COMPETITION & EVENT

9/8トークイベント「ホルツ・バウから考える今日の本づくり」

TOTO出版『HOLZ BAU[増補版]ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』刊行記念(銀座 蔦屋書店主催)

TOTO出版から、2022年9月に新刊『HOLZ BAU 増補版 ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』が刊行されることを記念して、「ホルツ・バウから考える今日の本づくり」と題したトークイベントが、主催する銀座 蔦屋書店の店内およびオンラインにて、9月8日(木)19時より開催される。

TOTO出版『HOLZ BAU[増補版]ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』表紙

TOTO出版 新刊『HOLZ BAU 増補版 ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』表紙(帯付き)

TOTO出版から、新刊『HOLZ BAU 増補版 ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』が2022年9月に刊行されることを記念して、銀座 蔦屋書店の店内およびオンラインにて、著者らによるトークイベントが9月8日に開催されます(書籍の概要は後述)。

当日は、著者である、”ホルツ・バウチーム”の建築家ら4名(福島加津也、冨永祥子、佐脇礼二郎、西村祐一の4氏)のほか、ゲストとして、2010年までデザイン事務所・schtücco(シュトゥッコ)を主宰し、ブックデザインなど数多くのグラフィックデザインを手がけ、現在は自身で立ち上げた出版レーベル・edition.nordにてパブリッシャーとしても活躍する、グラフィックデザイナーの秋山 伸氏が招かれます。

ホルツ・バウチームと、秋山氏が、建築と本づくりの関係や、この現代において自費出版および本づくりを行う意義、その可能性や喜びについて、それぞれの立場から意見を交わします。

登壇者プロフィール

福島加津也(ふくしま かつや)
1968年生まれ。建築家。
福島加津也+冨永祥子建築設計事務所を主宰。東京都市大学教授。
「工学と美学」をテーマに建築設計と研究活動を行う。

冨永祥子(とみなが ひろこ)
1967年生まれ。建築家。
福島加津也+冨永祥子建築設計事務所を主宰。工学院大学教授。
「建築空間と体験の2次元 表現」をテーマに制作活動を行う。

佐脇礼二郎(さわき れいじろう)
1990年生まれ。建築家。
福島加津也+冨永祥子建築設計事務所勤務。東京理科大学理工学部卒業、デルフト工科大学大学院修了。

西村祐一(にしむら ゆういち)
1985年生まれ。グラフィックデザイナー。
Rimishunaを主宰。 ブックデザインとタイポグラフィを軸に設計活動を行う。

TOTO出版『HOLZ BAU[増補版]ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』刊行記念トーク

秋山 伸(あきやま しん)
1963年新潟県生まれ。グラフィック・デザイナー、ブック・メイカー
東北大学工学部建築学科卒業、東京藝術大学美術研究科建築専攻修了。1990年代より、グラフィック・デザイナーとして活動、建築領域のデザインを多く手がける。2010年に、自身の事務所・schtücco(シュトゥッコ)を解散し、同年末に新潟に移住、立ち上げた出版レーベル・edition.nordをベースに、アート・ブックのデザインと出版を中心に活動中。2021年に神戸に移住。
地方のインディペンデント・パブリッシャーとして、ミス・リード(ベルリン)、ニューヨーク・アート・ブック・フェア、アンホールド(上海)、シンガポール・アート・ブック・フェアなど、海外のアート・ブック・フェアに数多く参加している。
主な受賞:『近代建築の証言』(2001年、TOTO出版)で「世界で最も美しい本」コンクール栄誉賞(ドイツ・エディトリアルデザイン財団)、『建築を思考するディメンション』(2002年、TOTO出版)で造本装幀コンクール審査員奨励賞(主催:日本書籍出版協会・日本印刷産業連合会)。
神戸芸術工科大学教授、多摩美術大学版画専攻客員教授、造本装幀コンクール(Japan Book Design Award)審査員。

「ホルツ・バウから考える今日の本づくり」

日時:2022年9月8日(木)19:00-20:30
会場:銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE、オンライン(Zoomによる配信)
店舗所在地:東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6階
会場定員:30名(定員に達し次第、オンライン聴講のみ受付)

参加費(税込):以下の2種より選択
(1)銀座 蔦屋書店会場
書籍付き参加券:4,790円
会場参加券のみ:1,500円(書籍なし)

(2)オンライン用参加券
書籍付き:5,290円(送料含む)
オンライン参加券:1,500円(書籍なし)
※オンライン参加の書籍はイベント終了後に順次発送

申込受付・詳細ページ
https://store.tsite.jp/ginza/event/architectural-design/28418-1126510820.html

参加方法:イベントチケット予約・販売サービス「イベントマネージャー」にて受付
申込締切:2022年9月8日(木)正午

イベント問合せ先:03-3575-7755(受付は営業時間内)
主催:銀座 蔦屋書店

イベント詳細
https://store.tsite.jp/ginza/blog/architectural-design/28617-1429210830.html


『HOLZ BAU[増補版]ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』は、近代初期ドイツ木造建築の知られざる名作を、日本の建築家がリサーチした、いわば”創造的探求の記録”です。タイトルの「HOLZ BAU」はドイツ語で、木造建築を意味します。
初版は、2020年5月。自費出版として発売し、約2週間で完売となったとのこと。

TOTO出版から刊行される増補版では、取材時の写真や図面により、近代初期のドイツ木造建築を紹介するとともに、取材プロセスを描いた漫画も併載し、現地での感動をさまざまなビジュアルで伝えます。
さらに、アトリエ・ワンの塚本由晴氏を迎えた著者との鼎談も新たに加え、リサーチへの向き合い方を議論した内容や論考も収録しています。

TOTO出版『HOLZ BAU[増補版]ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』中面

TOTO出版『HOLZ BAU[増補版]ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』中面(提供:TOTO出版)

目次
Chapter 1 資料
 新建築1938年7月号「木構造特集」再録
Chapter 2 建築
 調査概要
 乾式構造 クリストフ・ウンマック社
 1.コンラッド・ワックスマンハウス
 2.カプートのアインシュタイン邸
 3.ショットランダー邸
 Comic 1 「プレハブの始まり」カプートのアインシュタイン邸
Field Note 1「世界のすべてがこの家の中にある」ショットランダー邸
 乾式構造 住宅
 4.カッパーハウス
 5.リスト家の別荘
Field Note 2「6つの平面」カッパーハウス
Field Note 3「切って開く」リスト家の別荘
新興木構造 ホール
 6.ヴッパータールの体育館
 7.レンハウゼンの射撃協会ホール
 8.ヴェルネスグリュンの納屋
 9.ドルトムント・ブラッケルの木造体育館
 10.フェルトキルヘン基地の格納庫
Comic 2 「継ぎ足された時間」フェルトキルヘン基地の格納庫
新興木構造 教会
 11.ベルリン・フリードリヒスハインのプロテスタント教会
 12.デューレンのキリスト教会
 13.キリスト変容教会
 Comic 3 「緊急と永遠」ベルリン・フリードリヒスハインのプロテスタント教会
 Field Note 4「解説図」デューレンのキリスト教会
木造建設会社 住宅地開発
 14.ニースキー
 15.ヘレラウ
Chapter3 論考
木造の意味 福島加津也
うつらうつらする技術―20年代ドイツと70年代日本を俯瞰する 本橋 仁
デジタル時代の木造エンジニアリング ポール・メイエンコート、ケイトリン・ミューラー
鼎談 建築家は歴史から何を学ぶのかI 長谷川 豪×福島加津也×冨永祥子×本橋 仁×佐脇礼二郎
往復書簡 建築家は歴史から何を学ぶのかII ヤン・タイセン×福島加津也
鼎談 建築家はリサーチから何を学ぶのか 塚本由晴×福島加津也×冨永祥子×本橋 仁×佐脇礼二郎
鼎談 『HOLZ BAU』をつくったときのこと 福島加津也×冨永祥子×本橋 仁×佐脇礼二郎×西村祐一

『HOLZ BAU[増補版]ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』書籍概要

著者:福島加津也、冨永祥子、本橋 仁、佐脇礼二郎
デザイン:西村祐一 / Rimishuna
言語:和英併記
体裁:B5判変型(256×158mm)、並製
総頁数:392ページ
ISBN:9784887063983
定価:4,290円(本体3,900円+消費税10%)
版元:TOTO出版

書籍詳細
https://jp.toto.com/publishing/detail/A0398.htm

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

TOTO出版 / TOTOギャラリー・間 トピックス

CULTURE2022.03.28

TOTO出版『パビリオン・トウキョウ2021』

藤森照信、妹島和世、藤本壮介、平田晃久、石上純也、藤原徹平、会田 誠、草間彌生、真鍋大度+ライゾマティクスがそれぞれデザインした9つのパビリオンを収録
CULTURE2022.03.29

『KAZUYO SEJIMA RYUE NISHIZAWA SANAA 1987-2005 Vol.1 / 2005-2015 Vol.2 / 2014-2021 Vol.3』

妹島和世、西沢立衛、SANAAの活動と思考の軌跡を総覧する3巻セット、TOTO出版より刊行
FEATURE2022.06.19

「末光弘和+末光陽子 / SUEP.展 Harvest in Architecture 自然を受け入れるかたち」会場レポート

「地球からの恵みを収穫できるかたち」をシミュレートして建築ができあがる

木造建築 TOPICS

CULTURE2022.05.06

世界一となる高さ100mの木造建築!

シュミット・ハマー・ラッセン・アーキテクツがスイスに設計した住宅系複合建築〈Rocket&Tigerli〉
CULTURE2022.05.31

カーブする柱梁が枝のように広がる木造建築

ヘニング・ラーセンが設計したグルーラムとCLTによるボルボの体験センター〈ワールド・オブ・ボルボ〉
CULTURE2022.06.22

木造建築の敵「乾燥収縮」により構築するタワー!?

木材の変形を予測・活用する「マテリアル・プログラミング」による世界初の「セルフシェイプ・マニュファクチャリング」建築
CULTURE2022.08.05

間伐材と古いアルミ看板でつくる2次曲面の木造建築

インビジブルスタジオがイギリスの樹林園に設計したサステナブルなコミュニティシェルター〈コピス・ワーカーズ・シェルター〉

銀座 蔦屋書店 アーカイブス

COMPETITION & EVENT2022.04.11

田根 剛「パリから建築を語る」オンライントークイベント開催決定!

銀座 蔦屋書店 開店5周年記念イベント・重松象平、杉⼭幸⼀郎、⽥根 剛のフェアも5/8まで開催
COMPETITION & EVENT2022.04.15

「こんなホテルを作ってみたい」長谷川豪×原研哉

5/8開催、銀座 蔦屋書店開店5周年記念 連続トークイベントの第3回
COMPETITION & EVENT2022.07.30

タイム アンド スタイル「Peter Zumthor collection」が銀座に登場

銀座 蔦屋書店にて7/30-8/26展示販売、「ピーター・ズントー ブックフェア」も併催
COMPETITION & EVENT2021.07.23
隈研吾の超大型写真集『KUMA Kengo WOOD – Materiality of Architecture』刊行記念展 銀座蔦屋書店にて開催、模型なども展示
COMPETITION & EVENT2021.11.23
エドワード・ホッパーが描く風景を閉じ込めた新作ほか、スノーグローブ作家・石田兵衛の個展を銀座 蔦屋書店にて開催
COMPETITION & EVENT2020.12.01
倉俣史朗シルクスクリーン作品集『Shiro Kuramata Cahier』の展示・販売会 銀座 蔦屋書店にて開催
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • TALK EVENT
  • 9/8トークイベント「ホルツ・バウから考える今日の本づくり」、TOTO出版『HOLZ BAU[増補版]ホルツ・バウ──近代初期ドイツ木造建築』刊行記念(銀座 蔦屋書店主催)
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ