COMPETITION & EVENT

富山県美術館開館5周年記念「デザインスコープ ―のぞく ふしぎ きづく ふしぎ」展

we+、岡崎智弘、狩野佑真、志村信裕、鈴木康広、SPREAD、林 勇気、三澤 遥の計8組が出展

内藤廣建築設計事務所が設計し、2017年に開館した〈富山県美術館〉が開館5周年を迎えたことを記念する展覧会「デザインスコープ ―のぞく ふしぎ きづく ふしぎ」が12月10日より開催されています。

「デザインスコープ」とは?

はるか遠くの星々を観測できる望遠鏡(telescope)、微生物や細胞を観察できる顕微鏡(microscope)。人間はさまざまなレンズを用いた器具を使うことで、自らが認識できる世界を拡張し、新たな技術や価値観を生み出してきました。

本展では、「デザイン」というレンズを通した視点を「デザインスコープ(design-scope)」と名付け、現在第一線で活躍するデザイナーやアーティストと対話を重ね、これからデザインがどのような提案をすることが可能なのか、またデザインとアートが限りなく近づく現在の状況を、ミクロとマクロの視点から俯瞰します。

出展者:we+(ウィープラス)、岡崎智弘、狩野佑真、志村信裕、鈴木康広、SPREAD(スプレッド)、林 勇気、三澤 遥

富山県美術館「デザインスコープ」展

林 登志也と安藤北斗によるユニット・we+(ウィープラス)の作品〈Peep〉 2017年 撮影:林 雅之

富山県美術館「デザインスコープ」展

岡崎智弘〈Matches Wall 〉 2022年

富山県美術館「デザインスコープ」展

狩野佑真〈Rust Harvest〉 2018年  Photo by Gottingham

富山県美術館「デザインスコープ」展

志村信裕〈BlueHour〉 2021年 KAAT神奈川芸術劇場での展示風景  photo by Ken Kato

富山県美術館「デザインスコープ」展

鈴木康広〈空気の人〉東京ミッドタウン芝生広場 2018年  撮影:鈴木康広

富山県美術館「デザインスコープ」展

SPREAD〈Much peace, Love and Joy〉2021年  撮影:新宮巨樹

富山県美術館「デザインスコープ」展

林 勇気〈another world -alternative〉2017年 静岡市美術館での展示風景  撮影:木奥惠三

富山県美術館「デザインスコープ」展

三澤 遥〈動紙〉 2018年  撮影:林 雅之

本展では、今回のために制作された作品や、音や映像などを用いて空間全体を楽しめる展示を通して、デザインとアートの持つ創造的なエネルギーを体感し、楽しさや驚き、次世代に向けた可能性を、開館から5周年を迎えた富山県美術館から発信します。
会期中は、出展者らが出席するトークイベントが全8回開催されるなど、関連イベントも各種予定されています(詳細は富山県美術館ウェブサイトを参照)。

富山県美術館開館5周年記念「デザインスコープ ―のぞく ふしぎ きづく ふしぎ」展 開催概要

会期:2022年12月10日(土)~2023年3月5日(日)
開館時間:9:30-18:00(入館は17:30まで)
休館日:水曜、年末年始(12月29日~1月3日)、1月10日(火)
会場:富山県美術館 2階 展示室2、3、4
所在地:〒930-0806 富山県富山市木場町3-20(Google Map
観覧料:一般 1,100円、大学生 550円、高校生以下は無料
※障がい者の方は各種手帳の提示で観覧無料(付き添い1名まで無料)
※そのほか、各種割引については富山県美術館ウェブサイトを参照

富山県美術館開館5周年記念「デザインスコープ ―のぞく ふしぎ きづく ふしぎ」展 ポスター

富山県美術館開館5周年記念「デザインスコープ ―のぞく ふしぎ きづく ふしぎ」展 ポスター

「デザインスコープ」展トークイベント

開催時間:14:00-15:30(以下の日程共通)
会場:富山県美術館 3階ホール
会場定員:50名(会場にて先着順に受付)
参加費:無料(本展の観覧券不要)
※富山県美術館公式YouTubeチャンネルにてライブ配信あり

日時:2022年12月10日(土)
登壇者:鈴木康広 × 川上典李子(富山県美術館デザインディレクター)

日時:2022年12月17日(土)
登壇者:狩野佑真(デザインディレクター/デザイナー)× 宮前義之(A-POC ABLE ISSEY MIYAKEデザイナー)

日時:2022年12月24日(土)
登壇者:we+(林 登志也、安藤北斗)× 志村信裕(アーティスト)

日時:2022年12月25日(日)
登壇者:林 勇気(映像作家)× 以倉 新(富山県美術館学芸課主幹)※ギャラリートーク

日時:2022年1月14日(土)
登壇者:永井裕明(グラフィックデザイナー、富山県美術館ポスターデザイン2022年度~)× 川上典李子

日時:2023年2月11日(土)
登壇者:三澤 遥(デザイナー)× 武井祥平(nomena代表取締役、エンジニア)

日時:2023年2月18日(土)
登壇者:岡崎智弘 × SPREAD(山田春奈、小林弘和)

日時:2023年3月4日(土)
登壇者:桐山登士樹(富山県美術館副館長)× ゲスト(12月10日時点で未定)

富山県美術館 ドローン撮影

〈富山県美術館〉外観 撮影:小杉善和写真事務所 ※本稿1枚目の鳥瞰外観も同事務所の撮影 

富山県美術館ウェブサイト
https://tad-toyama.jp/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

内藤廣建築設計事務所 TOPICS

CULTURE2021.04.13
内藤廣設計、奈良に中川政七商店の複合商業施設〈鹿猿狐ビルヂング〉がオープン
COMPETITION & EVENT2022.06.28

内藤廣講演会 8/22横浜にて開催

「根岸森林公園トイレ設計コンペ」公開ヒアリングを終了後に実施
COMPETITION & EVENT2022.10.02

企画展「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」

内藤廣設計の島根県芸術文化センター「グラントワ」内 島根県立石見美術館にて開催【読者プレゼント】

出展者関連記事

CULTURE2020.07.24

鈴木康広のパブリックアート〈渋谷の方位磁針|ハチの宇宙〉

渋谷〈MIYASHITA PARK〉に登場
COMPETITION & EVENT2021.04.27

クリエイティブユニット・SPREADによる展覧会

「色彩」をテーマにオンラインイベントも予定
COMPETITION & EVENT2021.12.20

21_21 DESIGN SIGHT企画展「2121年 Futures In-Sight」展

コロナ禍を経た100年後の未来を we+、永山祐子、深澤直人、山崎 亮ら72人が視覚化する!
COMPETITION & EVENT2022.05.16

we+(ウィープラス)の個展

we+ Research Project「Nature Study: MIST」浅草 nomena Galleryにて5/22まで
COMPETITION & EVENT2022.08.03

"私たちは、誰なのか"

注目の企画展が東京・上野に凱旋! 国立科学博物館にて「WHO ARE WE 観察と発見の生物学」開催
COMPETITION & EVENT2022.11.03

Seiko Seed「からくりの森」

[Report]セイコーウオッチの情報発信拠点が原宿にオープン、クワクボリョウタ氏とnomenaによる、腕時計の機能を超えたインスタレーションで幕開け
FEATURE2022.10.29

「DESIGNART TOKYO 2022」見どころを編集部でピックアップ

[Report]注目のクリエイターたちが競いあうデザインとアートの祭典を見逃すな!

富山県美術館 アーカイブ

CULTURE2021.04.11

富山県美術館に「BiBiBi & JURULi」がオープン

感性を”ビビビ”&食欲を"ジュルリ"と刺激、「アートとイート」をコンセプトに掲げるレストラン
COMPETITION & EVENT2024.03.06

富山県美術館「倉俣史朗のデザイン―記憶のなかの小宇宙」

没後30年を経て色褪せないデザインとその思想を辿る[読者プレゼントあり]
COMPETITION & EVENT2024.05.22

富山県美術館「エッシャー 不思議のヒミツ」

版画というアナログな手法で創出されたパラドックスワールド

RECOMENDED ARTICLE

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ