PRODUCT

空き家からレスキューした箪笥などを再生する家'sの家具

「P/OP(tansu×acrylic)」のプロダクトを南青山[NICK WHITE]にて期間限定で展示販売

PRODUCT2023.01.28

古いモノに新たな価値を与えるアップサイクルカンパニー・家’s(読み:イエス)が展開するプロジェクト「P/OP(tansu×acrylic)」から誕生したアップサイクル家具が、東京・南青山6丁目の[NICK WHITE]にて1月28日より期間限定で展示・販売されます。

家's「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル家具

「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル家具

富山県高岡市に本社を構える家’sでは、同県内の空き家に赴き、まだ使える箪笥(たんす)や木彫りの熊などを許可を得て”レスキュー”し、アクリルなど現代のマテリアルを組み合わせて再生、アップサイクル家具として販売しています。
空き家問題に光をあてるとともに、モノを捨てるのではなく新たな価値と現代の暮らしにあった新しいモノとしての命を吹き込みたいという試みです。

家's「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル家具

P/OP (tansu×acrylic)〈Half of tansu with pink acrylic〉ほか

家's「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル家具

P/OP (tansu×acrylic)〈Tansu shelf with yellow acrylic〉〈Wedding tansu
with yellow acrylic〉ほか

家's「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル家具

「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル家具

今回のポップアップでは、新商品も披露されます。〈Grid(グリッド)〉は、建築家の沼 俊之と増山 武の両氏が設立したdot studio一級建築士事務所がデザインしたもの。
アクリル端材を組み合わせ、構造的にも安定感を確保した再生プロダクト。使わなくなった後のことも考え、リユースや、分別して廃棄もしやすい構法となっています。

家's「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル家具

P/OP新商品〈Grid(グリッド)〉

家's「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル家具

P/OP新商品〈Grid(グリッド)〉構造部分

Grid(グリッド)

特長:接着剤や釘などは使わずに、伝統的な組み木も参照して、蛍光アクリル板を交互に組み合わせて安定度を出している。使わなくなった後のことも考え、リユースや、分別して廃棄しやすい構法に。
デザイン:dot studio一級建築士事務所
素材:アクリル端材
サイズ:※ 上部に設置する箪笥による、オーダーメイド
価格:オープン価格

家's「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル家具

P/OP新商品〈Grid(グリッド)〉構造部分

メッセージ
日本では多くの伝統的な家財品が使われなくなっています。
そこで、私たちは伝統的な家財品に新しいエッセンスを加えることで、再生する活動をしています。
今回は、古き良き箪笥と新素材であるアクリルを組み合わせることで、新しい家具をデザインしました。

もともと日本の箪笥は桐(きり)で作られていました。そして、桐の特徴である「軽い」「加工しやすい」を一部、受け継いで、現代の素材であるアクリルと組み合わせることで、箪笥に新しい表情を加えています。

50年から100年ほど経過した素材と、最新素材のコントラストを、今回が国内でも初となるポップアップイベントでお楽しみください。

家's「P/OP(tansu×acrylic)」アップサイクル 木彫りの熊

「Re-Bear Project」による”木彫り熊”

家’s 会社概要
「見過ごされていた価値を再構築し、世界を豊かにする」をビジョンに掲げ、家具のアップサイクル事業やインバウンド向け宿泊施設の運営を行う。木彫りの熊をアートの力でアップサイクルしたプロダクト〈Re-Bear Project〉や、空き家問題に対し、アップサイクル家具で新たな価値を与えるプロジェクト「P/OP(tansu×acrylic)」などを展開。

株式会社 家’s
本社:富山県高岡市福岡町下蓑2137
代表取締役:伊藤昌徳
設立:2017年11月

家’s 公式サイト
https://www.yestoyama.com/

家’s 公式Instagram
https://www.instagram.com/yestoyama/

「P/OP(tansu×acrylic)」POP UP EVENT

会期:2023年1月28日(土)~2月12日(日) ※無休
時間:12:00-19:00
会場:NICK WHITE SHOWROOM
所在地:東京都港区南青山6-3-14-203(Google Map

NICK WHITE Website
https://nickwhite.tokyo/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

空き家問題 TOPICS

BUSINESS2020.04.21

「空き家運用者」の意識・実態に関する最新調査報告

アキサポ空き家総研がデータを発表
BUSINESS2023.03.06

巻組が「始期付負担付死因贈与契約」の概要を発表

日本郵政が開発に協力、相続“負”動産の発生を抑えて空き家問題の解決を目指す

コンセプトショップ〈P/OP SHIBUYA〉

BUSINESS2024.02.10

桐箪笥の再生ブランドのコンセプトショップ〈P/OP SHIBUYA〉

永田祐三氏が設計した築39年のビルを活用してオープン

アップサイクル家具 TOPICS

PRODUCT2020.06.22
造船の過程で発生する木材で家具つくる「瀬戸内造船家具」プロジェクト
COMPETITION & EVENT2020.11.01

【内覧会Report】DESIGNART合同展示「KASHIYAMA DAIKANYAMA」11/3まで

板坂 諭による新作アップサイクルチェアなど出展
PRODUCT2021.11.08

〈Hale Lounge Chair〉2022年国内販売開始

リサイクルペット素材でスタッキングも可能なDeVormのチェア
COMPETITION & EVENT2021.11.08

「RECAPTURE exhibition vol.01 〜3Dプリンターと資材循環で実現するネオ・スクラップ&ビルド〜」11/9-14開催

卵の殻などのバイオマス素材で製作した大型3DP家具の展示会、トークイベントも併催
PRODUCT2021.12.27

未来の椅子はサトウキビから

オカムラ×田中浩也教授率いる慶應SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボの共同プロジェクト「Up-Ring(アップリング)」が3D出力による家具デザインを発表
PRODUCT2022.07.13

"リノベーション家具"専用ECサイトがオープン

マルニ木工の家具修理を手がけるマルニファニシングが中古家具のアップサイクル事業を本格始動

アップサイクル TOPICS

PRODUCT2020.07.20

海を愛する全ての人へ

海洋プラスチックごみをアップサイクルした北欧ブランドの腕時計〈Time for Oceans〉
COMPETITION & EVENT2021.12.05

2021年注目のXmasツリー(首都圏編)

クリエイターとのコラボレーションやアップサイクルで誕生
FEATURE2022.10.29

「DESIGNART TOKYO 2022」見どころを編集部でピックアップ

[Report]注目のクリエイターたちが競いあうデザインとアートの祭典を見逃すな!
CULTURE2022.12.26

ワールドカップで使用されたテントが難民コミュニティへ寄贈

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した解体・再構築が容易なモジュール式テント〈ZHA-EAAテント〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • PRODUCT
  • FURNITURE
  • 空き家からレスキューした箪笥を再生する、家’sのアップサイクル家具「P/OP(tansu×acrylic)」のPOP-UP、南青山[NICK WHITE]にて期間限定で展示販売
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ