PROJECT
PROJECT2023.01.18

阡寿 / 久保都島建築設計事務所

墨色で仕上げた茶室のような会員制寿司店

(English below)

表参道の賑やかなエリアから少し入り込んだ住宅街の中、カウンター6席、個室4席のみのプライベート性の高い会員制寿司店のインテリアデザインの依頼を受けた。計画地は路地の行き止まりにひっそりと佇むビルの1階で、まわりを住宅に囲まれながらも全面がガラス張りとなっている。そこで、ガラス壁の奥にもう1つのファサードをつくり、ガラスの箱に閉じ込められた小さな茶室のような建物が路地から見えるようなデザインとすることにした。

五感を研ぎ澄まし、一貫ずつ丁寧に握られた寿司を愉しむため、室内は薄暗がりにして視覚からの情報を少なくし、足元からの光で空間の距離感を朦朧とぼかすことを試みた。仕上げについては、墨色をテーマに、室内に立てた壁を左官で仕上げ、淡墨色(うすずみいろ)から濃墨色(こずみいろ)に墨色が変化する、ぼかしを壁面に表現した。
店内に入ってすぐに待合のスペースと玉砂利の小さな庭を設け、寿司職人の立つカウンター席のある客室には、躙り口から茶室に入っていくような空間体験を用意した。白い玉砂利の庭から墨色でぼんやりと暗い空間に入る切り替わりが、食事の空間への高揚感を演出する仕掛けともなっている。
踏み石のある庭の奥の扉は個室への入口である。専用のクローク、トイレを備え、他の客と顔を合わせることがないようになっている。
小さな店でありながらも、距離感の朦朧とした、水墨画のような抽象的かつ象徴的な空間となった。(久保秀朗+都島有美)

A members-only sushi restaurant that looks like a tearoom finished in ink

We were asked to design the interior of a highly private members-only sushi restaurant with only six counter-seats and four private rooms, located in a residential area slightly hidden from the bustling Omotesando area. The project site is on the first floor of a building tucked away at the end of an alley, surrounded by residences but with a glass wall on all sides. We decided to create another facade behind the glass wall and designed the building like a small teahouse enclosed in a glass box, which can be seen from the alley.

In order to sharpen the five senses and enjoy the sushi carefully prepared one by one, the interior is dimly lit to reduce visual information, and light from the feet blurs the sense of distance in the space. The walls were plastered to create a blurring effect, changing from a light black ink color to a darker black ink color.
A waiting area and a small gravel garden were created immediately upon entering the restaurant, and a room with a sushi chef standing at the counter was designed to create a spatial experience similar to entering a tea ceremony room through a small entrance. The transition from the white cobblestone garden to the dark, black ink-colored space is a device that creates a sense of excitement as one enters the dining space.
The door at the end of the garden with stepping stones is the entrance to the private room. A private cloakroom and restroom are provided, so guests do not have to face other customers.
Despite the small size of the restaurant, the space is abstract and symbolic, like an ink painting, with a fuzzy sense of distance. (Hideaki Kubo + Yumi Tsushima)

【阡寿】

所在地:東京都渋谷区神宮前2丁目21番15号1F
用途:レストラン
クライアント:阡寿
竣工:2022年

設計:久保都島建築設計事務所
担当:久保秀朗+都島有美
企画・キュレーション:トロン東京
設備設計:ZO設計室
音楽監修:waltz
アート:タグボート
植栽・生花・盆栽監修:野の花 司
グラフィックデザイン:金井理明(金ノ井)
施工:鈴健

撮影:ナカサアンドパートナーズ

工事種別:インテリア
延床面積:61.70m²
設計期間:2021.07-2021.10
施工期間:2021.11-2022.06

【Senju】

Location: 2-21-15-1F, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Restaurant
Client: Senju
Completion: 2022

Architects: Kubo Tsushima Architects
Design team: Hideaki Kubo + Yumi Tsushima
Planning, curation: Tron Tokyo
Facility design: ZO Consulting Engineers
Music supervision: waltz
Art: tagboat
Planting, Ikebana, Bonsai Supervision: Nonohana Tsukasa
Graphic design: Tadaaki Kanai / Kanenoi
Contractor: Suzuken

Photographs: Nacása & Partners

Construction type: Interior
Total floor area: 61.70m²
Design term: 2021.07-2021.10
Construction term: 2021.11-2022.06

Other works

PROJECT2022.12.29

THE RAYSUM / 久保都島建築設計事務所

非日常的な寛ぎの空間にリノベーションしたゴルフクラブハウス
PROJECT2022.03.31

両国湯屋 江戸遊 / 久保都島建築設計事務所

風でそよぐ暖簾のようなファサードで江戸を表現する温浴施設
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ