CULTURE

BIG × NOT A HOTELによる 島に溶け込むヴィラ

日本とデンマークの感性を融合した 瀬戸内のパノラマを堪能する〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉

CULTURE2024.05.21
〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

© BIG

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉は、ビャルケ・インゲルス(Bjarke Ingels)率いるビャルケ・インゲルス・グループ(Bjarke Ingels Group、以下BIGと表記)がデザインを担当した、NOT A HOTELが瀬戸内の佐木島にて提供する3棟のヴィラからなるリゾートです。

立地とその眺望に応じて「360」「270」「180」と名付けられた3棟のヴィラは、障子を現代的に解釈したガラスのファサードやソーラー瓦など、伝統的な日本建築からインスピレーションを受けた構成となっており、湾曲した土壁には現地の土を使用した版築構法を採用しています。

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉は、公式ウェブサイトにて2024年夏に販売開始予定、オープンは2026年を予定しています。

(以下、BIGから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By LIT design

瀬戸内の離島デスティネーションで実現するBIGとNOT A HOTELのコラボレーション

NOT A HOTELが佐木島に展開する最新リゾート〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉のデザインは、スカンジナビアと日本におけるデザイン的価値観の長年の対話に基づいている。ホテルは島の山々を縫うように配置され、自然素材や地元の素材を取り入れながら、自然とのつながりを促進している。

日本のホスピタリティ・グループであるNOT A HOTELは、2022年にBIGとの提携を開始した。日本の瀬戸内地方にある離島、佐木島の30,000m²の敷地に位置するこのパートナーシップは、瀬戸内海のパノラマの景色を望む島の南西の岬に3棟のヴィラをもたらす。

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉は日本の瀬戸内地方にある離島、佐木島の30,000m²の敷地に位置し、瀬戸内海のパノラマを望む島の南西の岬に3棟のヴィラが誕生する。

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉は今年後半に着工予定であり、スイスのル・ブラッシュに位置するオーデマ・ピゲの〈オテル デ オルロジェ〉、カナダの〈ヴォレバック・アイランド〉、スウェーデンのラップランドにあるツリーホテルの〈バイオスフィア〉など、BIGのホスピタリティ・プロジェクトのポートフォリオに加わる。

時計、建築、自然愛好家をつなぐ BIGが設計したジグザグのホテル〈オテル デ オルロジェ〉スイス

BIGが手がける 食料やエネルギーを自給自足する島!ヘンプクリートや3Dプリントを活用し地形と一体化した建築が特徴的なオフグリッドアイランド〈ヴォレバック・アイランド〉カナダ

森に浮かぶ350の鳥かごに包まれたホテル、BIGがデザインした自然と共生する宿泊体験を提供する〈バイオスフィア〉、スウェーデン

NOT A HOTELの創業者兼CEOである濵渦伸次氏は次のように語る。

「ここ数十年、日本は魅力的な自然景観に加え、ハイエンドなデザイン、斬新な建築、最先端のアートを体験できる場所として注目を集めており、特に、今回〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉が建設される瀬戸内海エリアは、日本の観光におけるこれらの側面を1つに集約したような場所となっている。BIGとのパートナーシップにより、佐木島に日本屈指の豪華なヴィラを創り上げることで、より多くの人々が瀬戸内地域の魅力を体験するためのゲートウェイとなるでしょう。」

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

スカンジナビアと日本のデザインの関係は、日本が外国人旅行者に門戸を開いた19世紀に始まった。まもなくスカンジナビアのデザイナー達が日本を訪れるようになり、そのシンプルさ、自然素材の使用、自然とのつながりといった日本のスタイルに魅了されていった。

敷地は以前、開発が途中で止まってしまった場所であった。そのため、〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉のマスタープランではまず起伏のある土地の回復を優先し、建設開始前に草を刈り取り、オリーブの木、レモンの木、その他の原生植物を再導入して、敷地の自然の美しさをさらに高める。

3棟のヴィラは、立地と眺望に応じて「360」「270」「180」と名付けられ、既存の道路やインフラと調和しながら、景観の自然な輪郭に意図的に溶け込むように配置されている。さまざまな高さに広がるリゾートは、まるで敷地内を曲がりくねったリボンのように現れる。

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By LIT design

アイデアを押し付けるのではなく、敷地を訪れて観察し、理解するデザインプロセス

BIGの創設者兼クリエイティブ・ディレクターであるビャルケ・インゲルス氏は次のように語る。

「〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉のデザインアプローチは、私たちのアイデアを敷地に押し付けるのではなく、その景観を探求し、観察し、理解することであった。私たちは、この特徴的で顕著な地形を最大限に活用する方法を思い描き、伝統的な日本建築の優美さを反映したデザインにたどり着いた。」

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

「日本は昔からの手仕事や品質を追求する姿勢が、今も日常に息づいている世界でも稀な国である。建築においても構造の正直さ、シンプルさ、素材の選択など、日本の伝統建築はデンマークのモダン建築に大きな影響を与えたと言えるだろう。だからこそ日本を訪れると、いつも故郷に帰ってきたような気持ちになるのかもしれない。」

「〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉は、デンマークのシンプルさへの欲求と、日本の気遣いや完璧さという、両国の感性が融合したときに何が起こるかを示す、完璧な例となるだろう。」

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

各ヴィラには、敷地内の特定のロケーションにフィットするよう、明確なデザイン上の特徴がある。

リング状の「360」は小高い丘の頂上に位置し、瀬戸内の土地と海を文字通り360度見渡すことができ、中央にはプライバシーを確保するための中庭がある。「270」は周囲の群島を270度のパノラマでとらえ、プールの周囲に浮島のように配置された入浴スペースとサウナ、焚き火台を備えている。半島の先端に位置する「180」は海に最も近く、海岸の景観に沿って湾曲しており、緩やかなスロープ、苔むした小道、季節によって色を変える木々を配した中庭がある。

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Concept Diagram

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

伝統的な日本建築の要素に解釈しつつ、現地の土など、地元の素材を取り入れたヴィラ

3ベッドルームと4ベッドルームのヴィラは、日本の伝統的な平屋のデザインを参考として、日本の素材を取り入れている。ファサード、屋根、壁、床といった住宅に不可欠な要素はすべて、伝統的な日本建築の要素を守りつつ、現代の用途に合わせて再構築されている。

内部と外部をつなぐガラスのファサードは、障子を現代的に解釈したものであり、玄昌石の天然スレート床のパターンは、日本の伝統的な畳のレイアウトからインスピレーションを得ている。耐荷重性のある湾曲した土壁には伝統的なラムドアース(版築構法)を用い、敷地の土を直接組み込んでいる。

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

各ヴィラは、バスルームや収納ルームなどの機能的なエリアを独立したボリューム(ポッド)にまとめ、一体化した大きなスペースに面している。よりプライベートなポッドの上部には天窓が設置され、建物内のどこからでも眺望が楽しめるようになっている。

すべてのヴィラには、伝統的な日本の風呂、落ち着いた色調、屋外の焚火台、温水インフィニティ・プールがあり、敷地と周囲の自然との境界を曖昧にしている。

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

BIGのアソシエイトである小池良平氏は次のように語る。

「瀬戸内海は、うねるような山々のシルエットが美しい、ドラマチックな群島である。今回のデザインアプローチは、群島の広大なパノラマの眺望を拡大し、強化すると同時に、最小限の建築的介入によって親密さとプライバシーの瞬間をつくり出すことを目的としている。〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉は、BIGのモダンなデンマーク建築のエッセンスと、NOT A HOTELのDNA、そして日本の伝統文化を融合させている。」

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉の屋根は全面がソーラー瓦で覆われており、日本の伝統的な屋根を技術的かつ現代的に解釈している。屋根に溜まった雨水はランドスケープの灌漑に利用され、開閉可能なファサードと張り出した庇は、春と夏のパッシブ・クーリングを促進する。

NOT A HOTELは、共有オーナーシップモデルに基づく高級別荘ネットワークを日本全国で展開している。同社は間もなく公式ウェブサイトで瀬戸内ヴィラの販売を開始し、リゾートは2026年にオープンを予定している。

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By LIT design

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By LIT design

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉BIG

Render By MIR

以下、BIGのリリース(英文)です。

BIG & JAPANESE HOSPITALITY GROUP ‘NOT A HOTEL’ PARTNER TO CREATE REMOTE ISLAND DESTINATION IN SETOUCHI, JAPAN

The design for luxury hotelier NOT A HOTEL’s newest resort on Japan’s Sagi Island – NOT A HOTEL Setouchi – builds on the longstanding dialogue between Scandinavian and Japanese design values. The hotel weaves naturally throughout the island’s mountains, incorporating natural and local materials while promoting a connection to nature.

Japanese hospitality group NOT A HOTEL began its partnership with BIG in 2022 to expand the company’s existing six hospitality offerings across Japan. Located on a 30,000-square-metre site on the remote island of Sagishima in Japan’s Setouchi region, the partnership brings three villas to the southwestern cape of the island with panoramic views of the Seto Inland Sea. NOT A HOTEL Setouchi is slated to break ground later this year, joining BIG’s growing portfolio of hospitality projects including Audemars Piguet’s Hôtel des Horlogers in Le Brassus, Switzerland; Vollebak Island in Canada; and the Biosphere cabin at Treehotel in Swedish Lapland.

“In the last few decades, Japan has been attracting attention as a place to experience stunning natural landscapes as well as high-end design, innovative architecture, and cutting-edge art. The Seto Inland Sea area, where NOT A HOTEL SETOUCHI will be built, brings together all of these aspects of Japanese tourism into a single site. In partnering with BIG, we are creating one of Japan’s most luxurious villas on Sagi Island, which will be a gateway for more people to experience the charm of the Setouchi region.” – Shinji Hamauzu, CEO and Founder, NOT A HOTEL

The relationship between Scandinavian and Japanese design began in the 19th century, when Japan opened their borders to international travellers. Soon after, Scandinavian designers began visiting the country and quickly became fascinated by the Japanese style for its simplicity, use of natural materials and connection to nature – the same principles that guide the design ethos for NOT A HOTEL Setouchi.

The masterplan for NOT A HOTEL Setouchi prioritises restoration of the undulating terrain, where grass will be harvested before construction begins, while olive trees, lemon trees and other native vegetation will be reintroduced to further enhance the site’s natural beauty. The three villas – named ‘360,’ ‘270’ and ‘180’ depending on location and corresponding views – intentionally blend into the landscape’s natural contours, aligning with existing roads and infrastructure. Spread across varying elevations, the resort appears like a ribbon winding through the site.

“Our design approach for NOT A HOTEL Setouchi wasn’t about imposing our ideas on the site; instead, it involved exploring, observing and understanding the landscape. We envisioned how to best leverage this distinctive and remarkable terrain and fixed upon a design that mirrors the elegance of traditional Japanese architecture.

Japan is one of the cultures in the world where commitment to craft and care for quality remains intact. The honesty and simplicity of the structure and careful choice of materials can be said to have greatly influenced the traditional architecture of Japan and the modern architecture of Denmark. Maybe that’s why when I go to Japan, I always feel like I’m coming home. NOT A HOTEL Setouchi will be an experiment in what happens when the sensibilities of both countries come together – the Danish desire for simplicity and the care and perfection of Japan.” – Bjarke Ingels, Founder and Creative Director, BIG

Each villa has distinct design characteristics that fit into their specific location onsite. The ring-shaped ‘360’ is perched at the highest altitude, offering literal 360-degree views of Setouchi’s land and seascape with a central courtyard for privacy. ‘270’ captures a 270-degree panorama of the surrounding archipelago, featuring bathing spaces arranged like floating islands around the pool alongside a sauna and open firepit. At the peninsula’s tip, ‘180’ is the closest to the sea, whose curvature follows the coastal landscape. The home includes an inner courtyard with gentle slopes, mossy pathways and trees that change colour with the seasons.

The three- and four-bedroom villas reference the design of traditional Japanese single-story houses, incorporating materials local to Japan. The essential elements of the homes – the façade, roof, walls and floor – all preserve traditional Japanese architectural elements while being reimagined for modern-day use. Glass façades that connect the interior and exterior are a modern interpretation of shoji screens, while the pattern of the Genshoseki natural slate floors is inspired by the layout of traditional Japanese tatami mats. The load bearing curved clay walls are achieved using the traditional rammed earth technique, incorporating soil directly from the site.

Each villa opens into a large, unified space, with areas of functionality such as bathrooms and storage rooms consolidated into separate volumes, or pods. Skylights are placed atop these more private pods to provide views from any point within the buildings – balancing openness with solitude.

The villas all feature traditional Japanese baths, calming colour palettes, outdoor firepits and heated infinity pools that blur the boundaries between the properties and the surrounding nature.

“Setouchi comprises a dense and dramatic archipelago, characterized by beautiful undulating silhouettes of mountainous islands. Our approach for this design aims to simultaneously expand and enhance the vast panoramic views of the archipelago while creating moments of intimacy and privacy through minimal architectural interventions. NOT A HOTEL Setouchi fuses the essence of BIG and modern Danish architecture with the DNA of NOT A HOTEL and traditional Japanese culture.” – Ryohei Koike, Associate, BIG

The roofs at NOT A HOTEL Setouchi are covered on all sides with solar tiles, representing a technological and modern interpretation of a traditional Japanese roof. Rainwater collected by the elevated roofs is used to irrigate the landscaping, while the operable façades and overhangs promote passive cooling in spring and summer.

NOT A HOTEL runs a network of luxury vacation homes across Japan based on a shared ownership model. The company will soon open sales for the Setouchi villas on its official website, and the resort is slated to open in 2026.

PROJECT DATA 
Size: 2,350 sq m
Location: Setouchi, Japan
Client: NOT A HOTEL
Collaborators:  Maeda Corporation, ARUP Japan, 1moku, NOSIGHT, BOCS, Mir, LIT design

TEAM
Partners-in-Charge: Bjarke Ingels, Leon Rost
Design Lead: Ryohei Koike
Project Manager: Yu Inamoto
Project Architect: Mamoru Hoshi, Casey Tucker
Project Team: Andrea Hektor, Christina Papadopoulou, Cullen Yoshihiko Fu, Don Chen, Jan Leenknegt, Jasmine Nicholson, Jeremy Felson, Joanna Lesna, Konstantinos Koutsoupakis, Margaret Tyrpa, Matthew Lau, Naysan John Foroudi, Oskar Alfred Maly, Paul Heberle, Pavel Tomek, Sang Ha Jung, Steven Op, Suyue Huo, Théo Hamy

 

「NOT A HOTEL SETOUCHI」BIG公式サイト
https://big.dk/projects/not-a-hotel-setouchi-18610

NOT A HOTEL Website
https://notahotel.com/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

BIG Topics

FEATURE2023.05.08

稀代の建築家 ビャルケ・インゲルスとは何者か?

BIGが手がける独創的な建築から住宅開発のスタートアップまで プロジェクトを通して大解剖!
CULTURE2023.06.06

BIGが手がける 食料やエネルギーを自給自足する島!

ヘンプクリートや3Dプリントを活用し地形と一体化した建築が特徴的なオフグリッドアイランド〈ヴォレバック・アイランド〉
CULTURE2022.10.20

BIGが手掛けるバイオフィリックな超高層ビル

シンガポールの高密度な都市部における「垂直の都市」〈キャピタ・スプリング〉
CULTURE2023.03.16

BIGとICONが手がける3Dプリントホテル!

テキサス州マーファのキャンプグラウンド&ホテル〈El Cosmico〉を生まれ変わらせるプロジェクト
CULTURE2024.03.13

BIGによる 豊かな生態系とともに暮らす集合住宅

回転しながら積み上がるボックスのずれが公園の緑を引き上げる〈IQONレジデンス〉

NOT A HOTEL Topics

FEATURE2021.11.10

#01 What is “NOT A HOTEL”?

【特集】NOT A HOTELが建築家と創出する新しいラグジュアリー#01「 NOT A HOTEL とは?」
FEATURE2021.11.12

#02 When the new sense of values are expanded

【特集】NOT A HOTELが建築家と創出する新しいラグジュアリー#02「新しい価値観が拡張されるとき」
FEATURE2021.11.15

#03 The power to drive projects

【特集】NOT A HOTELが建築家と創出する新しいラグジュアリー#03「プロジェクトをドライブさせる力」
FEATURE2021.11.17

#04 “NOT A HOTEL” expands the DX and future of architecture

【特集】NOT A HOTELが建築家と創出する新しいラグジュアリー#04「NOT A HOTELが拡張する建築のDXと未来」
CULTURE2022.08.03

暗さの中にある本当のラグジュアリー

SUPPOSE DESIGN OFFICEが設計する洞窟のような別荘〈NOT A HOTEL NASU〉に"CAVE"が登場!
CULTURE2024.04.01

相澤陽介氏がディレクションした〈NOT A HOTEL KITAKARUIZAWA BASE〉

S・M・Lサイズで2カラーを展開、北軽井沢エリア(群馬県嬬恋村)に4/1開業
COMPETITION & EVENT2024.04.11

U-40「NOT A HOTEL DESIGN COMPETITION 2024」エントリー開始

次のNOT A HOTELとして実現・販売するデザインを公募、片山正通、藤本壮介、谷尻誠、吉田愛の4氏が審査を担当
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • BIG × NOT A HOTELによる 瀬戸内の島に溶け込むヴィラ〈NOT A HOTEL SETOUCHI〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ