COMPETITION & EVENT

「KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022」

通常非公開を含む京都市内の会場11カ所にて、国内外のアーティストの写真作品を展示、5/8まで

京都市内を主な会場として、国内外の写真家が多数参加した「KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022」が5月8日まで開催されています。

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

メインビジュアル:ギイ・ブルダン作品
© The Guy Bourdin Estate 2022 / Courtesy of Louise Alexander Gallery

「KYOTOGRAPHIE」は、世界に知られた文化都市・京都のまちなかに会場が点在しているのが特徴です。まちを周遊しながら写真作品を鑑賞するというアートイベントは、海外の都市では珍しくありませんが、日本国内ではあまり例がなく、今年で開催10回目を数える「KYOTOGRAPHIE」が先駆的な存在となっています。
ときには伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションも行うなど、京都ならではの特色を生かしながら、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大が収束しない中でも、写真祭を継続して開催してきました。


#KYOTOGRAPHIE YouTubeチャンネル「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2022 10th Anniversary Special Edition ONE」(2022/03/31)

今年の「KYOTOGRAPHIE」のテーマは「ONE」。
以下のテキストは、2013年に第1回「KYOTOGRAPHIE」を独自に立ち上げ、国内外から作家の招致や出資者の獲得に奔走し、イベントの共同代表を連名で務めている、ルシール・レイボーズ(写真家)と仲西祐介(照明家)による主催者メッセージです。

「一即(すなわち)十」という言葉があります。一が単一性を、十は無限の数を現します。1つのもの(個)がそのものとして、他のすべて(全体)を自らに含みながら他と縁起の関係にある。このとき、この1つのものと他のすべてが同体の関係にある。こういう状態をイメージしてください。

2022年、信じ難いことにこの世界でまた戦争が始まってしまいました。
どんな理由があろうとも戦争は何の解決策にもなり得ません。過去の経験から、日本を含めすべての国民が、個の命が全体(国家)のために失われるべきではないことを知っています。

KYOTOGRAPHIEは、個々の存在をCelebrate(祝祭)すると共に、その多様性について讃えたいと思います。そして皆さんと一緒にRestart (再起動)し、分断された関係性をもう一度Reconnect (再接続)し、コロナ後の新しい平和な世界へ向けてRevival(再生)していきたい、そう考えています。(KYOTOGRAPHIE 共同創設者 / 共同代表 ルシール・レイボーズ & 仲西祐介)

国内外のアーティストの展示を京都市内10カ所で開催

「KYOTOGRAPHIE」では例年、日本および海外において重要な写真作品や、貴重な写真コレクションを見ることができます。それらは、京都の歴史ある町家などの伝統建築や歴史的建造物をリノベーション(コンバージョン)した、近現代建築の空間にて展開されるという、空間と相まった展示手法が見どころでもあります。
展示会場は、ふだんは非公開の場合も多く、「KYOTOGRAPHIE」の開催期間のみ、建物の内部が公開され、入ることができるのも大きな魅力です。

このうち、京都市美術館 別館で開催される、米国を代する写真家の1人であるアーヴィング・ペン(1917-2009)の特別展示の展示空間デザイン(セノグラフィー)を、今春オープンしてより話題の〈大阪中之島美術館〉の設計を手がけた建築家の遠藤克彦氏(遠藤克彦建築研究所)が手がけています。

出展作家は、ギイ・ブルダン(Guy Bourdin)、奈良原一高、アーヴィング・ペン(Irving Penn)、プリンス・ジャスィ(Prince Gyasi)、イサベル・ムニョス(Isabel Muñoz)、田中 泯、山口源兵衛、マイムーナ・ゲレージ(Maïmouna Guerresi)、鷹巣由佳、稲岡亜里子、岩根 愛、岡部 桃、清水はるみ、鈴木麻弓、地蔵ゆかり、殿村任香、林 典子、細倉真弓、𠮷田多麻希、サミュエル・ボレンドルフ(Samuel Bollendorff)ほか。

本稿未掲載の作家情報、各会場の入場料の有無と料金、開場時間、会期中の関連イベントなどの詳細は、公式ウェブサイトを参照してください。


ギイ・ブルダン / Guy Bourdin

「The Absurd and The Sublime」
Presented by CHANEL NEXUS HALL
Curated by インディア・ダルガルカー
共催:京都府

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

ギイ・ブルダン「The Absurd and The Sublime」
Presented by CHANEL NEXUS HALL 京都文化博物館 別館
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

ギイ・ブルダン「The Absurd and The Sublime」
Presented by CHANEL NEXUS HALL 京都文化博物館 別館
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

ギイ・ブルダン「The Absurd and The Sublime」
Presented by CHANEL NEXUS HALL 京都文化博物館 別館
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

ギイ・ブルダン「The Absurd and The Sublime」
Presented by CHANEL NEXUS HALL 京都文化博物館 別館
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:京都文化博物館 別館
所在地:京都府京都市中京区三条高倉(Google Map


奈良原一高 / Ikko Narahara

「ジャパネスク 〈禅〉」
Supported by LOEWE FOUNDATION

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

奈良原一高「ジャパネスク〈禅〉」
Supported by LOEWE FOUNDATION
両足院(建仁寺山内) ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

奈良原一高「ジャパネスク〈禅〉」
Supported by LOEWE FOUNDATION
両足院(建仁寺山内)©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

奈良原一高「ジャパネスク〈禅〉」
Supported by LOEWE FOUNDATION
両足院(建仁寺山内)©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

奈良原一高「ジャパネスク〈禅〉」会場 建仁寺山内 両足院 夜間外観

会場:両足院(建仁寺山内)
所在地:京都府京都市東山区小松町591(Google Map


アーヴィング・ペン / Irving Penn

「Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection」

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン
Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection
Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
京都市美術館 別館 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
Curated by サイモン・ベーカー

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン
Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection
Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
京都市美術館 別館 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン
Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection
Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
京都市美術館 別館 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン
Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection
Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
京都市美術館 別館 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン
Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection
Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
京都市美術館 別館 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

「アーヴィング・ペン」展示空間デザイン(セノグラフィー):遠藤克彦建築研究所(設計コンセプト 詳細

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン会場 模型(提供:遠藤克彦建築研究所)

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン会場 模型(提供:遠藤克彦建築研究所)

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン会場 模型(提供:遠藤克彦建築研究所)

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン
Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection
Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
京都市美術館 別館 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン
Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection
Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
京都市美術館 別館 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン
Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection
Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
京都市美術館 別館 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

アーヴィング・ペン
Irving Penn: Works 1939–2007. Masterpieces from the MEP Collection
Presented by DIOR
From the collection of MEP, Paris (Maison Européenne de la Photographie) in collaboration with The Irving Penn Foundation
京都市美術館 別館 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:京都市美術館 別館
所在地:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13(Google Map


プリンス・ジャスィ / Prince Gyasi

「いろいろ アクラ──キョウト」
Supported by 京都中央信用金庫
共催:出町桝形形商店街、京都新聞

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

プリンス・ジャスィ「いろいろ アクラ──キョウト」
出町桝形商店街 ©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:出町桝形商店街
所在地:京都府京都市上京区三栄町62(Google Map

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

プリンス・ジャスィ「いろのまこと」 Supported by Cheerio Corporation Co., LTD. ASPHODEL
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:DELTA/KYOTOGRAPHIE Permanent Space
所在地:京都府京都市上京区三栄町62(Google Map

プリンス・ジャスィ / Prince Gyasi

「いろのまこと」
Supported by Cheerio Corporation Co., LTD

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

プリンス・ジャスィ「いろいろ アクラ──キョウト」DELTA/KYOTOGRAPHIE Permanent Space
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:ASPHODEL
所在地:京都府京都市東山区新地末吉町99-10(Google Map


イサベル・ムニョス×田中 泯×山口源兵衛

「BORN-ACT-EXIST」
Curated by フランソワ・シュヴァル×KYOTOGRAPHIE

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

イサベル・ムニョス×田中泯×山口源兵衛「BORN-ACT-EXIST」
誉田屋源兵衛 外観
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

イサベル・ムニョス×田中泯×山口源兵衛「BORN-ACT-EXIST」
誉田屋源兵衛 奥座敷
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

Isabel Muñoz, Untitled. Series Japan, 2017

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

イサベル・ムニョス×田中泯×山口源兵衛「BORN-ACT-EXIST」
誉田屋源兵衛 展示作品(本展のために特別に制作された帯)
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

イサベル・ムニョス×田中泯×山口源兵衛「BORN-ACT-EXIST」
誉田屋源兵衛 黒蔵
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

イサベル・ムニョス×田中泯×山口源兵衛「BORN-ACT-EXIST」
誉田屋源兵衛 黒蔵
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

イサベル・ムニョス×田中泯×山口源兵衛「BORN-ACT-EXIST」
誉田屋源兵衛 黒蔵
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:誉田屋源兵衛 黒蔵、奥座敷(通常非公開)
所在地:京都府京都市中京区室町通三条下ル 西側(Google Map


マイムーナ・ゲレージ / Maïmouna Guerresi

「Rûh|Spirito」
共催:イタリア文化会館-大阪

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

マイムーナ・ゲレージ「Rûh|Spirito」
Co-organizer: Italian Cultural Institute in Osaka
嶋臺(しまだい)ギャラリー 外観
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

マイムーナ・ゲレージ「Rûh|Spirito」
Co-organizer: Italian Cultural Institute in Osaka
嶋臺(しまだい)ギャラリー
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

マイムーナ・ゲレージ「Rûh|Spirito」
Co-organizer: Italian Cultural Institute in Osaka
嶋臺(しまだい)ギャラリー
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

マイムーナ・ゲレージ「Rûh|Spirito」
Co-organizer: Italian Cultural Institute in Osaka
嶋臺(しまだい)ギャラリー
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:嶋臺(しまだい)ギャラリー
所在地:京都府京都市中京区御池通東洞院西北角(Google Map


鷹巣由佳 / Yuka Takasu

「予期せぬ予期」
Presented by Ruinart
Ruinart Japan Award

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

鷹巣由佳「予期せぬ予期」
Presented by Ruinart
y gion
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:y gion
所在地:京都府京都市東山区弁財天町19 4F(Google Map


「10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭」

出展者(アイウエオ順):稲岡亜里子、岩根 愛、岡部 桃、清水はるみ、鈴木麻弓、地蔵ゆかり、殿村任香、林 典子、細倉真弓、𠮷田多麻希
Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION
Curated by ルシール・レイボーズ、仲西祐介、ポリーヌ・ベルマール

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

「10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭」 Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION, HOSOO GALLERY
殿村任香「焦がれ死に」
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

HOSOO GALLERY 外観 Photo: Naoyuki Ogino

会場:HOSOO GALLERY
所在地:京都府京都市中京区柿本町412(Google Map


サミュエル・ボレンドルフ / Samuel Bollendorff

「人魚の涙」
Supported by agnès b.
京都市上下水道局 共同開催

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

サミュエル・ボレンドルフ「人魚の涙」
Supported by agnès b.
京都市上下水道局 共同開催
琵琶湖疏水記念館、蹴上インクライン
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

サミュエル・ボレンドルフ「人魚の涙」
Supported by agnès b.
京都市上下水道局 共同開催
琵琶湖疏水記念館、蹴上インクライン
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

サミュエル・ボレンドルフ「人魚の涙」
Supported by agnès b.
京都市上下水道局 共同開催
琵琶湖疏水記念館、蹴上インクライン
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:琵琶湖疏水記念館、蹴上インクライン
所在地:京都府京都市左京区南禅寺草川町17 琵琶湖疏水記念館 (Google Map)/ 蹴上インクライン(Google Map


世界報道写真展 / World Press Photo

「世界報道写真展「民衆の力」─1957年から現在までの抗議行動のドキュメント」

KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022

世界報道写真展「民衆の力」─1957 年から現在までの抗議活動のドキュメント
With the support of the Embassy of the Kingdom of the Netherlands
堀川御池ギャラリー
©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

会場:堀川御池ギャラリー
所在地:京都府京都市中京区押油小路町37(Google Map


#KYOTOGRAPHIE YouTubeチャンネル「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2022 “ONE” 10th Anniversary Special Edition」(2022/04/20)

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2022」

会期:2022年4月9日(土)〜5月8日(日)
会場:京都文化博物館 別館、京都市美術館 別館、出町桝形商店街、DELTA/KYOTOGRAPHIE Permanent Space、ASPHODEL、誉田屋源兵衛 黒蔵・奥座敷、嶋䑓ギャラリー、琵琶湖疏水記念館・蹴上インクライン、y gion、両足院(建仁寺山内)、HOSOO GALLERY、堀川御池ギャラリー

インフォメーションセンター:八竹庵(旧川崎家住宅)
所在地:京都府京都市中京区三条町340(GoogleMap

主催:一般社団法人KYOTOGRAPHIE
共催:京都市、京都市教育委員会
後援:京都府、在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」公式ウェブサイト
https://www.kyotographie.jp/

KYOTOGRAPHIE 公式Twitter
https://twitter.com/kyotographie_

 


「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」のサテライトイベントとして、これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的としたアートプロジェクト「KG+」も、会期をほぼ同じくして京都市内にて開催中です。
国際的に活躍する写真家やアーティスト、国内外のキュレーター、ギャラリストとの出会いの場と、情報発信の機会を提供しています。

アートプロジェクト「KG+」

「KG+SELECT」では、国際的に活躍する審査委員会によって選出された、約10組のアーティストを紹介。出展者の中からグランプリが1組選出され、来年開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2023」のオフィシャルプログラムとして、展覧会が開催される予定です。

「KG+」公式ウェブサイト
https://www.kyotographie.jp/kgplus/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

京都で話題のホテル

CULTURE2020.06.11

〈エースホテル京都〉6月11日開業

建築デザイン監修は隈研吾建築都市設計事務所
BUSINESS2020.08.21

京都〈GOOD NATURE HOTEL KYOTO〉がWELL認証を取得

元来オフィス向けの評価基準をホテル用に策定し、世界で初めての取得
CULTURE2021.04.18
SUPPOSE DESIGN OFFICE がデザイン監修を手がけた〈hotel tou nishinotoin kyoto〉が京都に4/20開業
CULTURE2021.03.17
「FAUCHON Meets Kyoto. Feel Paris.」をコンセプトとした〈フォションホテル京都〉が開業
CULTURE2021.09.16
ヒルトンのラグジュアリーブランド〈ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts〉が京都洛北に9/16開業
CULTURE2022.03.30

京都・鍵屋町に〈丸福樓〉4/1開業!

安藤忠雄設計監修、任天堂旧本社社屋が改修・増築されホテルに。ライブラリーの設計監理をSUPPOSE DESIGN OFFICEが担当

あわせて訪れたい!会場周辺で注目ストア

COMPETITION & EVENT2021.05.25
深澤直人氏が手がけたイッセイ ミヤケの京都旗艦店のギャラリー〈ISSEY MIYAKE KYOTO KURA〉にて、「132 5. ISSEY MIYAKE」10周年記念展を開催
CULTURE2020.07.23

〈ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ〉

スキーマ建築計画が空間デザインを担当、小学校を再生した複合施設にオープン
CULTURE2021.04.09
長坂常デザイン監修、〈ブルーボトルコーヒー京都カフェ〉はなれ2階がコースメニューを提供する予約制フロア「The Lounge -Kyoto-」にリニューアル
CULTURE2021.07.08

隈研吾氏が再びリノベーションを担当

京都・四条烏丸の〈COCON KARASUMA〉が7/22リニューアルオープン

遠藤克彦建築研究所によるプロジェクト

COMPETITION & EVENT2021.02.25
最優秀者:遠藤克彦建築研究所・アトリエコ設計共同体 / 鋸南町都市交流施設周辺整備設計業務委託に係るプロポーザル
COMPETITION & EVENT2022.02.12

〈大阪中之島美術館〉開館記念「超コレクション展」

設計は遠藤克彦建築研究所、カンディハウス+藤森泰司アトリエが家具をデザイン
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EXHIBITION
  • 通常非公開を含む京都市内の会場10カ所にて、国内外のアーティストの写真作品を展示する「KYOTOGRAPHIE / 京都国際写真祭 2022」5/8まで開催
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ