PROJECT
PROJECT2021.10.22

RENATUS CLINIC / SESN

遺跡のような疑似柱と質感で美を表現する美容クリニック

(English below)

港区田町にある美容クリニック、RENATUS CLINICのデザイン。
以前に同じビルの別階にて設計、デザインをしており、区画形状や外部環境とのつながりなどを含め、まったく同じ条件となり、一度答え合わせをした場所でもあるため、前回にも似た手がかりがあるようでない状態からの設計となった。

クリニックのプログラム上、通路と所室からなる閉塞感が出てしまう構成と空間ボリュームの中において、美しさや美しくなるさま、それらのあり方を表現し、以前とは異なるアプローチ、デザインを用いることで開放的な心地よさを感じることのできる空間を目指した。

美しさを表現するために壁は天井までとはせず、遺跡が残され立っているような表現とし、上部には実際にはない梁型をあえてつくり遺跡の上に載っているような違和感を与えた。
素材には異なる色味と質感の左官材を使用し、磨きから掻き落とした状態まで場所ごとに異なる質感を与えることで映り込みや繊細な陰影からなる、美しくなるさまを表現できる特徴的な仕上げとしている。
重力感をあえて創出した梁型のように特徴的な擬似柱を通路のコーナー部分に設置し、全体のつくりや柱などにより随所のあり方に違和感を与えるなど、時代を超越した美しさを散りばめた空間とすることで、医療を主とした美容クリニックの美しくなることへの想いを空間として表現している。(宮川清志)

A beauty clinic that expresses beauty with pseudo-pillars and textures like ruins

Design for RENATUS CLINIC, a beauty clinic in Tamachi, Minato-ku.
We had previously designed the clinic on another floor of the same building, and the conditions were the same, including the shape of the plot and the connection to the outside environment. However, since we had already answered the question once, we had to design the clinic from a situation where there seemed to be no clue similar to the previous one.

The clinic’s program is to express the beauty and the way of becoming beautiful and create a space where people can feel open and comfortable by using a different approach and design.

To express the beauty of the building, the walls were not built up to the ceiling but were made to look as if the ruins were still standing, and the beams that are not actually there were intentionally created at the top to give a sense of discomfort as if they were on top of the ruins.
Plastering materials of different colors and textures were used. By giving each area a different texture, from polished to scraped off, a characteristic finish was created to express the beauty of the building through reflections and delicate shadows.
A characteristic pseudo-pillar, like a beam shape that dares to create a sense of gravity, is placed at the corner of the passage, giving a sense of discomfort to the way the entire structure, pillars, and other parts of the building should be, creating a space that is sprinkled with timeless beauty. The space expresses the desire to be beautiful of a beauty clinic that mainly focuses on medical treatment. (Kiyoshi Miyagawa)

【RENATUS CLINIC】

所在地:東京都港区芝
用途:医療施設・クリニック
クライアント:RENATUS CLINIC
竣工:2021年

設計:SESN
担当:宮川清志
照明:松浦瑞起(hmmm)
施工:テズカ工務店

撮影:志摩大輔

工事種別:新築
延床面積:91.00m²
設計期間:2020.12-2021.03
施工期間:2021.03-2021.04

【RENATUS CLINIC】

Location: Shiba, Minato-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Medical facility, Clinic
Client: RENATUS CLINIC
Completion: 2021

Architects: SESN
Design team: Kiyoshi Miyagawa
Lighting design: Mizuki Matsuura / hmmm
Contractor: Tezuka Construction

Photographs: Daisuke Shima

Construction type: New Building
Total floor area: 91.00m²
Design term: 2020.12-2021.03
Construction term: 2021.03-2021.04

Other works

PROJECT2021.10.12

MOONRAKERS 東京日本橋ショールーム / SESN

可動ラック兼ストックがディスプレイも兼ねるショールーム

設計者の皆さまへ
自社で設計したプロジェクトを「TECTURE」サイトに登録しませんか? 登録されたプロジェクトより『TECTURE MAG』掲載を検討します。

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ