COMPETITION & EVENT

【終了】 横トリ2020関連イベント「ニューノーマルにおけるキュレーター、アーティストの新たな視点」8月4日オンライントーク開催

「ヨコハマトリエンナーレ2020」連携イベントです。
同トリエンナーレ2のアーティスティック・ディレクターを務めるラクス・メディア・コレクティヴ(上の写真:提供:横浜トリエンナーレ組織委員会、撮影:加藤 甫)の3氏と、横浜トリエンナーレ組織委員会副委員長で横浜美術館館長を務める蔵屋美香氏、森美術館特別顧問で日産アートアワード2020国際審査委員長を務める南條史生氏らが、ディスカッションのパネラーとして登壇します。(en)

主催者より:
2001年にスタートし、今年で7回目を迎えるヨコハマトリエンナーレと、日本の優れた現代アーティストを国際シーンに後押しすることを目的に創設され、今回で4回目を迎える日産アートアワード、どちらも日本で最も歴史ある港町の横浜から始まりました。
それぞれ国際性を軸とした国際展 / アワードですが、気候変動やパンデミックなど地球規模の混乱や社会的課題が一気に表出し、強烈なニューノーマルへの転換が求められる中、それぞれ何を目指すことができるのでしょうか。時代の潮流にいち早く反応することで「炭鉱のカナリア」とも形容される現代アーティストの各展における作品を参照しながら、国際的な文化シーンでの経験豊富なパネリストたちの視点を探ります。

日産アートアワード2020・ヨコハマトリエンナーレ2020 連携パネルディスカッション
「ニューノーマルにおけるキュレーター、アーティストの新たな視点」

開催日時:2020年8月4日(火)19:00-20:30
会場:オンライン
視聴URLhttp://www.dommune.com
参加費:無料(申込み不要)
パネラー
ウテ・メタ・バウアー(Ute Meta Bauer|南洋理工大学シンガポール 現代アートセンター[Nanyang Technological University:NTU, Centre for Contemporary Art Singapore]創設者、同大学美術・デザイン・メディア学部教授、日産アートアワード2020国際審査委員)
南條史生(森美術館特別顧問、日産アートアワード2020国際審査委員長)
ラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective|ヨコハマトリエンナーレ2020アーティスティック・ディレクター)
蔵屋美香(横浜トリエンナーレ組織委員会副委員長、横浜美術館館長)
モデレーター:堀内奈穂子(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト] キュレーター、日産アートアワード企画・運営事務局)
同時通訳あり

主催:日産自動車株式会社
共催:横浜トリエンナーレ組織委員会
特別協力:SUPER DOMMUNE
詳細https://www.yokohamatriennale.jp/2020/event/20200804/

【TECTURE MAG】2020.07.20掲載
「ヨコハマトリエンナーレ2020」開幕、ベトナムの建築家集団Farming Architectsが日本初出展
https://mag.tecture.jp/event/20200720-9816/

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • TALK EVENT
  • 横トリ2020関連イベント「ニューノーマルにおけるキュレーター、アーティストの新たな視点」8月4日オンライントーク開催