PROJECT
PROJECT2023.02.13

佐保路の家 / 山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

町屋の意匠を復原した現代の住まい

(English below)

奈良市の旧道沿いに建つ大正期の町屋。建物の骨格はしっかりしているものの、玄関や道路側の和室はテナント貸しするために大幅に増改装され、その後空き家となって放置されていた。奈良市の補助金を活用することで木格子や庇、焼杉壁、瓦屋根といった町屋の意匠を復原し、内部は古い柱梁や天井板を活かしつつ耐震補強を施し現代的な住み方に合わせてリノベーションした。
1階は大きなリビングと庭を見ながら調理できるアイランドのダイニングキッチン、回遊性の高いバックヤードとコンパクトな水回り。2階は多目的に使える天井の高いワンルーム。厨子2階の下屋を吹き抜けに変更して玄関と鉄骨階段を新設した。(山本嘉寛)

This is the renovation of a Japanese house built about 100 years ago along the old road in Nara City. A part of the building was remodeled into a sushi bar and then became a vacant house. By restoring the traditional Machiya design, such as louvers, eaves, cedar walls, and Kawara roofs, this project was selected as a subsidy for Nara City. We renovated the interior to fit the contemporary living style. On the first floor, there is a living and dining kitchen facing the garden, a large backyard, and a compact sanitary. The second floor is a multipurpose room with a high ceiling. The subpart attached to them became an entrance and steel staircase. (Yoshihiro Yamamoto)

【佐保路の家】

所在地:奈良県奈良市
用途:戸建住宅
クライアント:個人
竣工:2018年

設計:山本嘉寛建築設計事務所
担当:山本嘉寛、三橋香織
構造設計:安江一平
施工:青山工務店

撮影:山田圭司郎

工事種別:リノベーション
構造:木造
規模:地上2階
敷地面積:171.82m²
建築面積:63.64m²
延床面積:103.87m²
設計期間:2016.04-2018.01
施工期間:2018.01-2018.08

【House on Sahoji-St.】

Location: Nara-shi, Nara, Japan
Principal use: Residential
Client: Individual
Completion: 2018

Architects: Yoshihiro Yamamoto Architects Atelier
Design team: Yoshihiro Yamamoto, Kaori Mihashi
Structure engineer: Ippei Yasue
Contractor: Aoyama construction

Photographs: Keishiro Yamada

Construction type: Renovation
Main structure: Wood
Building scale: 2 stories
Site area: 171.82m²
Building area: 63.64m²
Total floor area: 103.87m²
Design term: 2016.04-2018.01
Construction term: 2018.01-2018.08

設計者の皆さまへ
自社で設計したプロジェクトを「TECTURE」サイトに登録しませんか? 登録されたプロジェクトより『TECTURE MAG』掲載を検討します。

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ