PROJECT
PROJECT2023.03.22

仏光寺の家 / 多田正治アトリエ+ENDO SHOJIRO DESIGN

切り込むように減築し外部環境を取り込むリノベーション

(English below)

〈仏光寺の家〉は、京都特有の細路地の奥にある長屋を住宅へリノベーションしたプロジェクトである。
京都市内中心地からほど近い仏光寺周辺には古くからの長屋が残っており、敷地は建物の中を通って抜ける「トンネル路地」の奥にある。そこは建物が密集し、住民たちで共有する私道や電線、井戸、小祠などがあり、濃密な地域性が伺い知れる。
このような立地において、地域の環境に貢献しつつ住まい手のプライバシーを確保することが今回の設計の主題となった。
これらを実現するため、長屋の中心に向かって三角形に切り込むように減築することで、長屋の中に外部をつくった。
そこにブリッジを渡すことで三角形の外部空間を2分割し、住居の中から楽しむ坪庭と路地から緑を感じる前庭とした。

また、ブリッジの上下は外部のままつながり、前庭から坪庭、そして屋根の開口部を抜けて外気は流れていく。
このように長屋に立体的に組み込まれた外部空間は、60m²ほどの住居の中に柔らかな自然光を取り入れ、連続して切り替わる豊かな景色を生み出している。

この長屋は夫婦2人のための都心の住まいである。
インテリアには住まい手の趣味であるアンティーク家具や調度品が並ぶ。リビングはなく、生活の中心となるのはダイニング・キッチンである。そこからブリッジやロフトを介してつながったワークスペースがある。2階には最低限のしつらえの白く明るい寝室がある。
密集した路地奥の小さな長屋に、住まい手のための世界を実現している。(多田正治+遠藤正二郎)

Renovation to bring in the external environment by reducing the size of the building as if cutting into it

We have renovated a Nagaya in the back of a narrow alley peculiar to Kyoto as a house.
Although it is the center of Kyoto city, the old Nagaya remains.
This building is at the end of a “tunnel alley” that runs through the building.
Buildings are densely packed there, and residents share private roads, electric wires, wells, shrines, and so on.
We designed a building that contributes to the local environment while ensuring the privacy of the inhabitants.

We reduced it to a triangle towards the center of the existing Nagaya.
As a result, a three-dimensional exterior space was created inside Nagaya.
I bridged it and created a garden to enjoy from inside the house and a garden facing the alley.
Although the house is about 60m², it has soft natural light, and residents can enjoy the rich scenery.

This architecture is an urban house for two couples.
Antique furniture and furnishings, which are the hobbies of residents, are lined up.
The center of life is the dining/kitchen.
From there, a workspace is connected via a bridge and a loft.
There is a compact, bright bedroom on the second floor.
We have realized a world for residents in a small row house in the back of a dense alley. (Masaharu Tada + Shojiro Endo)

【house in bukkoji】

所在地:京都市
用途:戸建住宅
クライアント:個人
竣工:2021年

設計:多田正治アトリエ、ENDO SHOJIRO DESIGN
担当:多田正治、遠藤正二郎
施工:ふじさき組
造園:みちくさ

撮影:松村康平

工事種別:リノベーション
構造:木造
規模:2階建て
計画面積:67.12m²
設計期間:2019.05~2020.03
施工期間:2020.04~2021.05

【house in bukkoji】

Location: Kyoto city, Kyoto, Japan
Principal use: Private house
Client: Individual
Completion: 2021

Architects: td-Atelier, ENDO SHOJIRO DESIGN
Design team: Masaharu Tada, Shojiro Endo
Contractor: Fujisaki Gumi
Landscape: Mishikusa

Photographs: Kohei Matsumura

Construction type: Renovation
Main structure: Wood
Building scale: 2 Stories
Planning area: 67.12m²
Design term: 2019.05~2020.03
Construction term: 2020.04~2021.05

Other works

PROJECT2022.11.10

bar/studio 祇園舎 / 多田正治アトリエ+ENDO SHOJIRO DESIGN

僧侶の講話と音楽を味わうバーにリノベーションした町家
PROJECT2022.10.27

丸太町の町家 / 多田正治アトリエ+ENDO SHOJIRO DESIGN

京町家の構成を復元して機能を点在させた住宅

設計者の皆さまへ
自社で設計したプロジェクトを「TECTURE」サイトに登録しませんか? 登録されたプロジェクトより『TECTURE MAG』掲載を検討します。

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ