COMPETITION & EVENT

「ウチの前にきて!」と思えるゴミ集積所のアイデアを募集する「GOMI competition」

住宅地や市街地を問わず、都市におけるゴミ集積所の設置場所については、さまざまな問題があります。例えば、匂い、景観、カラスによるゴミの散乱、外部からの持ち込みやゴミの放置など。そのため、ゴミ集積所は、自分の家や店の至近には、あまりあってほしくないというのが、人々の本音だと思われます。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大による、いわゆる「巣ごもり」需要の高まりから、家庭から出るゴミの量は増大しています。伴い、ゴミ集積所はさらに過酷な状況になっているのです。

延岡市「ゴミ コンペティション」

とはいえ、ゴミ集積所は、生活に必要不可欠な施設です。さらには、人々が必ず、定期的に訪れる公共の場所でもあります。
もしも「ぜひ、ウチの前に設置してほしい!」と皆が思い、その権利を奪いあうような素敵なゴミ集積所ができたなら、素晴らしい世界になるのではないでしょうか。
これは、そんなゴミ集積所のアイデアを募集するコンペティションです。

コンペの企画・主催は、旭化成株式会社延岡支社(延岡支社:宮崎県延岡市旭町)に2020年01月に発足した地域活性化推進グループと、宮崎県延岡市の設計事務所・山根製作所。
前者のグループは、延岡の地域サステナビリティ強化のため、さまざまな施策に取り組んでおり、「自分の足で100年歩ける健康長寿のまちづくり」や、延岡市内小学校へのプログラミング教育支援、旭化成延岡展示センターの運営なども手掛けている。
後者・山根製作所は、2020年の日本建築学会賞(作品・計3作品)の受賞対象となった〈延岡駅前複合施設 エンクロス〉の設計を、乾久美子建築設計事務所在籍時に担当し、その後、延岡市で独立した建築家・山根俊輔氏が代表を務めています。

本コンペの前身として、コロナが拡大し、従来にないソーシャルディスタンスの必要性が社会に浸透しつつあった2020年5月に、「1mの隙間空間を最大限楽しむ。」をテーマに「1M.competition」が開催されています(主催:山根製作所)
このアイデアコンペでは、コロナ予防のため「距離を離さなければいけないもの」というネガティブな考え方をポジティブに転換させることに成功し、参加者のマインドチェンジを促すきっかけになったとのこと。
「GOMI competition」でも、ゴミ集積所の問題について、それまで他人事だった人にも自分の問題として捉え直す、マインドチェンジを促す契機とします。

延岡市「ゴミ コンペティション」

最終週案実施予定サイト:山下新天街(左)、今山八幡宮鳥居前

最優秀に選ばれたアイデアは、延岡市内のゴミ集積所にて実施される予定です(但し、予算に応じて改善の可能性あり)
さらに、応募作品は全て、インターネット・同コンペの公式Webサイトにて後日、公開されます。アイデアを誰でも見られるようにすることで、ゴミ集積所の問題に直面している自治体や自治会などの役に立てるようにします。

ゴミ集積所=近くにはあってほしくないものという、人々の概念を変えることができる作品を広く募集します。

「GOMI competition(ゴミ コンペティション)」

作品提出方法:下記ウェブサイトの専用フォームより、データ(jpg・png・pdfのいずれか)にて提出
規定サイズ:A4(縦横自由)1枚にまとめること
注.複数案を提出する場合、案ごとにデータを分けること(A4サイズ1枚の範囲で1案とする)
応募時の注意:応募作品は全て、ゴミ集積所の問題を改善したい自治体・自治会などの役に立てるよう、インターネット上に公開する。応募者は、提出する作品の2次利用について予め了承のうえ、応募すること

審査員長:元永辰也(旭化成 地域活性化推進グループ グループ長)
審査員:土屋 有(宮崎大学地域資源創成学部 准教授)
深津康幸(ビジネスプロデューサー / know Inc.代表)
山根俊輔(建築家 / 山根製作所代表)
西沢清子(山下新天街 ゴミ集積所管理人)
甲斐祐逸(延岡市クリーンセンター所長)

各賞(点数)および特典
最優秀賞:1点 
・延岡市内のゴミ集積所(山下新天街の入り口付近または今山八幡宮鳥居前のどちらか・あるいは両地点)でアイデアを実施予定(実施を前提にデザインすること。但し、実施時の予算に応じて改善の可能性あり、主催者と要相談)
・アップサイクル品(スペシャル)
優秀賞:1点
・アップサイクル品(グッド)
佳作:3点
・アップサイクル品(スタンダード)

募集開始:2021年6月26日(土)
募集締切:同年7月26日(月)23:59
1次審査(非公開):同年8月2日(月)/ 5案を選出
2次審査(公開・オンライン配信):同年8月22日(日)14:00-17:00
結果発表:同年8月22日(日)

主催:旭化成株式会社延岡支社延岡総務部地域活性化推進グループ / 山根製作所
後援:R(アーーーーール)/ ケーブルメディアワイワイ / 延岡市
広報・製作・協力:理由あって、時々チョコレート。
問い合わせ先:山根製作所
nobeokacompetition[@]gmail.com

「GOMI competition」公式Webサイト
http://nobeokacompe.work/gomi/

公式Instagram @nobeokacompe
https://www.instagram.com/nobeokacompe/
公式facebook
https://www.facebook.com/NOBEOKAcompetition-107393660987076

2020年アイデアコンペ「1M.competition」

COMPETITION & EVENT2020.05.30
アイデア募集5/31まで!「1mの隙間空間を最大限楽しむ。」1M competition

〈延岡駅前複合施設 エンクロス〉関連記事

CULTURE2020.04.17
2020年日本建築学会賞作品賞は3件、乾久美子、マウントフジアーキテクツスタジオ、竹中工務店が受賞
FEATURE2020.05.12

Interview with Kumiko Inui

2020年日本建築学会賞 受賞インタビュー #01
PROJECT2020.05.12

延岡駅周辺整備プロジェクト / 乾久美子建築設計事務所

おおらかな骨格で小さな場所の連なりを生む