PROJECT

PROJECT2021.05.18

もりまた旅館 / YNY+星安康至建築設計事務所

2つの箱を挿入して多様な空間を重ねた旅館ロビー

(English below)

昭和45年創業の旅館にある1階ロビーのリノベーションと客室の修繕計画である。
ロビーにはカフェバー機能を付加するために、ホテルのように広いロビーを設けるのではなく、民宿の馴染みやすく落ち着きのある雰囲気のロビーを目指した。それを実現するにあたり、広いロビーに客室のようなスケール感の箱を2つ挿入した。

1つの箱は1階床レベルから150mm高くしており、ソファでくつろげる空間に、もう一方は300mm高くして床座の空間にしており、地元の人々や観光客までさまざまな客層の、幅広い年齢層がくつろげるような場所とした。またそのどちらにも既存の開口があり、渓谷を眺めることができる。

また箱の外側は前面道路からひと続きの外のような場所として、グレー塩ビタイルの空間としている。そこは植物好きなクライアントがプランターを置くことで、より外部のような雰囲気となり、箱と中・外のコントラストが相互に関係しあいながら豊かな空間となっている。

箱により前面道路と渓谷の間を多様な空間を重層させることで、周辺とは異なる経験と眺望をもたらすようなリノベーション計画である。(西田庸平+星安康至)

The lobby of the inn where two boxes are inserted to create a diverse and layered space

This is a renovation plan for the first-floor lobby and repair of guest rooms in an inn established in 1970.
To add a cafe-bar function to the lobby, we aimed to create a lobby with a guest house’s familiar and relaxed atmosphere, rather than a large lobby like a hotel. To achieve this, we inserted two boxes in the large lobby with the scale of a guest room.

One box is raised 150mm above the first-floor level to provide a space for relaxing on a sofa, and the other is raised 300mm to provide a space for seating on the floor, where a wide range of guests, from locals to tourists, can relax. Both of these spaces have existing openings that offer a view of the valley.

The outside of the box is a space made of gray vinyl chloride tiles connected to the road. The contrast between the box, the inside, and the outside is interrelated and creates a rich space.

It is a renovation project that brings a different experience and view from the surrounding area by layering various spaces between the road in front and the valley with the box. (Yohei Nishida + Koji Hoshiyasu)

【もりまた旅館】

所在地:群馬県吾妻郡中之条町四万3849-1
用途:旅館
クライアント:もりまた旅館
竣工:2020年

設計:YNY+星安康至建築設計事務所
担当:YNY+星安康至建築設計事務所
照明設計:岩壁泰良(TILe)
施工:松城建設工業

撮影:黒岩 翼

工事種別:リノベーション
構造:RC造+木造
規模:地上3階
建築面積:120.69m²
延床面積:343.56m²
設計期間:2019.11-2020.09
施工期間:2020.09-2020.12

【Morimata Ryokan】

Location: 3849-1, Shima, Nakanojyo-machi, Agatsuma-gun, Gunma, Japan
Principal use: Japanese style hotel
Client: Hiroaki Mori
Completion: 2020

Architects: YNY + Koji Hoshiyasu
Design team: YNY + Koji Hoshiyasu
Lighting design: Taira Iwakabe / TILe
Contractor: Matsushiro Kensetsu

Photographs: Tsubasa Kuroiwa

Construction type: Renovation
Main structure: Reinforced Concrete construction + Wood
Building scale: 3 stories
Building area: 120.69m²
Total floor area: 343.56m²
Design term: 2019.11-2020.09
Construction term: 2020.09-2020.12