PROJECT

PROJECT2020.09.05

豊後大野の住宅 / 再生建築研究所

豊かな自然の中にたたずむアノニマスな住宅

豊かな自然が広がる大分県豊後大野市で、親子4人が住むための住宅である。約500平米の敷地は、南下がりの緩やかな傾斜地で、その先に山の稜線を望むことができる。
設計当初、クライアントからは平屋にしてほしいと要望された。そこで、基本は平屋とし、一部を2階建てとした。これにより、雄大な自然の要素を最大限に享受することが可能であり、都会の喧騒とは無縁のセカンドハウスのような暮らしを想像することができた。
さらに、傾斜地という条件下で、合理的につくること、住みながら豊かな自然環境をいかに享受するか、また、その自然の中でこの住宅がどのように振る舞うべきかを考えた。

平屋のヴォリュームは、東西方向に直線的に配置し、南側に大きく開口を開けることで、豊かな外部を取り込んだ、明るく開放的なリビングとした。断面は「家形」として、若い家族のための住まいとしてのふるまいを合理的な架構でつくった。

傾斜地において、基礎と躯体を最低限に抑えつつ、居室の面積を確保するために、「家形」のヴォリュームから片持ち梁で持ち出した寝室部分は、外観において浮遊感を与え、2階部分は、遠景を望むために逆側に持ち出すことで合理的な構造とした。「家形」に対して浮遊するL型のヴォリュームが取り合い、そこに階段室のヴォリュームが取り巻くことで、全体としてはアイコニックでありながら、アノニマスなヴォリュームが建ち現れた住宅となっている。(神本豊秋)

An anonymous house nestled in a rich natural setting

The project is a house for a family of four people in Bungo-Ono, Oita, where rich nature spreads. The site of about 500 square meters is on a gentle slope with a view of the mountain ridge beyond the southward slope.
The client’s first request was to have a single-story house from the beginning of the design. We were able to imagine a life like a second house, unrelated to the hustle and bustle of the city, by building a part of the house on a two-story building with a single-story roof. And, we thought about how the house should behave on the sloping ground.

The single-story volume is arranged in a straight line from east to west with a large opening on the south side to create a bright and open living room that brings in the outside’s richness. The cross-sectional shape of the house is a rational structure for a young family.

The bedroom is cantilevered out of the “house” volume to keep the living room area at a minimum. The second floor is rationalized by bringing it to the opposite side for a distant view. The L-shaped volume floats with the house shape, and the stairway volume surrounds it, creating an iconic and anonymous volume.(Toyoaki Kamimoto)

【豊後大野の住宅】

所在地:大分県豊後大野市
用途:戸建住宅
竣工:2020年

設計:再生建築研究所
担当:神本豊秋、幸村雄太
構造設計:円酒構造設計
実施設計監理協力:江藤健太アトリエ
施工:新成建設株式会社

撮影:黒岩 翼

構造:木造
規模:地上2階
敷地面積:504m²
建築面積:80m²
延床面積:89m²
設計期間:2018.06-2019.05
施工期間:2019.05-2020.02

【House in Bungoohno】

Location: Bungo-Ono, Oita, Japan
Principal use: House
Completion: 2020

Architects: SASEIKENCHIKU LABORATORY Co.,Ltd.
Design team: Toyoaki Kamimoto, Yuta Komura
Structure engineer: Enshu Structural Consultants
Implementation design supervision cooperation: Atelier Kenta Eto Architects
Contractor: Shinseikensetsu

Photographs: Tsubasa Kuroiwa

Main structure: Wood
Site area: 504m²
Building area: 80m²
Total floor area: 89m²
Design term: 2018.06-2019.05
Construction term: 2019.05-2020.02