FEATURE2023.12.29

2023年 ベストプロジェクト TOP10+α!

TECTURE MAGで注目されたプロジェクトは!?

最も読まれたプロジェクトTOP10

2023年にTECTURE MAGで掲載したプロジェクトのうち、閲覧者数 TOP10をまとめました。

※ TECTURE MAGのPROJECT掲載事例を対象とし、掲載ページのUU(ユニークユーザー)数を集計。多いものから順に並べたもの

また、SNSで注目を集めたプロジェクトを+αとして紹介します!

2023年 TECTURE MAGの注目プロジェクトTOP10

1. 江田の家 / zeal architects
House of Eta / zeal architects

江田の家 / zeal architects

zeal architectsが熊本県で設計した住宅〈江田の家〉。
思い出の地で記憶を繋ぐ川縁の住宅です。

Photographs: abc pictures, zeal architects

2. こもる五所川原 / Shotaro Oshima Design Studio
KOMORU Goshogawara / Shotaro Oshima Design Studio

こもる五所川原 / Shotaro Oshima Design Studio

Shotaro Oshima Design Studioが青森県で設計した宿泊施設〈こもる五所川原〉。
外観と内部構造の対比が与える特別な宿泊空間です。

Photographs: Yuki Motegi, Shotaro Oshima

3. 大磯の平屋 / N&C一級建築士事務所
House in Ooiso / N & C architect

大磯の平屋 / N&C一級建築士事務所

N&C一級建築士事務所が神奈川県で設計した住宅〈大磯の平屋〉。
おおらかに時間が流れ豊かに暮らす夫婦の住宅です。

Photographs: Atsushi Shiotani

4. 仏間のある住宅 / 納谷建築設計事務所
House with room for ancestors / NAYA architects

仏間のある住宅 / 納谷建築設計事務所

納谷建築設計事務所が秋田県で設計した住宅〈仏間のある住宅〉。
鳥居のような構造体で構成された仏間のある家です。

Photographs: Makoto Yoshida

5. HOUSE T(谷尻邸)/ SUPPOSE DESIGN OFFICE
HOUSE T / SUPPOSE DESIGN OFFICE

HOUSE T / SUPPOSE DESIGN OFFICE

SUPPOSE DESIGN OFFICEが東京都で設計した住宅〈HOUSE T〉
設計の範囲まで再考した、洞窟のような陰影と暖かみのある谷尻 誠氏の自邸です。
2021年に公開した記事が再びランクイン。

Photographs: Toshiyuki Yano

6. 西日暮里スクランブル / HAGISO
Nishinippori Scramble / HAGISO

西日暮里スクランブル / HAGISO

HAGISOが東京都で設計した複合施設〈西日暮里スクランブル〉。
多様な文化の入り混じる街の拠点となり、さらに加速させる複合施設です。

Photographs: Yikin Hyo

7. 北海道日本ハムファイターズ エスコンフィールド HOKKAIDO / 大林組+HKS
ES CON FIELD HOKKAIDO / Obayashi Corporation + HKS

北海道日本ハムファイターズ エスコンフィールドHOKKAIDO / 大林組+HKS

大林組+HKSが北海道で設計した球場〈北海道日本ハムファイターズ エスコンフィールド HOKKAIDO〉。
風土と文化を踏襲した巨大な開閉式屋根をもつ天然芝球場です。

Photographs: Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office, Koichi Torimura

8. Espresso D´Works諌早店 / DAN設計室
Espresso D´Works Isahaya store / DAN Design

Espresso D´Works 諌早店 / DAN設計室

DAN設計室が長崎県で設計したカフェ〈Espresso D´ Works諌早店〉。
大屋根の軒でゲストを迎えるカフェ。

Photographs: Fujinari Miyazaki

9. 本山の自邸 / 阿部悠子設計アトリエ
House in Motoyama / YUKO ABE ATELIER

本山の自邸 / 阿部悠子設計アトリエ

阿部悠子設計アトリエが熊本県で設計した住宅〈本山の自邸〉。
中庭と開口部により外と内が重層的に繋がる家。

Photographs: YASHIRO PHOTO OFFICE

10. 合宿所yutorie / naoshi kondo studio
yutorie ATAMI / naoshi kondo studio

合宿所yutorie / naoshi kondo studio

naoshi kondo studioが静岡県でリノベーションした宿泊施設〈合宿所yutorie〉。
作業と滞在のため再生された2棟の合宿所。

Photographs: yujiro ichioka

閲覧者数 TOP10では、12月に入ってからの掲載プロジェクトが多数ランクインしたことが特徴です。

TECTURE SNSでの注目プロジェクト!

TECTUREのSNSで2023年に注目された、ベストプロジェクトはこちら!

金沢の家 / 中西昭太建築事務所
House in Kanazawa / Shota Nakanishi Architects

金沢の家 / 中西昭太建築事務所

中西昭太建築事務所が石川県で設計した住宅〈金沢の家〉。
大屋根で環境を受け入れ自然環境を楽しむ家です。

TECTURE Instagram アカウントでの「いいね!」「リーチ」「インプレッション」数がすべてベスト5に入ったプロジェクトです。

House in Kanazawa

掲載情報をお待ちしています!

2023年もバリエーション豊かで未来を感じさせるプロジェクトを多く掲載できた年でした。

PROJECTへの情報を、CONTACTからぜひお寄せください。お待ちしています。

事例を深く紹介する、2024年のTECTURE MAGにもご期待ください!

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

2023年アクセスランキング

FEATURE2023.12.31

海外プロジェクト アクセスランキング2023

注目度で見る海外の要チェックプロジェクトTOP10+α
FEATURE2024.01.01

じっくり読みたい! 建築家インタビュー &イベントレポート

重松象平、永山祐子、藤本壮介、青木淳、MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO...ほか、2023年アクセスランキング
FEATURE2024.01.02

【設計事務所あるあるシリーズ】ランキング2023

いいね順で振り返る 最も共感を得た「設計事務所あるある」とは?

2023年 まとめ記事

FEATURE2023.04.17

2023年「ミラノデザインウィーク」見どころ

世界最大規模のインテリアとデザインの祭典、ミラノサローネとフォーリサローネ 4年ぶりの4月開催
FEATURE2023.05.03

『TECTURE MAG』編集部厳選:泊まりたい!京都の宿

歴史的建造物や町家のリノベーションなど話題のホテルをピックアップ!
FEATURE2023.05.06

『TECTURE MAG』編集部特選

アートだけじゃない、建築も見どころ満載のミュージアム
FEATURE2022.12.31

2022年『TECTURE MAG』で最も読まれた記事は?

PVが高かったニュース記事から、2023年以降の注目プロジェクトを今からチェック!

インテリアデザイナー系譜図&読み解きガイドライン

FEATURE2023.10.19

インテリアデザイナー系譜図&読み解きガイドライン

インテリアデザインの潮流もまるわかり TECTURE MAG 2023年版
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ