、建物がランドスケープの上に「浮遊」しながら、さまざまな視点からフレーミングされた都市の風景を提供する。

スタジアムを支える60組の柱壁は、木目調の打ち放しコンクリートとなっており、コンクリートという素材に質感と暖かさをもたらし、内外の境界をあいまいにしている。スタジアムの屋根は、スチール製の構造に半透明の膜材を巻き付けることで、長大なデザインに必要な複雑な形状を実現している。

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Aogvision © MAD Architects

巨大な鉄骨で構成された屋根は下半分に巻かれた透光性のあるPTFE膜のおかげで軽量に見え、膜に開けられている細かな穴によりスタジアム全体の音響性能を高めている。また屋根の上面は、より強固なPTFE膜で構成されており、客席への「雨の侵入」を防いでいる。

クレーターのようなスタジアムの内部には最大3万人の観客が収容でき、その向こうに広がるまちや山の風景を垣間見ることができる。観客席は、周囲の風景に呼応してうねり、白い屋根とは対照的な濃淡のある緑色で表現されている。

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

Seating Pattern Diagram

〈衢州スタジアム〉は、サステナブルな設計手法を幅広く取り入れている。

観客席とアリーナを除き、衢州スタジアムの施設の大部分は地面の下に設置されている。
スタジアム全体にわたり、雨水を吸収、貯蔵、浸透するよう設計されているため、建物を豪雨の被害から守り、温度変化とエネルギー消費の大幅な削減につながるという効果をもたらす。

また、景観に配慮した開口部からは、自然光が駐車場やスタジアムの入口レベルにも入り込み、照明設備の必要量を低減している。

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

植栽にはメンテナンス性の高い地域特有の植物を選定することで節水につながり、スタジアムの屋外サインは石と金属で構成し、景観に溶け込むように地盤面に埋め込んでいる。

さらに、敷地内のコンクリート材料はすべて地元で生産されたものを使用することで、建設過程での材料輸送に伴うCO2排出量も最小限に抑えている。

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Arch Exist © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Aogvision © MAD Architects

土に覆われた、世界最大の土で覆われた複合施設

〈衢州スタジアム〉は、2018年に公開された大規模プロジェクトである衢州スポーツパーク複合施設の第1期工事の施設である。第1期の他の施設として、1万席の体育館、2千席の水泳プール、科学技術博物館、宿泊施設、ユースセンター、小売店などを含む予定である。

公園全体に配置された建物のデザインは、従来の運動施設の構造的強度が強調されたデザインから脱却し、繊細な内面の美しさを表現している。完成すれば、衢州スポーツパークは世界最大の土で覆われた複合施設となり、高密度な都市における重要なコントラストをつくり出すであろう。

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Arch Exist © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Tian Fangfang © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Aogvision © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by Arch Exist © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

photo by CreatAR Images © MAD Architects

〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉 〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉 〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉 〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉 〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉 〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉 〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉 〈衢州スタジアム(Quzhou Stadium)〉

以下、MAD Architectsのリリース(英文)です。

MAD Architects Completes the First Signature Stadium of Quzhou Sports Park, the World’s Largest Earth-sheltered Buildings

MAD Architects, led by Ma Yansong, has completed Quzhou Stadium, the centerpiece of a complex spanning almost 700,000 square meters that will be known as Quzhou Sports Park in Zhejiang Province. Quzhou is a historic city 400 kilometers southwest of Shanghai and surrounded by dense forests to the east and west, its sinuous exterior profile reflects the mountain ridge within distant view of the site while its landscape evokes those of planets imagined by visionary science fiction authors.

Despite its impressive 30,000-seat capacity, Quzhou Stadium was designed to appear as a continuation of the surrounding landscape rather than an object standing out against it. Unlike the typically fortress-like stadiums built in urban areas around the world, MAD Architects was determined to build a stadium that would embed much of the technology that went into its production so that it can instead be open to the surrounding public space from nearly every angle.

MAD Architects considers the stadium grounds as not only a dynamic park space adjacent to the city’s urban center amenable to athletic and leisurely recreation, but also an opportunity for a spiritual connection between people and nature. For Ma Yansong, the Quzhou stadium breaks away from the conventional sports architecture. It is conceived as a piece of land art that submerges itself into the nature and welcomes everyone to gather and share the sports spirit.

With this concept in mind, the undulations of the surrounding topography are carried through to the sloping facade, onto which visitors are encouraged to determine for themselves where the landscape ends and the building begins. Even when the stadium is closed, visitors are encouraged to climb the structure and treat it as an active piece of the landscape.

Appearing from a distance like a halo hovering gently above the landscape, the overhanging structure of Quzhou Stadium is the newest crown jewel of the city. Visitors approach the stadium by walking through the canopy from one of eight entrances, all of which feature complex double-curved surfaces that ripple overhead like ocean waves. The canopy is supported by only nine drop points with a maximum span of 95 meters between them to allow the building to “float” over the landscape while offering framed perspectives of the city from many points of view.

The 60 sets of concrete column walls that support the stadium are composed of exposed wood-grained fair-faced concrete sheet walls that brings the warmth feeling with texture to such material, and blur the boundary between interior and exterior. The canopy is internally composed of self-supporting steel, onto which a translucent light-emitting membrane material was wrapped that could take on the complex geometry required for the long-spanning design.

Though the canopy is composed of a monumental steel frame, it appears lightweight thanks to the light-transmitting synthetic polymer PTFE membrane wrapped around the lower half of the structure that is composed of micro-perforations to improve the acoustic performance throughout the stadium. The upper surface of the canopy is composed of a more solid PTFE membrane to prevent rain from entering the seating bowl.

The sinuous geometry is continued within the stadium itself, where up to 30,000 spectators can occupy the crater-like interior and catch select glimpses of the city and mountain landscape beyond. The seating undulates in relation to the surrounding landscape, which it also simulates as an array of shades of green that visually contrast the white canopy structure above them.

In addition to providing an intimate setting for spectatorship, the stadium was designed with a wide array of sustainable design features. Aside from the audience seating and arena, the majority of Quzhou Stadium’s facilities are located beneath the ground plane.

Large openings in the landscape allow for natural light to penetrate the parking garage, entry levels of the stadium. Across the entire structure, the stadium is engineered to absorb, store, and infiltrate rainwater, which will have the added effect of protecting the building from excess rain damage and leads to a substantial reduction in temperature fluctuations and energy consumption.

As a piece of land art, MAD selected regionally-specific plants that would require little maintenance to promote water conservation, while the outdoor signage for the stadium is composed of stone and metal and embedded within the ground plane to blend into the landscape.

Moreover, all of the concrete materials found throughout the site were locally produced, thus minimizing the carbon footprint associated with the transportation of materials throughout the construction process.

Quzhou Stadium represents the first of two construction stages for the Quzhou Sports Park complex, a major project first announced to the public in 2018 that will include a 10,000 seat gymnasium, a 2,000 seat natatorium, a science & technology museum, hotel accommodations, youth center and retail programs. The design of the buildings placed throughout the park break away from the traditional way of highlighting the structural strength of athletic facilities to instead convey a subtle inner beauty. When complete, Quzhou Sports Park will become the largest earth-sheltered complex in the world, and will provide a much-needed contrast to the dense urban fabric of the region.

Quzhou Stadium
Quzhou, China
2018 – 2022
Typology: 30,000seats Stadium, Sports and recreational facilities
Stadium Site Area: 33,731 square meters
Stadium Building Area: 58,565 square meters
Quzhou Sports Park Masterplan Site Area: 610,556 square meters (Phase One: 327,370 square meters; Phase Two: 283,186 square meters)
Quzhou Sports Park Building Area: 390,074 square meters (Phase One: 269,474 square meters; Phase Two: 120,600 square meters)
Principal Partners in Charge: MA Yansong, DANG Qun, Yosuke HAYANO
Associate Partners in Charge: LIU Huiying, Kin LI, FU Changrui
Design Team: XU Chen, LI Cunhao, LI Guangchong, LI Gang, Iting LIEN, Kyung Eun Na, MA Yin, Thoufeeq AHMED Alessandro FISALLI, LI Hui, Tian JIN, ZHANG Kai, MA Yue, Melanie Weitz, ZHOU Haimeng, XIAO Yuhan, Yuki ISHIGAMI, Luis TORRES, SU Le, KANG Wenzhao, Pittayapa SURIYAPEE, YU Lin, Neeraj MAHAJAN, ZHANG Bo, Connor HYMES, ZHANG Yufei, WANG Qi, SONG Minzhe, CAO Xi, LIU Hailun, ZHANG Xiaomei, ZHENG Kangcheng
Client: Quzhou West District Development Committee, Quzhou Baoye Sports Construction and Operation Co., Ltd
Architect of Record: CCDI Group
Landscape Architect: PWP Landscape Architecture, EADG, Yong-High Landscape Design Consulting Co.Ltd
Structural Engineer: Schlaich Bergermann Partner
MEP Engineer: SC Consultants Limited
Façade Consultant: RFR Asia
Lighting Consultant: Ning’s Field Lighting Design
Signage Design: Kenya Hara (Nippon Design Center, Inc.)
Media contact: Fiona Qi Ziying (Fiona@i-mad.com)
MAD Press: Press@i-mad.com

MAD Architects 公式サイト

http://www.i-mad.com

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

海外スポーツ施設 関連記事

CULTURE2022.09.27

フォスター アンド パートナーズによる金色に輝くスタジアム

FIFAワールドカップ・カタール2022とカタールの計画都市ルサイルを象徴する〈ルサイル・スタジアム〉
CULTURE2022.03.24

浮遊するリングのミラノ五輪メインアリーナ

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツが設計した〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉
CULTURE2022.02.01

北京の新たなランドマーク〈アイスリボン〉

【北京五輪】浮遊する帯と回転する氷から着想したスケートリンク

中国 関連記事

FEATURE2022.08.31

インパクトだけじゃない! アイコニックなクセつよ中国建築

氷、樹木、輪、宝箱、岩… さまざまな意味を持つ中国のアイコニックな5つの建築
CULTURE2022.08.24

中国で初となる「3Dプリント公園」!!

AICTが手がけた先進テクノロジーを統合した建設モデルの有用性を示す〈宝安3Dプリントパーク〉
CULTURE2022.09.20

廃墟に刻まれた時間の痕跡を体験する文化ホール

ARシティオフィスが中国の廃墟となった発電所を改修した〈沙井村ホール〉
CULTURE2022.08.02

新たな都市の今と未来をつなぐ流線形の赤いリング

パワーハウス・カンパニーが中国の開発地区に設計した〈ループ・オブ・ウィズダム〉
CULTURE2022.09.07

海とつながる水たまりの下の図書空間

3andwich Designが設計した円と線で構成された幾何学形状の図書館〈ウォータードロップ・ライブラリ〉
CULTURE2022.09.30

湖畔に佇む水辺に浸かる読書空間!?

MUDAアーキテクツが設計した「空から降る本」をコンセプトとした〈成都興隆湖中信書店〉
CULTURE2022.07.22

砂漠に埋もれた宝箱のような建築

3andwich Designが中国の砂漠地帯に設計した〈ギャラクシーキャンプ・サービスセンター〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • MADアーキテクツが設計した世界最大の土で覆われた複合施設「衢州スポーツパーク」の目玉となる〈衢州スタジアム〉中国
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ