PROJECT

PROJECT2020.04.08

muon / オンデザイン

喧騒を忘れて自分と向き合う都会のオアシス

日本初となる本格的な瞑想(マインドフルネス)専用スタジオ。日本的感性や文化、美しさを現代のマインドフルネス空間へと応用することを、全体の空間コンセプトとしている。都会の喧騒から非日常的な空間へ、瞑想に向けて精神を徐々に整えていくような転換や準備のためのアプローチが、瞑想状態へと入る際に重要であると考えた。そこでヨガスタジオの一部を改修し、「参道」「待合」「瞑想スタジオ」という3つの空間を設えた。
「参道」は、併設するヨガスタジオラウンジに突如出現したように、瞑想体験へと誘う入り口となる。神社や寺院に参詣するための「参道」の体験を応用し、歩くことで少しずつ瞑想に向けて精神を落ち着かせる。日本的で親しみのある畳を使用し、中央の一筋の光が空間に少しの緊張感を与えている。明るい空間から一転してほの暗い通路とすることで、非日常へと空間が切り替わっていく体験を演出した。
次に続く瞑想スタジオの前室は、茶室の庭にある「待合」を応用した外部的な設えとしている。ここでは、すべての電子機器を預け、受付を済ませた後、南部鉄器で沸かした白湯を飲み、特別調合のアロマを手首に塗布してから瞑想スタジオへと向かう。一連の瞑想体験に五感を使うことを取り入れた準備のための空間である。
「瞑想スタジオ」では、最大15名が同時にセッションを受けることができる。森のように配置した無数の光柱は、緩やかに個の領域を生み出すと同時に、瞑想状態に入りやすくするための焦点(対象物)としての役割を担う。床は銅の粉末を混ぜた金属塗装仕上げとし、暗い空間のなかで目を閉じていても、金属の質感や、冷んやりとした床の気配を感じ取ることができる。銅色の床に柱の光が鈍く反射し、静けさのなかに緊張感と暖かみが融和したような不思議な空間体験を生み出した。また、音声ガイダンスと空間が連動し、光柱の光り方が変化する。(オンデザイン)

Urban oasis where you can forget the hustle and bustle and face yourself

This is a project of the first meditation studio in Japan. We adapted the Japanese sensitivity and beauty of “Tea ceremony room” into the mindfulness space. The passway that leads to the meditation studio is like an approach to the shrine, which is dar with a ray of light on the floor, where switching one’s mind from ordinary to extraordinary is designed as an experience.
If you pass through the approach, you will come to the lobby room. This room is full of light in contrast to the approach. The guests are served with plain hot water, and smell the relaxing aroma, and calm down their mind.
Once you go into the meditation studio you will find pillars just like trees in the woods. These pillars create loose boundary for individual to concentrate on meditation. The pillars also work as lighting device which lightens up insync with the meditation program. The floor is painted with metal, that reflects the light of the pillars. Hard metal floor and warm wooden pillars set off each materials more and bring warmth and tensions at the same time to the space. Calmness, tension, sense of space can be felt at the same time. (ondesign)

【muon】

所在地:東京都新宿区西新宿
用途:瞑想スタジオ
竣工:2018.06

設計:オンデザイン
担当:西田司+伊藤健吾+西澤正子
クリエイティブディレクション:志伯健太郎 /GRIDER
照明設計:岡安泉照明設計事務所、KOYA JAPAN Lighting
施工:船場

撮影:小澤義人

計画面積:112.3m²
瞑想スタジオ床面積:67.1m²(定員15名)
待合床面積:26.9m²
参道床面積:18.3m²
ヨガスタジオエリア床面積:381.9m²(改修範囲外)
工期:2018.03-2018.06

■主な仕上げ・設備
[瞑想スタジオ]
床:modana ブロンズ塗装仕上げ(日本化成)
壁:AEP塗装仕上げ
天井:AEP塗装仕上げ
柱(21本):アクリル60mm角 メープル突板貼り加工品(照明加工あり)
[待合]
床:decolie 特殊塗装仕上げ(日本化成)
壁:模様塗装仕上げ(ポーターズペイント)
天井:AEP塗装仕上げ
[通路]
床:畳 目積タイプダークブラウン(山中産業)
壁・天井:AEP塗装仕上げ

【muon】

Location: Nishi-shinjuku Shinjuku-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Meditation Studio
Completion: 2018.06

Architects: ondesign
Design Team: Osamu Nishida + Kengo Ito + Masako Nishizawa
Creative director: Kentaro Shihaku /GRIDER
Lighting planner: Izumi Okayasu Lighting Design, KOYA JAPAN Lighting
Contractor: SEMBA CORPORATION

Photographs: Yoshihito Ozawa

Planning area: 112.3m²
Construction term: 2018.03-2018.06